なぜ、弊社に依頼すると「ラッキー」なのか?

こんにちは、家財整理業界の情報公開に努めるリライブル株式会社の鈴木です。

札幌市のマンションでお亡くなりになった方の部屋の片づけ&清掃のご依頼を頂き先日作業完了してきました。

お問合せ電話の段階で「ゴミ部屋状態で嘔吐物が多くて、凄いんですが料金どれくらいになるんでしょうか?」
「50万円位かかりますか?」と大変不安がっていました。

実際に見積もりに現地訪問させて頂き、現場を見ると我々が言うゴミ部屋よりは全然ごみの物量が少なく、「まぁ汚れているけど物量は少ないし、汚れもニオイもそれほど深刻な状態ではないのでかかりませんよ。」とお話をさせて頂きました。

実際には20万円(税別)と提案し「思っていたより全然安かったのでお願いします!」と即決して頂きました。

リフォームが絡むような重篤な現場になると高額になることもありますが、イメージほど「高い!!」とは感じないのではないでしょうか?

え?意外!

全て捨ててもいいとは言わない方がいい

作業開始前にお部屋でご依頼者K様と廃棄品と残す物の確認をして「貴重品やめぼしい物は確認したので”全て捨てても大丈夫”です」とのこと。

「貴重品や現金など換金性の高い物はお返ししますからご安心を」と伝えていましたが「無いと思います(笑)」と引渡し予定時間を伝えて部屋の鍵をお預かりしてK様は退出。

あとは弊社スタッフのみで作業です。

最初に一番目につくリビングの真ん中にあるテーブルの上にあった袋を確認したところ・・・

貰っている給料より多い札束を持つ弊社社員w

開始1分でいきなり現金43万円が入った封筒が見つかりました!

こういうことは時折あります。

前回のブログでも書きましたが心無い業者だとそのまま無断でもらうでしょう。

だって43万円もの大金が領収書なしで頂けるのですから!(←窃盗ですけどね!!)

もし格安業者がこのお金分の利益を稼ぎ出すのに一体どれくらいの手間と時間がかかると思います?

お金がない業者さんや作業員だったら・・・。

皆さんはどう思いますか?

自分だったらどうするかなぁ?

ハウスクリーニング

事前に予約していたパッカー車を待つ間に水回り清掃を行います。

トイレは男性の一人暮らし特有とも言えますが”ちょっとだけ”汚れていました。(汚物が山盛り状態ではないのでセーフ)

若干臭いはします

なぜこういうう〇ちだらけの状態になってしまうのかいつも不思議ですが、この状態に慣れると大丈夫になるもんなんでしょうか?

一見派手に汚れているように見えますがトイレは陶器なので大抵は綺麗になりますのでご安心下さい。

ニオイもしていましたが清掃後は普通に使える状態になっています。

便座も大丈夫でした

また、キッチンや洗面所、お風呂もそれほど汚れてはいなかったのでそれほど大した苦労はしていません。

換気扇も綺麗な状態でした

昼休憩後に札幌市環境事業公社さんに依頼していたパッカー車が到着し不用品を収集してもらいました。

札幌市ではこの車以外に家庭から排出された不用品を積んで持って行ってはいけません。

「産廃、古物許可があるから大丈夫です」って言っている業者さんは誠意のない業者さんですのでご注意下さい。

その理由はこちらの『廃棄方法』をご覧ください。

見積もり時に廃棄方法の説明を行っております

弊社では札幌市に限らず各地方自治体の一般廃の許可を持つ業者さんと連携して廃棄を行っておりますので不法投棄などの心配はありませんのでご安心下さい。

『トラックパック全道対応』なんてうたっているのは完全違法行為ですので何かトラブルが起きたらすぐに逮捕されるでしょうね。

(※よくこんな法令違反の恐ろしいことを堂々とホームページに掲載出来るという神経がわかりません。法律をきちんと理解していないとしか思えません。)

窓ガラスは綺麗にしたほうが良い

その後は引き続き窓ガラス、サンなどを洗います。

作業当日は天気もよく大変気持ちがよかったです。

出窓部分にコバエや汚れが目立ちましたがこれも綺麗になりました。

【作業前】

子バエが多い

 

【作業後】

スッキリ!

北海道は断熱のため一か所の窓に内窓と外窓と合計4枚あるところが大半です。

今回は3か所とベランダに出る窓、写真の出窓と合計5か所ありました。

弊社では外せる窓は外して、サンの掃除を行い、裏表と清掃を行うので結構時間がかかりますが、ガラス清掃をするかしないかで光の入り具合も変わりますし印象は大幅に変わります。

除菌剤散布

最後の床清掃前に空間の除菌を行います。

特殊清掃業者ではおなじみの「フォグマスター」という細かい粒子を出す機械を使用し、薬剤を散布します。

電源が確保できない現場の場合は背負い式の噴霧器を使用しますがプロっぽくないのは否めません。

ニオイがきつくなければこれだけでも結構部屋の印象は変わります。

特殊清掃業者必須のアイテムです

その後、床の掃除を行います。

※ワックスを塗らない場合は最後に除菌剤を散布するのですが、薬剤がワックスの上に載ってしまうと拭き取りの作業が生じ、見た目も良くないので作業手順は変わります。

ポリッシャーとバキューム掃除機も必須

綺麗になった後は、ワックスを一枚だけ塗布しました。

退去清掃なのでここまでする必要は本来ないのでしょうが、床を洗った後はツヤが全くなくなるのでパッと見それほど綺麗になった感じがしません。

【床 清掃前の状態】

一般家庭の状態にしては汚い状態ですね。

掃除機かけしただけの状態

【床 清掃後】

写真ではこれでもきれいに見えますが、肉眼で見るとツヤがなく貧相な床です。

水洗いだけの状態

やはり見た目は大事です!

