孤独死現場では腐敗臭の除去が一番の課題!〜実績・経験は大丈夫?

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

9月になってから忙しい毎日を送っていたら、もう5日も経過していました。

「光陰矢の如し」とは昔から言ったもので時間が経つのはあっという間です。

9月はゴミ部屋のお片付けのご依頼が若干減って、孤独死現場の消臭や遺品整理のお見積りや作業が増えてきました。

まだまだ残暑が厳しいのでそういった現場になると臭いがきつくなってしまったり、ハエが大量発生したりと大変な現場となります。

札幌市某所で孤独死が発生したアパートではハエが巨大に育っていてびっくりしました。

1.5cm位あり黒かったので「オオクロバエ」だと思います。


ハエやウジは実は世の中の役に立っている?

ハエは普通に生活しているとただただ鬱陶しいだけの存在ですが、特殊清掃業者となると感慨深いものがあり、生態系の循環の一部として大切な存在なのだと感じます。

ウジなどが腐肉を食べてくれることによって分解促進されるのです。

そのほかにも傷口からウジが発生するおかげで傷が早く治ったり、堆肥になったり、魚の餌になったりと実は人間の役に立つことも多いのですがその容貌から嫌われ者のイメージが付きまといます。

日本人には馴染みもないですし、穢れ(けがれ)を嫌うのであまりこういったお話をすると避けられることもありますが、我々人間もただの生物です。

人間は少しばかり知能が発達して、他の動物よりも優位になっていると勘違いしていますが地球環境を破壊し傍若無人の存在ですから、地球規模で見ると我々こそ害虫だと思います。(人間が制御できない核施設を作るなど、どうかしてるとしか言えませんね)

「ウジ虫野郎!」と悪口のときに出てきてしまう生物ですが、実は人間よりも余程世の中の役に立っている生物なのです。

時には伝染病なども媒介してしまうので全てにおいて人間に有益とは言えませんが、地球全体、生態系の一部として考えると大切な存在です。

そう思うと少し見直しませんか?

ちょっと海の生物なので違うかもしれませんが、カニもエビもシャコもウニも外見はかなりエイリアンで冷静に見るとキモイですが、美味しいので嫌われませんが、「ウジも美味しければもっと好かれるのかな?」なんて思います。

とにかく、人間って勝手な生き物だと思います。


孤独死現場の腐敗臭はハエの好物!

人は呼吸が止まり死んだ状態からすぐに内部から腐敗が始まります。(脳死は別にして)

部屋の気温や湿度、故人の体形などにより様々ではありますが、3日放置すると腐敗が進むと言われておりますのでその3日以内で発見されるとお部屋の汚染は最低限ですむということです。(だから早期発見が大事!)

死後数週間でも臭いがあまりしないというケースもありますが、大抵は腐敗臭と言われる肉が腐った臭いがします(現代日本では冷蔵庫の存在があり腐った臭いを嗅ぐことは稀ですが)

ですから、近隣の方も「なんか変わった臭いがする?」というのが第一声です。


我々のように腐敗臭を嗅ぎ慣れているとすぐにわかりますが、人は経験のない臭いには鈍いものです。

ハエの話に戻りますが、その腐敗臭をどこからともなく嗅ぎつけ、どこからともなく侵入し卵を産み付けます。

臭いからといって換気扇を回したり、網戸の無い窓を全開にする、換気口を開けるなど部屋に侵入しやすい環境を作ってしまうと一気に増殖しますので要注意!

種類にもよりますが、1匹で150〜500個の卵を産むと言われております。

卵からウジになるまでに1~3日、ウジからサナギになるまでに4〜10日、サナギから成虫になるまで4〜11日と言われています。

成虫になるまで2週間ほどなのであっという間です。

孤独死現場の消臭で壁紙を剥がすことがありますが、巾木と言われる床近くの木板やビニール板の裏にウジや蛹になっていることもあり人間の想像のつかない場所に卵を産み付けることもありますのでパッと見は綺麗になっていてもハエが発生し続けている場合はそういったところも想定してみてください。


腐敗臭の消臭作業について

腐敗臭の消臭方法については、なによりも体液の汚染箇所の除去が必要です。

その後、その場の特殊な薬剤を用いて除菌・消毒作業を行います。

ニオイに関しては部屋全体に広がっているので清掃が必要な箇所(油と臭いは混ざりやすいので換気扇や空気の流れのある換気口などは特に重点的に清掃が必要となります)は事前に行います。

消臭剤の散布を行い、最後の仕上げでオゾン発生器を稼働させます。

その後、換気とオゾンを繰り返し行います。

大抵はこれでニオイが軽減されます。(軽減されない場合は何か要因があります)

完全無臭と減臭では日程や作業工程が変わるので料金が変わりますが、ご依頼者様の背景を考慮してご提案させて頂きますので一概に料金はここで言えませんが、最低限の簡易消臭(入室可能な状態にする)に関しては7万円〜となっています(廃棄物が大量にある場合は別途)

故人のご遺族様はもとより、「孤独死現場が発生してしまった・・・」というオーナー様、大家様、管理会社様はまずはご相談下さい。

道央圏内での現地見積は基本無料です。

道央圏外では「経験豊富な特殊清掃業者がいない・・・」という地域もありますのでまずはお電話かメールにてご相談下さい。

電話相談も無料となっています。

1人で悩んでも解決しませんので、まずはプロに相談してみましょう。

社名に掲げる信頼される企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。