札幌市で大量灯油漏洩&ゴミ部屋の片付け作業〜臭いと埃が凄いんです!

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

新型コロナウィルスの話題が収束に向かわず、まだまだかかりそうですね。

自粛ムードで明るい話題もなくゲンナリした雰囲気です。

一日も早く日常に戻ってほしいと願う今日この頃です・・・。

札幌市 灯油漏れ現場

先週に某・管理会社さんからお仕事のご紹介をして頂きました。

事の経緯を伺うと・・・マンションの住人さんから「灯油臭い」というクレームが管理会社に来て、灯油が漏れていたお部屋の点検で発覚したのですが、お部屋に伺うとものすごいゴミ部屋だった!

灯油漏れの修繕をするにもまずはゴミを捨てないといけないので「見積もりをお願いしたい」ということでした。

家庭ごみを産廃として持っていく業者は大丈夫?

ご依頼者様からお話を伺うとお見積りは弊社以外にも1社いたそうですが、「トラックに積んでもっていく」とか「産廃(サンパイ)があるので大丈夫」とかお馬鹿なことを言っていた業者だったようです・・・。

いつもこのブログでも言っていますが、「家庭から排出されるゴミ」は一般廃棄物収集運搬事業許可(一廃/イッパイ)が必要です。

産廃は「経済活動で排出される20種類のゴミ」ですので種類が違う許可なので立派な違法業者さんですね。

「管理会社から依頼されたから経済活動にあたるから産廃でいいんだ」という自分に都合の良いように勝手な解釈をする人もいますが、環境省の見解では「それはダメです」と伺っております!

また家主様は普通の一般家庭の方で俗に言う一般的な生活ゴミですから、事業系一般廃棄物でもなく、紛れもなく”家庭系廃棄物”です。

弊社では各地方自治体から一廃許可を認可された業者さんと連携し、ゴミ収集車で運搬してもらい、そのまま焼却施設や埋立地に持って行ってもらう形式なのでご安心下さい。

【怪しい業者の一例】

①ゴミをトラックに積んでもっていく(札幌市の場合は民間業者には一廃許可を出していません)

②「産廃があるから大丈夫!」と言う業者(何も知らない一般人への説明が不誠実)

③見積書の内容が怪しい(会社のレベルが低い)

これらはかなりの確率で違法業者でどのように処理しているのか不安な業者です。

廃棄方法を公開出来ない業者は怪しい・・・

残念ながら札幌市内は言うに及ばず全国各地でも仕事を取りたいがために格安をうたい法律無視の業者が跋扈していますのでこういった業者には依頼しないようにして下さい。

悪質な業者で不法投棄されてしまった場合は排出者である依頼者さんが、お金を払ったのにも関わらず自分で片づけをしたり、罰金を払ったりしないといけなくなります。

廃棄方法なども方法をホームページやSNSで公開出来ないのは違法行為をしている可能性も視野に入れて考えてください。

世の中には「格安で親切だった」

・・・なんて思っていたら、格安には裏があってとんでもない業者だったなんてこともあります。

ご依頼者様の不安を解消するためにもきちんと”定期的”に情報公開をしていて、そのことを努力をしている企業にご相談下さい。

最近では平気でグーグルの広告欄にトラックパックを掲示している違法業者もいます。

自分がやっている商売方法が「違法と気付かない恐ろしい無知業者」です。

札幌市某所・ゴミ部屋の片づけ作業

さて、作業内容ですが・・・

玄関を開けた瞬間からヤバイ雰囲気が・・・。

平均して腰高くらい、一番高い部分で目線の先にゴミがある状態でした。

2〜3年くらいならゴミもふわっとしているのですが、10年以上踏み固められている玄関はかなりの圧縮率でゴミを切り崩していくだけでも一苦労(-_-;)

今回は”鉄製の熊手”を用意していましたが、これが無ければもっと時間がかかり体力が削られていたところでした。

またこの現場でもフルフェイス型の防毒・防塵マスクが役に立ちました。

たばこの灰や細かい埃などは勿論、灯油臭さも防ぐことが出来ます!

そんなわけで午前8:30〜13:30まで4名で作業を行いました。
※昼から1名追加で最終的には5名。

部屋全体にはまだまだゴミが残っていますが、ご予算の都合でまずは玄関からリビングのストーブがある場所への通路を確保することがミッションだったので目的は達せられました。

導線が確保されたので、出来そうな部分は自分たちで片付けていくそうです。

ちなみに段ボールは130箱、70Lのゴミ袋は20個くらい出来ました。

元々圧縮されている上に灯油を吸っている分、どの段ボール箱も重さが半端ないので腰が痛くなりました。

弊社では札幌市で唯一の一般廃棄物収集運搬事業許可を持つ札幌市環境事業公社さんと連携して廃棄を行っておりますのでご安心下さい。

灯油臭の消臭作業について

とりあえずゴミを片付けるのが今回の弊社のご依頼なので消臭までは行いませんが、かなりの量が漏れていたようで普通のリフォーム業者さんが対応できるかは甚だ疑問です・・・。

特に大量に漏れてしまっている場合は消臭、防臭作業を怠ると後日リフォーム後に臭いが出てくることが多々ございます。

念のため、ご依頼者様にはその旨は伝えましたが、どうなることやら?