【床 ワックス塗布後】

1回しか塗っていませんが肌触りも変わります。

どのようなワックスを塗るのかは好みがありますがギラギラがよいのか落ち着いたかんじがいいのかなどワックスは数種類用意しています。

3枚位は塗りたいところです

天気もよく、広さもそれほどないので乾燥も時間がかかりませんのでお奨めです。

なかなか写真では差がわかりにくいのが残念ですが、見た目は全然違います。

ワックスの塗り直し

因みに「ワックスを自分で塗ったけど失敗してやり直したいけどもっと汚くなってしまったのでプロの手で直して欲しい」というご依頼も頂きます。

ホームセンターなどで”誰にでも濡れるワックス”などが販売されているのでそれなりに自分で道具を揃えてやろうという方も多いのですが実は下処理(清掃)がきちんとされていないとワックスを塗っても綺麗にはなりませんし、ワックスを塗る道具もちゃんとしたものを使わないと綺麗には塗れません。

塗装は何でもそうですが、下地作りが9割と言っても過言ではないのではないでしょうか?

場合によっては一部分だけの補修だけではなく全体のワックスの剥離作業(一度ワックスをはがしリセットする作業)が必要になれば家具の移動なども生じますので作業代は高くなります。

ですから、安く仕上げようと思ったら逆に高くつくというパターンの例かもしれません。

そういったご依頼は美装会社、ハウスクリーニング店でも可能ですのでそちらにご相談頂けると幸いです。

現在特殊清掃が忙しく通常清掃の受付は厳しいです

お部屋の引き渡し

床の乾燥を確認し、K様に部屋の引き渡しを行いました。

9時に作業開始して、15時半引渡しです。

「朝の同じ部屋とは思えない!」
「けっこういい部屋だったんですね」と感想を述べられていました。

それは私どもも同感です。

当然、43万円はお返ししています。

弊社に依頼することで作業代以上の現金がきちんと戻り、部屋も綺麗になり大変喜んで頂きました。

ラッキーだと思いませんか?

※そもそもが故人のお金ではあるのですが、心無い業者が行うと返却されなかったかもしれないという意味のラッキーです。

こういった現場から出てくるお金は本当に魔物”で人間性を試されるものだと思います。

心が弱ければ魔が差すことも・・・

◎経営が苦しく、このお金があれば楽になる・・・。

◎このお金があれば欲しい物が買える・・・。

◎全部捨てて大丈夫と言っていたのなら、これは自分が貰ってもいいよなぁ?

そう思ってしまっても不思議ではないのです。

孤独死現場などでは現金が出てくることは珍しいことではありません。

なぜなら、亡くなってしまった本人もいきなり自分が死んでしまうとは思っていないからです。

いくばくかのお金はお部屋に置いておいたり、支払いのために銀行から降ろしていたりとするものです。

うまい話しには裏がある?

そういったお金を狙って、格安で仕事を請け負いたい業者が居ても不思議ではありません。

信頼が一番大切!

そういった業者に不幸にも依頼してしまわないようによくホームページは見てみてください。

特に見るところは・・・

◎経営者がどのような思いでこの仕事を行っているのか?

◎経営者の顔写真は掲載されているか?(やましいことがある人は掲載しないはずです)

◎作業状況などがわかり、ご依頼者にとっても役に立つ情報を発しているか?

◎道具はどのような物を使用しているのか?

などなど・・・

そうは言ってもこの業界にも「SNSなどではいかにもいいことを言っているけど、全く行動が伴っていない、共感が持てないという善人面した人も居ます」ので一概には言えませんが、参考になればと思います。

いずれにしても、悪いことはすぐに広まるもので同業者内でも広まるものです。

弊社は目先の利益も大事ではありますが、永い目で見れば『一番の財産は信頼』だと考えております。

信頼が更にお仕事(お金)を呼ぶので、良い道具、良い人材、良い環境と整えることが可能になり好循環になると考えております。

信頼を失えば全てを失ってしまいます

今現在の家財整理業界の潮流では「価格が安いことが正義」とされていますが、それでは今後ますます増えていくであろう特殊清掃業や家財整理の人材育成が出来ません。

若者が「自分もこの業界に入り人の役に立つ仕事がしたい!」と希望しても給料が安く福利厚生もしっかりしていない、志もない企業や個人事業主では将来に希望が持てず、良い人材が集まることはないでしょう。

なんでも目先の便利、格安などに流れていくと将来的には困ってしまうことになるのではないかと危惧しています。

自分の代だけでなく、次世代にも知識や技術、志の継承を考えて行動している企業を選んで頂けると幸いです。

社名に掲げる信頼される(Reliable)企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。