ゴキブリと共に生活する汚部屋の不用品処分、清掃、消臭作業

こんにちは、リライブル株式会社 鈴木です。

今日は札幌市白石区で特殊清掃のお仕事でした。

どんな内容かとお申しますと、「ゴキブリが出るのだが、信教上の理由で無駄な殺生を出来ないので何とか出来ないでしょうか?」
というご相談でした。

あと、部屋が汚いので掃除をして、不用品は処分したいということです。

不用品は札幌市環境事業公社と連携して廃棄していますので、不法投棄の心配は無用です!
このようにパッカー車を事前予約して回収してもらっています。これが法律通りの廃棄方法なのです。
一般廃 札幌市

え~、話は戻りますが、一昔前は北海道には寒さのせいでゴキブリがいないと言われていましたが住宅事情もあたたかい部屋に変わり、引っ越しなどの家財に紛れ込んだりしてゴキブリが生息するようになりました。

でも、本州のような黒くてでかいゴキブリではなく、チャバネゴキブリなのでまだかわいいです。
小さいコオロギと思えばそれほど気持ち悪いとは思いませんが、大量にいるとドキッとしますね。

本来はバルサンやゴキブリホイホイのようなものを使用する予定だったのですがやはり殺生はしたくないということで、オゾンでの忌避効果を期待して消臭を行いました。

オゾンはチャバネゴキブリのフェロモンを消滅することで忌避効果がありますが、殺傷能力はありません。

そして基本的には掃除をしないとゴキブリのフンや卵、死骸などが残っているとそれを目印に仲間が増えてきますので、綺麗にしないといけません。

水回りはもちろん、建具などゴキブリが隠れそうな場所はなるべく開いて中を清掃しました。
チャバネゴキブリ 北海道
お客様が開けてしまった壁の間にもゴキブリがいないかカメラでチェックしています。
ストーブの裏など肉眼では見えない場所、狭い場所ではこういったカメラを使用します。
あとでこの穴も塞ぎました。
スネークカメラ
どこもかしこも黒いフンが大量にあり、これが臭気を発していました。

特に台所はエサが大量にありますし、冷蔵庫の裏や下は暖かくて隠れやすいので大量のフンが蓄積されていました。

ゴキブリフン

ちょっと見やすい写真をUPしますね。(あんまり綺麗な写真ではないので要所要所でUPします)

消臭剤散布
全体の清掃が終わってから消臭剤を散布したのですが、台所は特に念入りに散布しました。
写真では壁紙など綺麗になっていますが、清掃前はもっと黒く悲惨な状況だったことは言うまでもありません。
壁もスチームクリーナーを使用して綺麗に清掃しております。

お風呂もまぁまぁの汚れでした。
汚風呂 清掃前
ハンドポリッッシャーでカビや汚れを落としました。
手作業でも出来ますがスピードと効率が違います。
ハンドポリッシャー

清掃後、お客様も確認したところ大変喜んで頂きました。

汚風呂 清掃後

床を撮るのを失念してしまいましたが、綺麗になりました。

あとは、トイレ、洗面台、ガラス、ガラスのサン、蛍光灯なども清掃し、最後は床の洗浄です。

ポリッシャー 床洗浄
ポリッシャーを使用していきますが、普通はこんなに黒い汚水にはなりません。
汚水回収
かなりの汚れと臭いです。
床清掃後

水拭き、空吹きして拭き上げた床です。

オゾン脱臭

最後にオゾン脱臭です。
黄色い機械は「パンサーJ」というオゾン消臭器です。
因みに価格は50万円です。(安い中古車買えちゃいます。)

時間的に余裕がなかったせいもあり作業前と作業後の写真を撮り忘れてしまったことが悔やまれますが、「お客様からは何も言うことないくらい綺麗になりました!ありがとうございます」と言って下さいました。
我々スタッフもその言葉を頂けると疲れも吹き飛ぶ思いです。

ゴキブリは暖かくて、汚くて、隠れやすい場所が大好きですので、それらを除いてしまうと住みにくくなりますので、移動してしまうと思います。綺麗な部屋を維持して頂けると自然と減っていくと思います。(多少は人的に除かないといけませんが)

もし、同じような悩みをお持ちの方は是非当社までご相談下さい。
恐らく、自分ひとりではこのようなパターンは解決することは難しいでしょう。

清掃に関しても、消臭に関しても専門家の手を借りないと解決しないことは悩んでいないでまずは電話してみましょう!
お見積りは無料です。
どれくらいの金額になるかはお部屋の汚れ方や廃棄品の量など様々です。

【ご参考までにこちらのお部屋】
1Kで廃棄品が少なめ、リサイクル家電4品目(冷蔵庫、洗濯機、TV)3点、
フル清掃、オゾン消臭作業、壁補修で約13万円です。

このままゴキブリと一緒の汚い生活を続けていくよりも、一度綺麗にリセットした方が今後の人生にプラスになると思います。

ご相談は下記まで
0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。