遺品整理は全てお任せ頂き、作業は立ち合い不要でも可能です!

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

連日雨が降ったり、急に蒸し暑くなったりと体調管理が難しい季節になってきました。

ただの風邪でもかかるわけにはいきませんから皆さん気をつけましょうね!

さて、本日は札幌市中央区にて遺品整理のご依頼を頂き作業を行ってきました。

ご紹介による成約でしたが、9月は知人やリピーター様からのご紹介によるお仕事も多く大変嬉しく思います。

1Lで不用品も殆どないような状況でご遺族様で袋詰めを事前にしていたのですが、危険物のチェックは欠かさず行います。


ご覧の通り、ご依頼者様が詰めたゴミ袋の中にスプレー缶が混在していましたし、袋の中にライターなども数個混ざっていました。


これらがパッカー車内で発火した場合は火事になり事件となってしまうので注意をしております。

ですから、ご依頼様が「自分達で袋詰めすることで作業代が安くなりますか?」と質問をされることもございますが、再度弊社スタッフでも確認をするため逆に2度手間となってしまうので何もしない方が実は助かります。

札幌市環境事業公社さんに事前予約をしていた一廃業者さんに不用品を回収してもらい完了です。

過去のブログでも掲載していますが適正処分で不法投棄の心配はありません!


室内は最後に掃除機かけをして終了です。


これは無料サービスですが、案外搬出作業後に埃がそのままで帰ってしまう同業他社さんも多いです。

ご依頼者様が掃除機かけをするのも地味に面倒なので弊社で行っています。

因みに鍵は預かってご依頼者様は立ち合い不要でも作業は可能です。

お陰様で初対面でも鍵を預けて頂けることも多く、信頼して頂けているのかと感じています。

胡散臭かったり、ちょっと危険だと思ったらアブナイですからね・・・。


買取品について

今回のお宅では2019年製の7kgの洗濯機を買取りさせて頂きました。


基本的には製造から5年以内の家電は(虫や臭いがついているのはダメですが)買取値引きが可能です。

外国製で購入時に安いハイアールなどは当然買取金額も低いですが、国産で高年式の家電は高価買取可能です。

状態によっては10年以内の家電は若干の買取金額若しくは無料引き取りが可能です。

先にリサイクル業者を呼んで売れそうなモノだけを持っていてもらって、そのあとに不用品処分業者を呼ぶというパターンもありますがそれは実はあまり賢くない方法で損をしているかもしれません。

弊社のような家財整理専門店であれば廃棄も買取も可能ですので、実際に見積もりを取ってみたら「他社よりトータルで安かった!」ということも多々ございます。

経営者としては全て廃棄にするほうがコスト的には安く、作業員の仕事も減るのですが、なるべく廃棄量を減らし、買取金額を増やすことでご依頼者様の金額的負担を軽くすべく努力を行っております。

再販するにも動作確認や清掃、保管場所などそれなりにコストがかかってしまうの大変は大変です・・・。
不誠実な業者さんだと「売買契約書の控えも渡さない」、「捨てると言ったモノは自分のモノ」と言う考えでネコババして転売してしまう業者さんも多いです。(※格安業者やリサイクル系の業者はこの傾向にありますが全てではありません)

現場から出てきた現金や貴金属など換金性の高いお品は必ず報告しお返し致します。

この業界は狭いので悪い噂話はすぐに広がります。

目先の小さなお金(時には大金も出てきますが)で信用や信頼を失うことはお金の損失よりも痛手が大きいものです。

ところが目先のお金しか目に入らない業者さんというのもどこの業界にも一定数は存在するものです。

そういったおバカな業者さんがいるお陰で弊社がまともな企業と思えるのも哀しいことではありますが、そういうモノですので業者選定は慎重に行うべきでしょう。


ブログ更新頻度も見てみよう!

”会社経営者の顔写真もない”、”ブログやSNSの更新がしばらくない”などでは情報発信をしてご依頼者様に安心して頂くという誠意を感じません。

HPのトップページがいくら綺麗で立派でもそれだけで依頼をするのは危険です。

御存知のようにデザインはプロに依頼すれば、綺麗なモノは出来ます。

ブログなど経営者やスタッフが”自分の言葉”で日々更新している企業を探してみてください。
(ブログ記事代行業者もいるので判断は難しいかもしれませんが、同業者がみれば代行かどうかはわかります)

札幌をはじめ、北海道では情報発信に勤しんでいる企業が少ないことがわかると思います。

是非、色々と見比べてみてください!

社名に掲げる信頼される企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

※4連休中にお見積り依頼の場合はメールではなく直接フリーダイヤルにご連絡下さい。
宜しくお願い致します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。