何事も基礎、地盤が大切!

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

今日は個人的にお仕事をお休みして自宅兼事務所横にガレージを作るのに業者さんに見積もりにきてもらいました。(1か月前から依頼していました)

(ちょうどタイミング良くというか娘の体調が悪く保育園を休んだので一緒に過ごしました。)

ハイエースが縦2台分入るくらいの長さのガレージ兼道具置き場です。

長さ12M、幅3.5M、高さは基礎を作るのでどれくらいになるわかりませんがハイルーフ2.3M以上無いと入りませんから結構大きなガレージです。

本来は我が家の裏の土地を購入していたのでそちらに建てる予定だったのですが、両親の家を建てたためしばらく延期になっていました。

他社さんでは5百万円くらいと見積書を頂きましたが、一社では比較検討が出来ないので知人の紹介の業者さんに今日は来てもらいました。

しっかりした仕事をしてほしい、そのためにはそれなりの対価が必要

「価格がかかるものについてはかかるだろし、作ったのはいいけど地盤が歪むような施工はイヤだ」というお話をさせて頂きました。

「予算ありき」というよりは、施工をしっかりして頂いた上で金額を算出してほしいという願いです。

これはどのような仕事でもそうですが、価格から入ってしまうと後々失敗することが多いと思うのです。

壊れたものを直す労力やお金もそうですが直すために費やす時間を考えると、初めからトータルでしっかりした物を作ることが大事だと思っています。

精神的にもイヤな思いをします。

また、仕事をするからには材料費がかかるのは当然のことですし、人件費などを考え利益が無いといけません。

価格を無理に下げるということはそれなりにどこかで「手抜き」や「妥協」が入るのは間違いありません。

会社を経営する立場になるとわかりますが、「そりゃ無理でしょ?」という金額を出される方が心配になってしまいます。

「赤字でもいいから・・・」というのはダメです。

ボランティアの場合は無償ですし、仕事でやるなら利益を出さないような仕事は受けるべきではありません。

また、建築物に限らず何事も地盤・基礎が大事だと思います。

ここが手抜きだと全てが歪みます。

これは人間にも言えることで「基礎」というのは「人格」に置き換えることができるかもしれません。

たとえ「商才」があっても「人格」が悪ければ一時的にはお金を稼ぐことが出来ても、最終的には失うのではないかと私は考えております。

平家物語の「驕れる者も久しからず ただ春の夜の前の夢の如し」です。

家財整理や特殊清掃業界へ参入される方の勘違い

よくこの業界は「人の役に立ちたい」「人のためになりたい」ということで参入する方も多いです。

「志」としては結構なことだと思いますし、私も基本的にそうです。

基本的にというのは、この「志」+「実益」を兼ねないといけないということです。

ボランティアではないのでどのように経営戦略をもって利益確保をするかを考えていない方が多いように思われます。

過去、4回にわたり遺品整理士認定協会さん主催の遺品整理士養成現場セミナー講師を務めさせて頂きましたが、「あなたのプランでは無理でしょうね・・・」という方が大勢いました。

大金をはたいて現場研修に来ても実際に起業する方も僅かですし、その後活躍されている方はさらに少数です。

仕事の依頼がバンバン来れば良いですが、そもそも毎月継続してご依頼を頂けるようになるまでには、どのように生活していくのかを考える必要があります。

貯蓄を切り崩していくことになるとしてもその期間はどれくらいを考えているのか?

意外に見通しが甘い方が多いです。

皆さん勘違いされているのは超高齢化社会、多死社会、孤独死問題と話題になっているのですぐにお仕事があると思っている方、また遺品整理士の資格をとれば協会で仕事を斡旋、紹介してくれると思っている方・・・

下記の写真のように「激甘です!!」

実績や信頼のないところに仕事の紹介はされませんし、HPを立ち上げてもすぐに大型案件の依頼などは皆無です。

全くの新規で一からスタートする方は相当気合を入れる覚悟が必要です。

新規事業で立ち上げようと思っている方は今のお取引先と連携を図れるようなお仕事なら可能性大ですが本業が儲かっていないから流行りの業態に手を出すという半端な気持ちでは無理でしょう。

いずれにしても、現在の家財整理・特殊清掃業界も発展期を過ぎ、熟成期に移行してきていますので実績のある企業と戦うにはどのようにすれば良いのか?

「自分の武器」をよく吟味して戦略を練ることが大切だと思います。

それが「価格しかない」のなら間違いだと思いますよ。

イケイケドンドンの会社はどうでしょうか?

では、「実益」の部分に目を向けた場合はどうでしょう?

単純にビジネスだけの面に特化して、宣伝広告をバンバン出して知名度を上げ、人海戦術で営業もして、今ある人脈をフル活用してバンバン依頼をこなす・・・。

でも、そこにご遺族に対する「想い」などは一切なくビジネスライクなお付き合いです。

やはり「志」が無い方だとそういった部分はご遺族に見透かされてしまうことになります。

この業界はただの不用品処分・不用品処分とは違います。

実際に全国各地で現在活躍している企業のトップは「志」が高い方が多いです。

逆に一時流行りの頃、もしくはブームの前に起業・拡大したところはどうでしょうか?

かなりの数の業者が廃業、もしくは売上ダウンしていると思います。

敢えてここでは社名は出しませんが、あまり良い噂は聞きません。

創業期はイケイケドンドンなカリスマ型トップが生まれますが、違法行為には目をつむり、社内環境を整えず社員教育がなっていなかったり、「地盤」がきちんとされておらず、時流にたまたま乗れたラッキーがあったのではないでしょうか?

目先の利益だけでなく、社会貢献、社会福祉、行政との連携などもっと長期戦略的な視野が必要となってきます。

今後のビジネスの世界では「1強とその他大勢」という社会構図が生まれるという見方がされています。

仕事の依頼が来るところは絶えず勝ち続け、資産も増え、資材も良い物を取りそろえ、質の良いサービスを提供することが出来る、優秀な人材が集まる。

その一強から外れた企業はその強い会社のおこぼれを貰うか、細々と続けていくという理論です。

確かにそのような時代がくるかもしれません。

数年後のことはわかりませんが、この業界で生き残って行けるように日々精進して参ります。

「仕事は価格ではなく質だよ」とこのような考えにご賛同して頂ける方からのご相談、ご依頼をお待ちしております。

ただ価格もどれくらいなの?というのが一律で掲示出来ないのもこの業界の特色です。

まずは興味をもって頂きましたらご相談のお電話からお願い致します。

社名に掲げる信頼される企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。