価格競争は何もいいことがない・・・と思うのです

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

月曜日と火曜日にそれぞれ1件ずつ、札幌市西区サ高住にて遺品整理のご依頼を頂きました。

2件とも、それほどの量がなかったのですが弊社の作業後に「料金安くないですか?もっと請求してもいいですよ」と言われました。

「そうですか~?では〇万円追加お願いします」
※なんてことはしませんのでご心配なく!

ここ最近、ご依頼者様からそういったお声を頂くことが大変多くなりました。

弊社としては利益も出ていますし、適正な料金をご請求させて頂いているつもりです。

ただ、作業の大変さに比して料金が安いと思ってくれる方が多いのは光栄なことです。

弊社としては、格安は謳っていませんし、業界最安値などは謳っていません。

物の売買であれば格安でも良いのでしょうが、人がたずさわる商売では低価格は「悪」だと思っています。
低価格ということはそのしわ寄せがスタッフに来たり、不法投棄に走ったりとロクなことはありません。

どこの企業とは言いませんが、牛丼を扱うような有名店は競争が熾烈でどこも大変なようですね・・・。

最終的に人件費であったり材料費だったりどこかで経費削減をしないといけませんから、最終的には消費者にツケが回るようになっています。
そのツケとは味だったり安全だったりですね・・・。

そうなると誰も幸せにはなりません。

家財整理業界は仕事の依頼が来ない、依頼を取れない業者は集客戦略が間違っている上に、価格戦略を失敗している業者が多く、廃業してしまった者、もしくは「貧乏暇なし状態」の者が多いのがこの業界の特徴です。

「喜んでもらいたい」、「人の役に立ちたい」と思うことは結構ですし大切なことですが、それだけでは商売を続けていくことは出来ません。

私の持論としては「たとえご依頼者が喜んでも、利益の出ない仕事はやらない方がマシ」と思っています。

疲れるうえに利益も残らないのであれば、集客方法を考えるなど他にやることがあるはずです。
そして、利益をきちんと残せないからロクな企業がないのです。

経験を積むためにあえて低価格戦略でいくなら話は別ですが、いつまで経っても低価格しか売りがないところは将来的には厳しいでしょう。

一時期ユ〇クロさんがブランド化を目指し価格設定を上げましたが、失敗して低価格帯に戻りました。

「ユ〇クロ=低価格」というイメージが付いているのでそれから脱却するには大変な労力を要します。

家財整理業者も経営に関する勉強を常にしないといけません。

それが抜けている方が多いように思えて仕方ありません。

ご依頼者も業者を選びますが、実は弊社でもお客様を選んでおります

大変な仕事をしても感謝されないような傲慢な方からのご依頼はたとえ高利益だったとしても受けませんし、逆に本当に困っているという事情を聞いて利益が薄くても人情見積もりで作業を行うこともあります。

ただし、「赤字ではやらない!」ことは大前提です。

文字で書くとちょっと「冷たい」ととられがちですが、弊社はボランティア団体でも宗教法人でもありません。
綺麗ごとでは会社経営は出来ないことをご理解下さい。

たとえ良いサービスを提供していても、利益度外視で会社が倒産しては本末転倒で意味がありません。

私も過去に従業員で働いてた会社が倒産した経験があります。
家族を養っている身としては大変不安を覚えた記憶があります。
その時の経験から「倒産は罪」という意識が高いのです。

弊社の料金について

遺品整理や生前整理などの家財整理業の基本的な価格設定

①部屋全体の総廃棄量の見積もり

家電リサイクル法対象物、海外リユースが可能な物、リサイクルが可能な物、本当に廃棄しないといけない物
これらの量を見積もります。

ですから、部屋の間取りで概算を提示している企業もありますが、全く同じ物量ということはありえないのであくまでも「目安」と「最安値」の場合と考えた方が良いでしょう。

地方自治体によって不用品の分別の仕方、料金も違いますので各地方の一般廃棄物収集運搬事業許可をもつ業者と連携して料金を算出します。
札幌市の場合は5,800円(税別)/㎥です。

②人員の作業代

①で計算した物量に対して梱包、搬出作業はどれくらいの時間を要するかで人員配置を考えます。
日時指定がある場合は人を多く手配しますし、日時指定がないのであれば少人数で時間が空いているのを見計らって作業を行うので価格を抑えることが出来たりします。

階段作業、横持が長い、現場が過酷などによって作業代は変わります。
基本的に1名1万円~3万円くらいが相場です。

③梱包資材代

段ボールやガムテープ、ゴミ袋、養生資材など作業に関わる消耗品を計上する場合もあります。
少量の場合は作業代に含まれますが、段ボールが数百枚単位となるとご請求となります。

北海道の同業他社では珍しいロゴ、社名、電話番号入りのダンボールを使用していますので不法投棄などの心配もありません。

④買取品による差額の収益

基本的には安く仕入れて、高く売るために買取を行いますので、査定額に納得していない場合は数社見積もりを取ることをお奨めします。

家電は5年以内、家具は状態により価格の変動があります。
切手、フィギュアなどのコレクション物、美術品、骨董品、貴金属、機械式時計なども買取を行っていますがお客様が面倒でなければこれらを得意とする専門業者を紹介させて頂くこともございます。

不用品が少なく、買取品が多い場合は作業代はかなり安くなります。

⑤オプション作業
退去清掃、消臭作業、草刈作業、解体作業、お焚き上げなど家財整理に不随する他の業務を依頼する場合は別途ご請求となります。

出張料

札幌市近郊(江別市、北広島市、恵庭市、千歳市、石狩市、小樽市)は出張料は頂いておりませんが、高速道路で移動する、宿泊しなくてはならないなどそういった場合はお客様にその旨を伝えて出張代がかかることを通達させて頂いております。
「近くに信頼出来る業者がいなくて御社に来てもらいたい」「地元の業者はいや」というご相談が時折あります。
地元の業者がイヤという場合は仕方ないですが、お住まい近郊に弊社が信頼している同業他社さんがいる場合は紹介させて頂いております。

弊社の家財整理の平均価格帯

過去の平均的な価格では1ルームでは5~10万円、2~3LDKクラスで10万~20万円、一軒家で30万円~という感じです。

どうでしょうか?他社に比べて高いでしょうか?

価格競争はしない企業体質です

予算が限られている場合は低価格の業者しか選択肢はないかもしれませんが、それでも部屋の状況によってはわかりません。まずは数社見積もりを取られることをお奨め致します。

また、「価格ではなく、信頼・安心で選びたい」という方は弊社にご指名でご依頼頂くパターンも多くなってきたと実感しております。

多くの方が「ブログを見て、社長の考え方や作業内容が分かったので御社しか見積もり依頼をしていない」と言われることも多くなりました。

弊社ご指名の場合はご期待に沿うべく頑張ります!
※選んでくれる方を贔屓(ひいき)する企業です。

それが選ばれている理由かもしれません。


6月21日現在で月末まで仕事の予定がほぼ埋まってきています。
7月にも大型案件が数件決定しております。

特殊清掃など緊急を要する場合は対応させて頂きますが、早めにご相談をお願い致します。

社名に掲げる信頼される(Reliable)企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。