汚部屋の特殊清掃はただの片付けではない!〜人生リセットのお手伝い

こんにちは、北海道特殊清掃業者ナンバーワンを目指す!リライブル株式会社の鈴木です。

先週は道内最南端の街に1泊をして汚部屋の片付けと清掃に行ってきました。

小さな街だとすぐにばれてしまうということでブログ掲載NGなのですが、遠方からのご依頼を頂き感謝しております。

トラックパックを行っている同業他社さんとの相見積もりだったそうですが、弊社の方が見積もり金額が高いにも関わらずホームページを比べて見比べして頂き「信頼」を重要視し弊社に決定して頂きました。

『安さを求める人』と『信頼を求める人』でニーズが違いますのでそういった意味では相見積もりは必要だと思います。

一般の方からするとどこがどう違うのかわかりにくいですから、そういった意味では相見積もりを取るということは重要でしょう。

汚部屋の片づけを本気で探したい方は、是非お付き合いください。


1.汚部屋の片付けについて

お部屋がゴミだらけになってしまい、自分では片付けられない、時間がないなど色々な理由があり「プロに依頼しよう!」となると思います。

その際の業者選定や見積もり時の注意事項を列記します。

1-1.廃棄方法は?

【許可の確認】

家庭から排出されるゴミは自分でゴミ処理場に持ち込むには問題ありませんが、”業”として行う場合(どのような形であれご依頼者様からお金を頂く場合)は一般廃棄物収集運搬事業許可(一廃)が必要になります。

この許可は各市町村が許可を出すのですが民間業者に簡単に出すような許可ではありません。

近年では一定の条件や社会活動が認められて限定的に許可を出す地方自治体も増えてきていますが基本的には難しい許可です。

この許可がない場合は無許可営業となり違法行為になります。

しかし、弊社ではご依頼者様のお住いの地域で一廃許可を取得した業者さんと連携し廃棄を行っております。

赤枠で囲った部分に許可証ナンバーが掲示されています

この場合は違法行為とはなりません。

お見積りの際に『どこの業者と連携するのか?』と確認してみるのも良いでしょう。

 

【注意事項】

似たような許可で産業廃棄物収集運搬事業(産廃)と言われるものがあります。

弊社でも取得していますが、これは経済活動により排出されるゴミを扱うための許可であり、家庭ごみは収集運搬できません。

ちなみにこの許可は北海道が出しており、2日間の講習を受けて、書類を揃え申請を出しお金を払えば大抵の業者は取得できます。

トラックパックは違法業者の温床となりかねない

ですが、「産廃があるから大丈夫です!トラックに積んで持って行きます」という業者は何も知らない一般ユーザーを騙すような業者なので誠意を感じられません。

そのような業者は許可違いの無許可営業となり違法行為となります。

また、いったん集めたごみは自社の所有する土地に保管(というか野ざらし)することが多く、その後どのような処分をするのか不透明すぎ不安です。

中にはゴミを集めるだけ集めて倒産・廃業するという無計画な業者や最悪は不法投棄や放置をするという業者もいます。

土地の所有者が片付けることになるのですが利用価値が薄い土地はそのまま放置です


1-2 一廃はおろか産廃も取得していない業者も多い

あと、古物商許可があり買取をしたことにするので大丈夫です」という業者も多いです。

買取品が多いような場合で実際に売買契約書を交わすような形であれば安心ですが、「一式、〇万円」などで買取し品目が何が何だかわからない物をトラックに積んでいく行為は「廃棄目的の買取」として本来の目的が違うので違法行為となります。

このようなゴミを再販出来ると思いますか?

もし本当に買取品の金額が多く作業代よりもご依頼者様に支払われる方が多いのであれば、その買取業者の考え方なので違法ではありませんが利用価値がない、再資源化が困難な”本当のゴミ”をお金を払って持って行くことは常識的には考えられません。

