小樽市で遺品整理〜小判が出てきて作業代も相殺できた?

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

新型コロナウィルスのせいで札幌市が「GO TOトラベル」対象地域除外となり多くの観光施設に大打撃を与えているというニュースを見るたびに心が痛くなります。

急遽休業を決めたホテルも続々と出てきていますが今後まだ増えてくることでしょう。

また、ススキノ地区も同様に「夜の街」をあたかも”悪の権化”のように報道するのはやめて頂きたいと思います。

ウィルスはどんなに屈強な人でも健康な人でも感染する可能性があり誰にでもなりうることです。

誇大報道されるウィルスによって人間が直接死ぬよりも経済苦などによる自殺やトラブルが増えることは必至でしょう。

実際にコロナが直接の死因数より自殺の方が多くなって来ているようです。
(自殺が増える国の方が余程重要なことだと思いますが・・・(-_-;))

こういったことをブログで書くと炎上することもありますが、人の死に触れる機会の多い仕事であるからこそ生命の尊さや儚さを感じて生活しておりますのであくまでも一個人の意見として捉えて頂ければ幸いです。

人が生きている以上あらゆるリスクが0になることはありません。

道路を歩いていても車の巻き込まれ事故で亡くなる方も絶えませんし、どこでどのように亡くなるかなんてわからないのです。

だからこそ何気ない毎日に感謝し、後悔の無い日々を送れるようにしたいものです。

そして「医療崩壊」「介護崩壊」についても、新コロを異常に煽ることで本来かかっている病気の治療が出来ない人がいたり、普段なら死ななくても済むはずの人が亡くなったりと本末転倒な出来事が起きてしまうことに違和感を感じます。

「マスクの着用」や「3密を避ける」などの行為については感染拡大防止のために異論はありませんが、経済を止めることで本来死ななくてもいい人が死んでしまうということも忘れてはなりません。

今回の件は一度夏に落ち込んだ売上を盛り返すのに希望を持っていた人たちを絶望に叩き落すが如き所業です。

私も一経営者として非常に心を痛めております。

「命が一番大事だ」というのは当たり前のことですが、もう少し冷静にウィルスのことについて考えてみては如何でしょうか?

「自粛警察」や「揚げ足取りモンスター化する人」が多くなることによって、ますます閉塞感の強い世の中になってしまいます。

そしてこれらを大きく取り上げるマスコミによって悪影響が肥大化しています。

立場が違えばそれぞれ主張することが違うことも当然の話なので、妥協点を見出しながら経済と感染防止の両立を図って頂きたいものです。

消毒作業で儲かっているほんの一部の業者さんもいるので、景気の悪いビジネスがあれば、景気の良くなるビジネスもあるもので表裏一体なのですが観光業への打撃はあらゆる産業に直結しているので深刻です・・・。

間違いなく今後増税がありますから、その時に更に苦しい時代になりそうです。

あ〜、コロナの話だけで終わってしまうのでここら辺でやめときますが、改めて医療現場の最前線で働いてくれている方たちには敬意と謝意を示したいと思います。

本当にありがとうございます。


小樽市での生前整理

話は現場の話に変わりますが・・・弊社ではここ最近は札幌市以外でのお仕事も多く、大変ありがたいことだと感じております。

マンションの2階(地下駐車場があるので実質は3階)3LDKで家財道具がそれなりにあるため2日間に分けての作業となります。

ご依頼者様からは「貴重品などは確認したので、あとは全て捨ててください。」ということでしたが、この言葉を言質として「捨てる物だから貰ってもいいよね」という勝手な判断をする不用品処分業者や便利屋さんが多いものです。

ですからこの言葉は業者に絶対に言わないでください。

まぁ、良識がある業者ならそんなことは言わずもがなですが・・・。

今回は「1972年の札幌冬季オリンピック記念小判」が発見されました。↑

22金で42グラムですから今の相場で換金すると20〜30万円する代物です。

勿論、弊社でも買取は可能ですが、「相場が高いときに自分で売った方が良いので・・・」ということでご依頼者様にお返ししました。

こうしてブログに掲載させて頂くことによって、嘘はつけません。

なぜ、こうした不正がバレたり、噂が広まるのかというと同業他社の経営者が不正を堂々と行っていることを社員やスタッフが見ているからです。

「人の口に戸は立てられぬ」とよく言ったもので、悪い噂はすぐに広まります。

どんなに立派なことを言っても、行動が伴わないと不信感を招いてしまいます。

商売で一番大切なことは「信頼、信用」だと思っています!

社名の由来であるリライブル(RELIABLE)は「信頼される」とか「頼りにされる」という意味からとっています。

(※発音はリライ”ア”ブルなのですが、言いずらいのでリライブルにしたのですが高齢者の方たちには聞き取りにくい言葉だったみたいで少し後悔していますが、それでも社名に掲げている信念は曲げてはならないですよね?)


各地方自体ごとの廃棄方法に従う

あと、廃棄品については小樽市で一般廃棄物収集運搬事業許可を持つ小原興業さんに依頼しておりますので違法行為、不法投棄の心配はありません。

最近ではよくニュースで不法投棄のお話を聞きます。

自宅や親御さんのお宅から排出された不用品が不法投棄させていたら嫌ですよね?

また、可燃物と不燃物の仕分け・梱包方法も各地方ごとにやり方がありますので、その方法に従って行います。

「可燃物は段ボール梱包はダメでビニール袋に入れてください」とか「不燃物は段ボールでもいいです」・・・等などです。

ペットボトルの処理の仕方も大変なところとそれほどでもないところによって作業代が若干変動します。

ゴミ屋敷などで大量のペットボトルを包装を外して中身もすすいで綺麗にする・・・なんて場合は数百本単位なのでそれだけ時間がかかることは言うまでもありません。

因みに作業中はずっと立ち合いをされる必要はありません。

鍵を預からせて頂いて当社スタッフのみで作業と言うパターンが殆どです。

これも信頼して頂けている証拠だと思います。

胡散臭い会社だと、ず〜っと作業中に立ち合いしていないと不安でしょうがないですからね。

12月も中旬までほぼご依頼で埋まっておりますがお見積り等で動くことは可能です。

尚、弊社では新型コロナウィルスの消毒作業は行っておりませんので、ご安心して家財整理のご相談をして下さい。

社名に掲げる信頼される企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。