遺品整理は保険を使うのが当たり前の時代が来るようになる!

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

本日、札幌市厚別区の市営住宅にて弊社も加盟しております(一社)家財整理相談窓口が扱っている「見守っTEL+」という見守りサービスと家財整理の保険対応案件のお片付けを行ってきました。

私が知る限りでは「北海道初」だと思います。

そもそも私が「便利屋-SAPPORO」という個人事業主から「リライブル㈱」と法人化した一つのきっかけにこの家財整理相談窓口への加盟がありました。

今はそれほど厳しい審査はありませんが、当時は厳選な選抜があり加盟が難しかったです。

「業者に選ばれる業者が集まる団体」ということで加盟を断られる業者もたくさんあったほどです。

当団体が発足間もなくから準会員として登録し、今現在、北海道の正会員は弊社のみですし、セミナーなどに定期的に参加しているのも弊社のみです。

本部の方たちが足しげく北海道に通って営業活動をし、保険も地道に活動してようやく芽が出たようです。

今回の保険もご遺族様からお話を聞くと「保険加入は任意」だったそうですが、結果として「良かった!」と言って頂きましたし、これが今後の遺品整理などのスタンダードになることは間違いないでしょう。

ちなみに葬儀費用も含まれておりますので、小さな掛け金で大きな安心とはこのことでしょう。

※一応、家財整理相談窓口のリンクを貼っておきます。


家財整理保険対応案件

今回の現場は、事前にご遺族様がある程度貴重品などがないかチェックをしたうえで弊社にご依頼して頂いております。

 

搬出場所が1階で室内もかなり整理されている状況でしたので4名で2時間ほどで搬出完了。

それでも万が一のために書類等はチェックを行いました。

お部屋が空になったら掃除機かけをおこない、ご遺族様に最終チェックをして頂き問題なく終了。

廃棄物に関してはいつも通り一般廃棄物収集運搬事業許可を持つ札幌市環境事業公社さんに回収に来てもらい終了です。

この許可を持たない業者さんが不用品を持って行くことは違法行為となります。

不用品も混在させて廃棄品ではなく買取品としてトラックに積み込むタイプの業者もいますが、不用品をどのような形で処分をしているのか不透明なことが多く、非常に危険です。

最低でも古物商許可の有無売買契約書の控えを貰うなどはしておいてください。

不法投棄をされた場合は買取されたものかどうかで所有権の有無により罰則を逃れられることが出来るでしょう。


今回の遺品整理にあたりご遺族様の金銭的負担は0です。

ご親族様が亡くなり精神的負担が大きいですから、せめて金銭的負担は軽減出来たら気持ちが前向きになるのではないでしょうか?


そんなに甘い業界ではないですよ・・・

このコロナ禍で観光業や飲食業の方たちは経営が苦しいところも多く、報道されない倒産も出来ない(自主廃業や借金が多く倒産手続きが出来ないレベル)個人事業主や一人親方のような方たちが安易にこの業界に流れ込まないか心配をしております。

すでにこの業界は新規参入をして利益を上げるにはかなり難しくなってきています。

「超高齢化社会で需要が増える」ということは間違いないでしょうが、2割の勝ち組、8割の負け組というのが現状でしょう。

2割の勝ち組は成長し続けますが、負け組に入ったグループは細々と経営するか半年〜1年で撤退という流れです。

まぁ実際にやってみればわかりますが、集客サイトが横行しているせいで低価格競争に巻き込まれたり、安い金額で仕事を受けても苦労をする割に利益が出ないのでツライばかりです。

1人で家族を養う分くらいであればやっていけると思いますが、企業体として社員を雇って税金を払って、事務所の固定費、宣伝広告費など経費を引けば皆さんが思うほどは儲からないと思います。(だから不法投棄や脱税、無保険などのところが多いのです)

本来であれば市場が拡大してくるのであれば、大手有名企業など大資本力をもって参入するはずですが、実は儲からないから大手企業が参入してこないのです。(過去には参入してすぐに撤退していった企業もあります)

弊社はお陰様で北海道各地からお問合せを頂いており、札幌市、江別市は勿論、小樽市や帯広市、釧路市など遠方からもご依頼や見積依頼を頂戴しております。

「安ければどこでもいいんだ」という方よりも「しっかりした会社を選ぶんならやっぱりリライブルさんだ」と言って下さる方のおかげで運営していけております。

一生のうちに何度も遺品整理業者とお付き合いするということはありませんので、そういったときに感じが悪い業者や不正な業者に当たると悲惨です。

遺品整理に関しては、人それぞれ価値感が違いますから押し付けはしませんが「価格で選ぶのか品質で選ぶのか?」に尽きると思います。

ただ、そんなことを書くと「リライブルに依頼するのは高そう・・・」と思うかもしれませんが実際にはそれほど高いわけでもなく、逆位低価格をうたう業者よりも安かったということも多々ございます。

あとは見積担当者との相性もあると思いますがお互いに良い出会いとご縁があれば・・・と思っております。

来週にはお盆期間ということで社員も交代で出勤する形となり、現場は手薄となってしまいますがなんとかこなせるように調整を行っております。

お急ぎの場合は作業は第三週までお待ちして頂く形になりますが、お見積りは随時対応しておりますのでお気軽にご相談下さい。

それでは、暑い日が続きますが体調管理に気をつけてお過ごしください。

社名に掲げる信頼される企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。