北海道NO1の遺品整理ワンストップサービス業者を目指す!

北海道ナンバーワン遺品整理業者 リライブル

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

12月20日に冬のボーナスを社員に渡し、数日後に「そのお金何に使うの?」と弊社社員くぼっち君(『特殊清掃.ASIA』のブログ担当)に聞いたところ「ロードバイクを買おうと思います」というお話をしました。

何気ない会話なのですが、「貯金」とか「普段の給料じゃ生活費が足りないので足しにします。」という返答じゃなかったので経営者としては内心嬉しかったです。

趣味の物にお金をかけれるというのは普段の生活も問題なく送れている証拠ですし、趣味に興じる時間があるということです。

また趣味を通じて買取品の目利きも可能になってきます。

給料待遇が良く、心身が健康、家庭が円満でないと心に余裕が出来ないので、悪い環境下では仕事にも影響が出てきますからね。

かくいう我が家でも長男(中2)がインフルエンザに罹患し、妻が2日間仕事を休んで今日は私が休みをもらいました。

個人事業主だと全てを行わないといけないので仕事を休めませんが、会社組織だとお互いにカバーできるので助かります。

数年後には前途ある若者が「リライブルに入りたい!」と思われるように社内の環境整備・福利厚生の充実には力を入れていこうと思っておりますし、良い人材が集まるから良い仕事が出来るという仕組みづくりを構築していくのが目標です。

そして、そこで得た利益を社会還元できることが良い職場環境造りの循環に繋がるでしょう。

札幌市南区の集合住宅の片付け

さて、久しぶりに作業内容ブログです。

昨日は5階建て集合住宅の遺品整理のご依頼を頂き訪問させて頂きました。

札幌市南区 遺品整理 リライブル

リビングと二部屋でそれほど物量も多くないお部屋でしたので、4名で仕分け、搬出を4時間ほどで終了しました。

鉄や段ボール、紙類は再資源工場へ持ち込み、危険物であるスプレー缶やマッチ、ライターなども見逃さないように分別します。

依頼した業者は物損・損害保険に加入してますか?

冷蔵庫やタンスなど大きい物や重たい物は壁や天井などをぶつけたり、自分が怪我をしたりする恐れがあるので運び出しに慣れた人が行ったほうが安全です。

弊社スタッフは引越し会社経験者やベテランスタッフが多いですし、万が一建物にキズをつけても損害賠償保険に加入しております。

こういった保険に加入していない業者が共用部にキズを付けたりお部屋内でキズをつくりトラブルとなるケースも管理人さんから聞くこともありますので、損害・物損保険加入業者か依頼前に確認した方が良いでしょう。

集客サイトに登録している格安業者ではこういったことはわかりませんが特に大きなマンションでエレベーターや廊下にキズを付けたなどとなると後味が悪いものです。

お部屋からご遺品を搬出後は部屋の掃除機かけ、ベランダ、共用部の掃き掃除をします。

共用部も綺麗にして帰らないといけません。

札幌市で行うトラックパックは違法行為!

搬出後は事前予約をしていた札幌市環境事業公社(一般廃棄物収集運搬事業許可業者)さんにいつも通り回収してもらいました。


車にこの許可証の記載が無い車で不用品を”積む行為”は違法行為となりますので『札幌市内でトラックパックを行っている会社は違法』です。

※一廃許可を持っているのは札幌市環境事業公社のみで民間企業には一切許可が下りていません。

よく聞くのが『うちは産廃許可があるから大丈夫です!』という業者ですが『産業廃棄物収集運搬事業許可』の許可ではそもそも扱う物が違うのでダメです。

もし何も知らずに不用品回収業を行っているのであれば不勉強で不誠実な会社ですのでご依頼は控えて控えてください。

「買取をしているから大丈夫」と言って不用品を積み込む会社も作業代なり運搬代行代なりをご依頼者様が多くお金を支払った場合は”不用品回収前提の買取”となりますので違法行為です。

遺品整理士の資格を持っていてもトラックパックをやっているのはアウトな業者ですが残念ながらホームページを調べると実在しています・・・。

定期的に情報開示している業者さんを選定するようにして下さい。

そもそも、こういったことは万事において信用出来なくなりますから『格安』や『最安値』『他社の見積もりより安くします』、『軽トラパック18000円』などという言葉にもご注意下さい。

買取強化中!

今回のお宅では2層式洗濯機(2016年製)を買取とさせて頂きました。

 

作業代からお値引きという形をとりますが、売買契約書を締結しますので強制的な買取ではありませんし、価値ある物は査定させて頂き、欲しい人へ引き継がせて頂きます。

なんでもかんでも捨てるのは弊社もエコだとは思っていません。

お時間がある方は、過去の買取品や高額査定のコツなどを弊社岸野部長(遺品査定士)が担当している『リライブルの遺品整理』のブログを読んでくださいね。

同業他社さんでも役に立つ情報が掲載されていると思います。

軽トラで引越し作業

また、今回のご依頼で札幌市から千歳市へ「電動ベッドなど数点を運搬して欲しい」ということで弊社保有の軽トラで運搬作業を行いました。

貨物軽自動車運搬事業(俗に言う黒ナンバー)を取得していますのでご安心下さい。

※取得の様子は当ブログ内で紹介中
リライブルは貨物軽自動車運送事業を始めます〜簡単な引っ越しが可能に!


単身引っ越し分くらいなら運搬出来ますので、介護施設に入居する方や病院などに移転される際にも対応可能ですから併せてご用命ください。

相続問題もお気軽に!

あと最後に相続関係でお悩みの方も弊社では弁護士、司法書士、行政書士など士業関係の知り合いも多く『相続ファシリテーター協会』の賛助会員でもあります。

近年は民法の改正もありましたし、複雑化していますので素人の方では対応が難しい案件も増えてきました。

「士業の方と知り合いもいないし、どこに相談したら良いのかわからないで困っている・・・」という方は案外多いです。

また、持ち家や分譲マンションの売買も不動産関係者と知り合いが多いので地元ではなく遠方にお住いの方で「どこか親切な不動産屋さん知りませんか?」といった場合はご紹介も可能です。

「類は友を呼ぶ」というように良い業者は良い業者と繋がっており、悪い業者は悪い業者と繋がるのが一般的です。

最近では弊社に一連でお願いして下さる方も増えてきましたよ。

リライブルは家財整理専門店であり、ただの代行業ではない!

格安不用品処分業者のなかには「ただ不用品になった物を捨てる」というだけだと思っている人もいますが、弊社に依頼することで「付加価値をどれだけご依頼者様に与えられるか?」を常に考えており、足りない部分を少しずつ埋めてきました。

ワンストップサービスをうたうに際し、自社で出来ることや提携業者・知人がかなり充実してきたと自負しております。

ただ安いだけの業者を探している人には弊社のスタイルは合わないかもしれませんが、価格じゃなく良いか悪いかで判断するという方にとっては選択肢のうちの一社に入れて頂けると幸いです。

年末に向けて〜

”会社的”には12月28日から翌年1月5日までお休みとなりますが、緊急案件の場合やお見積りは随時対応させて頂いており、スタッフも交代で勤務しますのでまずはお問合せ、ご相談下さい。

社名に掲げる信頼される企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。