札幌市中央区でビル解体前の残置物撤去作業

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

札幌市中央区でビル解体を行うので、各階のテナントの残置物撤去を1日~3日と三日間で作業を行っています。

普段はそういった作業は主業務として行っていないのですが、産廃業者さんと連携して作業を行っております。

業務用大型冷蔵庫の搬出作業

地下にオイスターバーがあり、ここの業務用大型冷蔵庫の搬出は特に大変でした!

油汚れも酷く、重量があるので取れるパーツはなるべくとって幅と重量を減らしました。
このお店の創業時に壁など何もない状態でパーツを持ち込んで、設置したのでしょうか?

キッチン部の壁を破壊しないと物理的に絶対に出ませんし、もちろんエレベーターにも入りません。

階段も各所が本当にぎりぎりの幅だったので大変でした・・・。もう二度としなくないものです(笑)

地上に出せたときにはホッとしました。

貸衣装屋さんの特性桐収納棚の解体

ビル4階には昭和の時代に大工さんに特注で作ってもらった無数の棚なども解体しました。

オーナーさんが様子を見に来た際に言っていたのが、「創作時、1億円かかったから勿体ないんだけどな~」と聞きました。

今ならもっとも~っと安く出来るのでしょうが、良き時代ですね!

これを作った大工さんは大儲けだったことでしょう。部材、加工代を考えてもそんなにしないと思うのですが・・・

それでも貸衣装屋さんも儲かった時代だったのでしょう。

それにしても、造りもしっかりしていたこともあり、解体は時間がかかりました。

普段は家庭からの不用品が多いので一般廃棄物収集運搬事業許可業者(イッパイ業者)さんに回収に来てもらいますが、こういった廃材などは産業廃棄物収集運搬事業許可(サンパイ業者)さんと連携しなくてはいけません。

家庭からのごみ・・・一廃
オフィス、商業活動で生じたごみ・・・産廃

大まかなに分けるとこんな感じで回収業者の許可は違いますのでご注意下さい。

こんな感じで綺麗に無くなりました。

家財整理との違い

遺品整理や生前整理などはご家庭からの搬出ですし、細かい物が多いのですが、「どちらが疲れるか?」と言われると今回のような作業のほうが力作業も多く大変に思います。

人によっては「気にすることもなくバンバン解体できるから楽」ということもあると思いますが、やはり「慣れ」というものもあるのでしょう。

実は、ちょっとこういった作業はあまり好きではありません。

一番はお客さま(ご依頼者、ご遺族)からの感謝の言葉やねぎらいの言葉がないからなのでしょうか(笑)

ただの力作業・・・となると「誰でも出来るのでは?」と思ってしまいます。

同じように不用品を外に搬出する作業なのですが、なんていうか・・・想いが違うのでしょう。

たまにこういった違う仕事をすることで、普段の仕事のありがたみであったり、再認識することが出来るので全てが無駄ということはないんでしょうね。

なぜ、こういったことを書いたのかと言いますと、現在遺品整理業を行いたいと思っている業者さんや個人事業主さんなど大勢いるのでしょうが、実際には遺品整理業だけで生計を立てるのは大変なことです。

生活のためには、自分が思っている仕事とは違うことをしなくてはならないこともあるでしょう。

そういった今は理想と違う仕事でも、いつか自分が思う仕事をして頂きたいと思っています。

ちょっと個人的な趣味のお話となってしまいますが、現在E-girlsの中心メンバーとしても活躍しているdreamの4人の本を読みました。(※E-girlsはderam、Happinese、Flowerの3つのグループが合体したチームです)

「dreamはDreamの夢を見る。」 (幻冬舎 1389円+税)

実はデビュー当初から順風満帆というわけではなく、歌を歌えない時期が長く続いたり、フットサルをやらされていた時期があったり(方向性の迷走)、解雇や事務所移籍などのこれまでの紆余曲折が綴られています。

「歌手なのに歌を歌えない」という不遇の時代を乗り越えたという意味で今回のお話と同様かと思います。

ファンではない限り、共感は難しいのでしょうが、これをきっかけに興味をもって頂けるとありがたいです。

しばし脱線してしまいましたが家財整理、遺品整理、生前整理のご相談は下記までご連絡下さい。

0120-669-920

リライブル株式会社

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。