灯油は少量で雑巾で拭き取れるような量であれば民間療法でも臭いが気にならないレベルにはなりますが、大量に漏れてしまっている場合は見た目以上に浸透している上に臭いも放置しているだけでは取れません。

柱などの重要な躯体で交換が効かないような場合は特にリフォームだけでは臭いが落ちないことが大半です。

我々も灯油現場は多くの失敗や実験を繰り返し最近では満足のいく施工が出来るようになりましたが、”なんちゃって特殊清掃業者”では装備も知識も経験も不足していますのでかなりレベルが高い消臭作業の部類になるでしょう。

オゾン発生器のスイッチを入れて消えるほど甘いものではありませんので経験不足の業者さんは特に注意してください。

※上記写真は別現場の写真です。

全国的に見ても灯油の消臭が満足に出来るような特殊清掃業者は数社しかありません。

道内では私が尊敬している旭川市の㈱Beクリーン・加藤専務しか知りません。

リライブルは『Beクリーン・特殊清掃札幌支店』と勝手に自称しています(笑)

ゴミ部屋の弊害〜百害あって一利なし

ゴミを溜めておいてよいことは何一つありません。

まずは健康被害!

埃、ハウスダストによる呼吸器系、ダニなどによる皮膚系の病気感染リスクが高まります。

人生で「健康であること」が一番の財産であり、不健康だと生活に制限があったり、医療費などがかかります。

あとはストレス!

これも人間の身体に良い影響を及ぼすとは思えませんよね?


たこ足配線による火災発生の恐れ

今回のお宅でもそうでしたが片づけをしていて、かなり危険な状況だと思いました。

ゴミの下に延長コードが複雑に絡まり、コンセントには埃だらけ、周囲は燃えやすいものが大量に!

更に灯油が漏れているのでいつ火事が起こってもおかしくない状況でした。

住人の方は呑気にしていましたが、ゴミ部屋からの発火で周囲の人に多大な迷惑をかけてしまいます。

こういったお部屋が存在することで安心に安全に生活をしていくことが出来なくなります。

百歩譲って周囲に誰もいないようなところならいざ知らず(基本的にはダメですが)、共同住宅の場合は他人の財産、生命を奪う存在になってしまいます。

「たかがゴミでしょ?」なんて甘く思っていると大変なことになります。

コンセントの隙間や断線で埃に電気が通り発火するというのは珍しくありません(トラッキング現象による火災)

北海道の冬の期間は特に空気が乾燥もして火事が多くなりますので要注意です!!

そのほかにも「人間関係が疎遠になる」とか「虫やねずみが住みつく」など悪いことは多々ありますが、逆に良いことがあったら教えてください。

数多くの汚部屋、ゴミ部屋、ゴミ屋敷を見てきて「良いことなんて無いと断言します!」

「本人がだらしないだけ」というだけでなく、色々な理由でゴミが溜まってしまう状況というのは我々も理解しておりますが、「ここまで来たら自分で片付けられないなぁ・・・」となったら、迷わずプロに依頼してください。

家族や友人にも相談できないという人が多数いらっしゃいますので、そういった方には内密にお片付けも可能です。
(※ブログ掲載は許可を頂いた方のお宅のみ掲載させて頂いておりますので掲載不可の方もたくさんいらっしゃいます。)

風邪になったらお医者さんに診断してもらうように、ゴミ屋敷化したら特殊清掃専門店にご相談下さい。

弊社としては適正に処分する違法業者でなければ、特別に弊社に依頼して頂かなくても結構なのですが、皆さんが不法投棄の犯罪の片棒を担がされたり、騙されたりしないように注意喚起を続けていく意味でもブログは継続していきたいと考えております。

これは自社のみならず特殊清掃業界全体のために考えております。

業界全体が白い目で見られると真面目に経営を続け居ている企業が馬鹿を見て、違法業者が甘い汁を吸うというのが許せないからです。

最後に、ゴミに囲まれて暮らしていて、自信が持てなかった人が部屋を片付けることで前向きになるという事例も多く見てきましたので、一日も早く決断されることを望みます。

もし、部屋が片付いても”精神的に変化がない”という方の場合は何らかの病気が考えられるので専門家医への受診をお奨め致します。

ご相談はまずはメールかお電話にて!

社名に掲げる信頼される企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2020年 3月 11日