「逆有償」と言って違法行為です。

また、買取に際して売買契約書を結ぶ、控えを渡すこともしない胡散臭いリサイクル業者もいます。

時折、中堅どころでもそういった業者は存在しています・・・。

買取側は売買契約書の控えを渡さないだけで警察に逮捕されてしまう行為ですので古物を扱う際はご注意ください。

1-3 格安業者に依頼することは危険性が高い

「トラック積み放題パック」「格安積み放題パック」とホームページに謳い営業している業者は(全てとは言いませんが)この傾向が強いです。

大量生産、大量消費の年代の方が多く年々ゴミの処分量は多くなってきています。

当然、収集に携わるコストや焼却・埋め立てなどの最終処分場の維持コストがかかるので廃棄代は上がっています。

これは全国的な傾向にあるにも関わらず新規参入者などが仕事や日銭を得るために行っています。

トラックパック 違法業者の巣窟

実は自分が違法業者だとわかっていない無知な業者も多い

【廃棄料金の計算】

お住いの地域によって廃棄代は全く違います。

焼却施設の有無・焼却能力の高低やごみの仕分け方法、ごみの梱包状態(市の指定ゴミ袋を使用しないとダメ、段ボールの可否など)などあらゆるものが地域で違います。

また『堆積計算』『重量計算』かによっても料金はかなり違います。

ここで北海道全域の料金を表示するのは適さないのでお問合せ下さい。

北海道では堆積計算で4,000円/㎥〜6,000円/㎥(税別)位の範囲が基本です。

ちなみに札幌市の場合は5,800円/㎥(税別)です。

ゴミの量が10㎥あった場合は5,800円×10㎥=58,000円(税別)が廃棄代となります。

ゴミを捨てるにもお金がかかる時代

これは一般廃棄物の料金のみですのでリサイクル家電法対象物(冷蔵庫、テレビ、洗濯機、エアコンなど)は別ですし、消火器古いパソコン耐火金庫廃タイヤ医療品など別途料金がかかるモノもあります。

もしこれらの品があった場合に追加料金となるのか見積もり金額に含まれているかもきちんと確認しましょう。

あとでトラブルの源になります。

最低でも見積書はもらいましょう

【作業代、消耗品】

上記は廃棄回収代のみで我々はごみを仕分ける、まとめる、搬出するというのが作業代(人件費)として別途頂き生計を立てています。

これが自分で出来るのであれば我々の手を借りることはないのでしょうが、マンションの場合は台車や梱包資材、養生資材も必要ですし、人手も多く必要となります。

これらを自分で用意し、その後使わないのであれば無駄になってしまいます。

台車 2万円

台車も馬鹿にならない備品です

また、時間が無いという場合に代行して作業をやってもらうにも友人や知人に依頼するのは無理ということの方が多いです。

ゴミの処分量もそうですが、そこにどれくらい住んでいたかによってもゴミが圧縮され作業がしにくくなります。

10年以上のゴミ部屋だと見た目よりも圧縮されているのでゴミの量も作業困難度に応じて作業時間も増えます。

汚部屋片付け リライブル

※今回の現場とは違う場所の写真です

作業代は困難度にもよりますが弊社の場合は10,000円/名〜30,000円/名です。

【消耗品や出張費】

段ボール、ガムテープ、ゴミ袋などの消耗品代は作業代に含まれる会社と別途請求の会社もあります。

また都市部だと駐車場代がかかったり、地方だと燃料代・高速料金・宿泊費がかかることもあります。

そのほかに会社と個人事業主でも違いますが事務所の家賃、通信費、広告代、車両維持費、福利厚生費、税金など経費がかかるものです・・・。

甘い言葉や裏読みが苦手な人が多く騙されないで!

果たして格安業者が謳う格安料金設定でまともに利益が出るとは到底思えませんけどね・・・。


2.片付け後の清掃は重要!

2-1 簡易清掃ではなく本格的な清掃が出来るか?

汚部屋を片付けた後は床や水回り、窓ガラスなどが汚れていることが大半です。

ハウスクリーニングをするかどうかで料金が加算されますが、いったんプロの手で掃除を行った方が美観を維持しやすい傾向にあります。

あとで自分でやろうと思っても清掃道具や人手を考えた場合は片付けと同時に行った方が良いです。

よくあるのが「廃棄は格安業者にしてもらったけど、清掃はしていないというのでリライブルさんにお願いしたい」というパターン。

良くお話を聞くと格安でもなく、弊社がセットで行った方がトータル金額は安かったという事例がたくさんあります。

「格安という言葉につられてお願いしたが、対応も悪く清掃もしてくれないなら初めからリライブルさんにお願いした方がよかった・・・」と悔やまれる方も多く、そういう方にお会いするといつも残念な気持ちになります。

清掃苦手 片付け業者が多い

無駄にお金がかかってしまうことも・・・

弊社ではハウスクリーニング業界でも話題の「ナノテックシステム」を特殊清掃業者の中ではいち早く導入しており、地球環境に優しい洗剤を優先して使用しております。


2-2 片付け後の消臭も同時に行えるか?

