起業して7年目突入!〜他人の不幸ごとを解決する仕事は誠実であれ

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

10月1日は消費税が10%に切り替わるということで各所で色々と大変なようだと報道されていましたね。

弊社はそれほどPOPを変えるとかレジを変えるとかの手間が無いのでそれほど大変さを感じていませんが、しばらくしたらなんでも慣れてしまうのが(いい意味でも悪い意味でも)人間ですよね・・・。

また10月1日が来た!

私は2013年10月1日に個人事業主で「便利屋-SPPORO」を起業して、丸6年。

7年目に突入という記念日です。
(※リライブル㈱として法人成りした日が平成28年3月17日なのでちょっとややこしいのですが私にとっては10月1日が記念日の一つでもあります)

いつもこの日になると起業したころを振り返っているのですが、本当にたくさんの方に支えられれて事業を継続することが出来ると思っております。

感謝感謝でございます。

「起業当初は貯金も資金もなく、最初は1年をどうやって生き抜いていくか?」

「家族を養っていけるのか?」

そんな不安な毎日を過ごしておりましたが、企業当初より売上は7倍近くに成長し法人成りも果たしました。

今は家族のこともそうですが、倒産させないように会社のお金(キャッシュフロー)の心配をしたり、従業員やその家族を路頭に迷わせないために・・・と責任と重圧が増えてきました。

順調な時は良いのですが、やはりビジネスはいつも順風満帆なわけではありません。

傍から見ると順調に成長しているように見えますが、いくつかの危機を乗り越えながらも会社としてはゆっくりではありますが、確実に進歩していると思っております。

逆にいうと順風満帆過ぎるといざピンチの時にどう乗り切れば良いのかわからないので小さなピンチは成長には欠かせないのでしょう。

ドラマや映画も何もトラブルが起きないと面白くないですしね(笑)

特殊清掃や家財整理というのは基本的には「他人の不幸ごとや面倒なことを解決する仕事」ですから、単純にお金を借りて、人を雇って、拠点を増やして、広告をバンバン出せば、それに比例して仕事の依頼がどんどんくるような業種ではないので地味ながらも信頼と信用と実績を積み重ねていくしかないと考えています。

・不法投棄をしない
・現場から出てきた換金性の高い物はお返する
・追加高額請求をしない
・社員の職場環境の改善、福利厚生向上に努める
・社員教育をする
・税金を”きちん”と納める

こんなことは一般企業にしたら当たり前のことですが、この業界ではまだまだこの当たり前なことが当たり前に行われていないのが現状です・・・。

まだおサルさん状態の同業他社さんが多い状態なのです。

 

お金が重要という人とそうではないという人

上記の通り、まだいわゆる真っ当な企業が少ない業界ですし、特殊清掃や家財整理と言うどちらかというと世間ではまだ浸透していない仕事をしていますので「作業料金ってどうなんだろう?」と思われる方が多いと思います。

一応、目安は提示してはいるのですが、なかなか難しい現状があります。

例えば車を買う場合は・・・

①会社(トヨタにしようかベンツにしようか?など)
②どんな車種にしようか?(ミニバンかセダンかスポーツカーか?など)
③駆動方法はどうしようか?(4輪駆動かマニュアルか?など)
④内装はどうしようか?(革張りシート、ナビ、ETC装備?など)
⑤その他(外装色やコーティングなど)

車を購入する際の優先順位は人それぞれ入れ替わることがあるでしょうが、大体そういった本体価格にオプション、その他税金や手続きなどが加算されて見積書が作成されますが、我々の商売の場合はそういった表示が非常に難しい仕事です。

なぜなら各家の中にある物が違う間取りが違う搬出経路が違う買取品の有無が違う、各地方自治体で廃棄方法と廃棄料金が違う・・・など諸条件が同じことはありません。

事細かくホームページに記載したとしても実際にはかなり誤差が出るしょうし、作業する方も覚えられないくらい膨大なデーターになってしまいます。

何より、それ自体をご依頼者様も理解できないくらいのデーターとなってしまいます。

ですから、実際にお宅にお邪魔させて見積もりさせて頂くことになります。

あと重要なのは担当者との相性も考慮しなくてはなりません。

定額パック表示はトラブルも多い

『定額パック』などを表示しているところは、実際にその通りにはなりませんし、安い価格提示をしておいて実際には高くなるという集客方法は後々のトラブルになってしまったり、本当に予算が3万円しかない人に「10万円です」と言っても払えないでしょうからお互いに無駄な時間を過ごしてしまいます。

よしんば、10万円でいいと思っても、最初は3万円と思っていたのが10万円になったら「騙された」とか「もう少し冷静になれば良かった」などと後悔するものです・・・。

実際にこういったトラブルは大なり小なり全国各地であるようです。

またそういった定額パックを行っているところの大半は廃棄方法が違法だったり、集客サイト経由で紹介料がかかったりしますから・・・。

まぁ、ご想像にお任せ致します。

大手がいいの?小規模がいいの?

昔のブログでも掲載しているのですが、こういった家財整理に関しては大手がいいのか?小規模がいいのか?

それはご依頼者さまが普段どのようなお考えをもっているかによります。

「とにかく安く!信頼や信用は二の次!」
・・・という方は小規模の便利屋さんや不用品回収業者に依頼して下さい。

やはり家財整理にしてもきちんと”生業”として行うにはいろいろと設備投資や社員教育などにお金がかかりますし、特殊清掃もあらゆる専門機械、薬剤などがかかります。

そういったことを常識的にわかる方にはクドクドと説明しなくても理解して頂けますが、そのレベルにも達していないと「なんで物を捨てるだけなのにそんなにお金がかかるの!?」となります。

ご自身で家財整理をやってみればわかりますが、「慣れていないと肉体的にも精神的にも結構大変だった」ということはよ〜く聞きます。

家財整理中に出てきた品物の買取査定はきちんとするか?

あとは、家財道具に価値が無い場合は安くても、態度が悪くても良いのでしょうが、ある一定レベルの生活水準以上の方はたいていは換金性の高い物や買取可能品などがあるものです。

一軒家だと買取金額(弊社からのお支払い額)もそれなりの額になります。

そういったわけで、きちんとしている業者さんなら物品の査定も行いますし、売買契約書を用意していて書類を交わすはずです。

時折、小さなリサイクルショップなどではそういった書類も一切なく現金手渡しのお店もあります。

「古物商許可を本当に持っているのか?」と疑問に思いますが、そういったところとは二度とお取引はしません。

買取に関しては遺品査定士の資格を持ち、この道10年のベテラン社員がいるのでお任せ下さい。

ご参考に弊社が運営している『リライブルの遺品整理』では実際に買取をさせて頂いた品物や買取などのアドバイスを掲載したブログが好評です。

同業の方でも役に立つ情報があるかもしれませんのでご訪問頂ければ幸いです。

価値がわからない人だとただのゴミとして捨ててしまうこともありますが、なるべく仕分けを細かく行い、再利用できる物は再販したり、廃棄する物を減らすべく努力をしております。

なにより故人様の貴重なお品が捨てられないようにして頂きたいと思います。

ちょっとブログが長くなってきたのでここまでとしますが、弊社は9月まで忙しくしていたので10月は少しのんびりしよう・・・ということで、スケジュールに余裕がございます。

遺品整理、生前整理など家財整理に関するお問い合わせは電話、メールで下記までお願い致します。

社名に掲げる信頼される企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。