今後の家財整理業者を考える〜家財整理相談窓口のZOOMセミナーを受講

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

1月23日、誕生日の日に自宅の階段が凍っていたのに気付かず派手に転び、ケツをぶちました。

四十肩を患っている右腕をついたので激痛で息が出来ないくらいの悶絶!

「あー、自分も歳とったなぁ・・・」と強烈に思いう今日この頃です。

身体が昔ほど思うように動かなかったり、回復力も体力が落ちたり、人間というのは儚い生き物です。(しみじみ)

さてそんな毎日を送っておりますが、昨日は”業者が認める業者の団体”である(一社)家財整理相談窓口の令和3年の初セミナーでした。

環境省や総務省など国絡みで提携している団体で、地味ではありますが確実に実績を上げてきています。

特に居住支援法人という弱者(高齢単身者や貧困者など住宅を借りにくい立場の人たち)のための住宅供給の面ではかなり貢献していると思います。(かなり長くなるので割愛しますが)

弊社はこの団体で北海道地区で唯一の正会員ですので東京で開催予定だったのですが、1都3県の緊急事態宣言により出張キャンセルしました。

毎年この時期は、東京に行って全国のトップレベルの特殊清掃業者さんと情報交換をするのを楽しみにしていたのですが今年はコロナの影響でセミナーはZOOMでの開催となりました。

セミナー自体が飛行機代や宿泊費をかけて出張しない分お金はかかりませんが、やはり、人と直接会って”刺激を受ける”という行為は数十万円の出張代をかけてでも価値があると思います。

どうもZOOMセミナーも緊張感がなく、正直あまり面白くもありません。(←こらこら)

残念ながら、非接触を心がける感染拡大防止のためには致し方ありませんが、早く誰にも気兼ねなく会食が出来るようになれば良いと思います。


今後の家財整理業界

今回のセミナー内で(一社)札幌市住宅管理公社・保全部管理課長 斉藤様からの資料で改めて思うのは徐々に超高齢化社会が進み札幌市も全人口195万人に対して高齢者が48万人と全体の1/4が高齢者(H27年の国勢調査なので今はもう少し人口減ですが)

札幌市の市営住宅に住んでいる方が4万人中半分の2万人が高齢者と「高齢者だらけの街」になっていると数字を見ると実感します。

実は札幌市は全国でも有数の高齢者率が高い街です。

こういった統計からも、間違いなく生前整理や遺品整理などの家財整理業は需要が増えます!

それに伴い安易に家財整理業に参入してくる業者も増えましたが、違法と知らずに運営している業者が大半かと思います。

最近ではテレビCMを流している「くらしのマー〇ット」も違法業者の温床ですし、トラブルが絶えないようです。

「オコ〇リ」というWEB広告を出している会社も18000円〜とうたっていますが実際にはそんな金額で片付け出来るわけないので騙し(誤解を与える)サイトです。

一般の方にはわからないでしょうが、他人のゴミや不用品を捨てるには許可が必要となるのです。

※詳しくは弊社内リンク【廃棄方法】をご覧ください

この業界は昔からそうですが、どうしても廃棄物に関する法律が古く、時代に合っていないということは言われていましたが既得利権などの絡みや行政のしがらみがあってなかなか改正が進みません。

出来うることであれば、全ての家財整理業者が適正な処理をする業者であることが望ましいのですが、実際には「お客様のためを思って」という大義名分でトラックパックなどを行い許可もないのに清掃工場に自車搬入をする『なんちゃって業者』や『高額追加請求をする悪徳業者』などは絶えません。


これも依頼する人がいるので無くなることはないのでしょうが、適性に処分するにはそれなりに費用がかかります。

ですから、差別化としては『廃掃法を守っている業者がどうか?』ということを一つの基準にしてご依頼者様にとってどちらが必要か選択してもらうことになります。

お金が無い人で片付けて欲しい人にしたら格安業者一択でしょうし、「どこでどう処分されるかわからないからちゃんとした業者さんに片付けして欲しい」という方も大勢いらっしゃいます。

また相手が法人だった場合はいくら格安とはいえども犯罪を犯しているような業者に依頼することは企業としてはダメなことです。

ですから、きちんとしている業者にはきちんとした依頼者、お金が無くてどうしようもない依頼者には、違法だけど格安業者ということで差別化が進むことは間違いないでしょう。

違法業者も一時的には儲かるかもしれませんが、いつか行き詰まりますので廃業もしくは悪いことをして逮捕という図式もそろそろ多くなってくるのは無いかと思います。

やはり古今東西、『正しい商売』を心がけていない者は駆逐される運命にあります。

過去の歴史を学ばない者はそういった原理原則も知らないのでしょうから憐れです・・・。


リライブルでは2月以降の作業を受付中!

さて、そんなわけで1月ももうすぐ終わり、2月の作業に向けて動いております。

コロナ禍において「実家に帰れない」、「長期の休みをとれない」という方で「実家の片づけをしないといけない!」という方も多いです。

弊社では道外の方でも密に連絡を取り、見積、作業を実施することが可能です。

スマホがあれば大抵のことが出来る大変便利な時代になりました。


私が逆に依頼する立場だったら「一度も会ったことがないと不安」という方も多いと思いますが、弊社ではこうしてブログで定期的に情報発信することで信頼して頂いている実績もあります。

他社さんでは「ホームページはあるけど情報更新されていなくて本当に今も運営しているのか不安で・・・」と言う方も多いです。

見積に関しては随時受けておりますが、作業依頼したいが場合によってはどうしても都合がつかない場合もあります。

せっかく弊社にご相談を頂いたのにご希望に添えない場合もあって大変心苦しいのですが、適性に廃棄をするには一般廃棄物収集運搬事業許可を持つ業者さんと連携しないといけません。

どうか予めご容赦下さい。

早い方だと実家の片付けに半年前から調査と準備をして弊社にご予約をして下さる方もいます。

業者選定に失敗しない方法は情報収集にありますので、デザインが綺麗なだけの格安をうたう業者が良いとは限りませんのでご注意を!

社名に掲げる信頼される企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。