汚部屋を掃除し、見た目は綺麗になった後に「なんか・・・匂う?」ということも多々あります。

生ごみが多ったり、動物を飼っていたりすると壁や天井に清掃だけでは取り切れない臭いが目立つようになります。

人間不思議なものでゴミに囲まれて生活していると慣れるのですが、ゴミが無くなると違うところに気が回ってしまうものです。

簡易的な場合は消臭剤散布とオゾン脱臭をサービスで行うこともありますが、本格的な場合は少し料金が加算されますが廃棄+清掃とご依頼頂いた場合は通常よりもお安くさせて頂いております。

※お見積りの際に「実はリライブルさんに決めていた」とか言って頂くと嬉しくなって値引き交渉も可能です(笑)

汚部屋の片づけを考えた場合に「正しい廃棄方法」、「プロ並みの清掃が可能」、「本格的な消臭」の3つまで行える業者が好ましいと思います。

弊社ご指名の場合は消臭代がサービスになることも多いです


3.リライブルの使命

住環境の整備によって健康になるか不健康になるか?

それによって仕事のパフォーマンスやプライベートの充実など人生好転のきっかけになることは間違いありません。

弊社では汚部屋に関してはただの片付け、清掃とは思っておりません。

「人生リセットのお手伝いをさせて頂く!」という使命感をもってご依頼を頂戴しており、皆様に大変喜ばれております。

お金は多少かかりますが、ただお金を使う「消費」ではなく自分を蘇らせる「投資」と思えば安いものだと思います!

快適な生活を送ることで運気が上がります


4.コロナ感染拡大予防〜GWの予定

さて、政府・各地方自治体では『3密』を避けるということでイベントの自粛や人が密集する場所の休業要請を出していることは皆さんご承知の通りだと思います。

ここではその賛否に関しては申しませんが、弊社のような仕事は訪問型なのでテレワークも出来ませんし、緊急を要する依頼も多いです。
実は既に5月2日〜6日にかけては大型案件のご予約が決定して3泊4日で泊りがけでお仕事をしてきます。

そのため感染拡大防止には留意をしており、

・出勤前の全社員の検温
・除菌剤の常備
・マスクの装着

は必ず行っております。

足裏にもウィルスの付着で感染する恐れがあるのでご依頼者様のご自宅やお部屋に入居前に靴裏を消毒致します。

また、新たにご依頼者様のお宅での作業完了後にドアノブなど人が手を触れる場所の除菌剤を使用してふき取り作業を実施しお引渡を行います。

新型コロナウィルス対策

感染予防

5.企業存続をかけて

休業をしなくてはいけない会社さんや飲食業、イベントを中止せざるを得ない自治体や企業、高齢者や身障者のための介護や補助をしている方たちなど本当に大変な思いをしていることと思います。

しかし、戦後の焼け野原から復興した実績がある日本です!

今までの生活や常識、仕事の進め方などは変わってくるでしょうし、変われないと生き残りは難しいでしょう。

朝令暮改で企業としても常に最善を求め変化をしなくてはいけないでしょう。

ただ、変わらないのは『人として悪いことをしない!』

儲かるから盗む、騙すなどは人の道に外れています。

困っている人に法外な価格でぼったくるなどそういったことを続けるといずれは因果応報で自分の身に回ってくるものです。

弊社としては『困っている人を助ける』という基本概念は変わりませんが、社内の労働体制などを見直し1年後も生き残っているようにと試行錯誤している最中です。


お見積りに関しては必ずしも対面が必要とは限りません。電話、メール、LINEでも可能です。

いずれにしても一度お気軽に下記までお問合せ頂けると幸いです。

皆様の人生リセットのお手伝いをさせてください!!

宜しくお願い致します。

社名に掲げる信頼される企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。