古銭、切手など換金性のある買取は当社は苦手です

こんにちは、リライブル株式会社 鈴木です。

今日の札幌市内はまさかの雪がけっこうな勢いで降り、寒いです。
三寒四温ってやつですね・・・ってこの季節に雪降りすぎです!

さて、そんな話はさておき、家財整理において「買取」が出来る物が多いか少ないかで、作業金額が大きく変わることがあります。
皆様もお片づけにはお金をかけないほうがいいですよね?

新しい年式の家電などは当社でも買取をしますが、例えば古銭や切手、貴金属などの特殊で換金性がある物の場合はどうか?
当社ではこれらは積極的には買取を行っていません。

場合によっては、評判の良い所をご紹介させて頂くと中間マージンが発生しないのでお客様にとっても高額で売却することが出来ると考えます。(面倒だし、全部任せるから引き取ってくれるだけでありがたいという場合は買取をさせて頂いております)

そんなわけで、実家に眠っていた古銭と切手を自分で売ってみようと思い、インターネットで検索した2店舗に実際に行ってみました。

札幌市中央区のF助中央店

有店舗型のリサイクルショップで、ここでは古紙幣・古銭は対象外とのことで切手だけを査定してもらいました。

「良い点」

ある程度シートとバラと大量にあったが査定が早かった。

以上!

「悪い点」

1、事前に切手レートをサラッと告知されるのはいいが、「いったん査定すると返却は出来ない」という。
見積金額に不満があっても売買?と思いましたが敢えて依頼してみました。(普通は見積査定無料が多いのですが)

2、その後、査定合計金額だけを告げられ売却することに。

お金を渡されて、売買契約書などをもらえないのでこちらから「控えとかないんですか?」と聞いてようやくコピーを貰う。

IMG_1803

そのもらった売買承諾書兼領収書に細かい明細はおろか何を買取したのか品名が一切書かれていない。(古物商では記入義務があるはず)
例えば〇円切手シート×〇枚=額面〇円(買取金額85%)=〇円などという明細や説明はなく全部でいくらという査定方法。
自分で数えていないと誤魔化される恐れもあるし、とても不親切に感じました。

店舗、担当者も記載されていないのでこれは会社として如何な物かと思います。
札幌市内に数店舗構えているのですけど、これってどうなんでしょうね?

とても、紹介は出来ないお店だと思います。
たまたまあたった担当者がそういう指導を受けたのかは分かりませんが、いずれにしても2度と利用しないです。

2店舗目は古銭の買取依頼でお宝本舗えびすや大谷地店さんに行きました。

新聞のチラシ広告でよく見るので広告費がかかっている分、査定は辛いのかと思いました(TVCMを出しているTHE・ゴー〇ドさんは高級機械式時計の査定で利用したことがありますが、か~なり渋かったです)

IMG_1801

ここは店舗も明るく感じが良かったです。

あまり価値がないことは事前に知っていたのですが、どのような説明をしてくれるかどのような値段になるのか調査も兼ねていましたが、きちんと丁寧に説明してくれました。(こういった点は素人だろうと思って説明しないと不信感を覚えますよね)

売買契約書もきちんと品名、数量、単価なども記載してくれてました。

IMG_1805

お客様に直接ご紹介する場合はこういったところだと安心ですね。

やはり比較してみるとハッキリと違いがわかります。

実際に体験してみてわかりますが、お店や会社によって全く接客応対や査定金額は変わります。
多少の金額の大小は相場や在庫状況により変わりますが、あとから嫌な想いをしないようにしたいものです。

買取は得意分野が店舗ごとに違いますので、場合によってはご紹介させて頂くこともございます。

遺品整理にしても、生前整理にしても廃棄品が多いので、なるべく金額をかけないように尽力させて頂きます。

表題のように普通、苦手分野を堂々とは公表しないほうがよいのでしょうが、『餅は餅屋』という言葉があるように専門家に任せるのが一番です。

それではご相談お待ちしております。
0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 4月 11日