北海道で遺品整理士育成の講師を務めさせていただきました

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

昨日は遺品整理士認定協会主催の遺品整理士現場セミナーが行われました。
北海道の現場セミナー講師は今回で三回目となります。

セミナー講師をするにあたって

「同業他社を教えて商売敵を増やしてどうすんの!?」と思われる方も多いと思いますが、私はそんなせこい考えは持っておりません。

閉鎖的な業界でもありますから、なかなか教えない、教えたがらない業者が大半です。

俺は群れずに「孤高を貫く!」というのであればそれはそれで良いと思いますが、ただそういった「自分だけが良ければ良い」という方は一時的には儲かるかもしれませんが、永続的には続かないと思うのです。

閉鎖的だと「良縁」が続かないからです。

商売は人との出会いや繋がりが大切だと私は思っています。

「良い業者」が依り良い業界を作っていかなければ自社の成長もないと思っております。

私は過去に色々な仕事や職種を体験してきましたが、この仕事が好きです!

ご依頼者から直接、「感謝をされる仕事」がいかに素晴らしいかを体験して頂きたいと思っています。

現場での実地体験

北海道から4名、埼玉県、千葉県、愛知県、鹿児島県と他県から4名、合計8名での研修でした。

朝9時から夜7時までと長丁場で慣れない仕事で皆さん疲れたことと思います。
かくいう講師を務めさせていただいた私もぐったりです・・・。

少し経験がある方、全く経験がない方、それぞれ前職や職種が違う方が集ました。

見積方法、仕分、搬出などのお話をさせて頂きましたが、実践的なことは場数を踏まないとわからないことが多々ございます。

恐らく私が言ったことの大半は忘れているのではないかと思います(笑)
(セミナーってそんなもんです。)

でも、自分で遺品整理の現場を請け負った時に少しでも「あの時、こんなこと言っていたな」と少しでも思い出して頂ければ幸いです。

「丁寧な仕事」を具体的にするにはどうすればよいのか?

どうすれば「信用」を得ることが出来るのか?

どんなに良い仕事をするとしてもお問合せやご依頼がなければ発揮する場がないということをお話させて頂きました。

「集客」が出来ない業者はたとえ強い「想い」があっても結局、続きません。

※「集客」という言葉はあまり好きではありませんが、一般的にわかりやすい言葉を使用しております。
また、現在の遺品整理業界は各地方で有名企業が台頭してきていますので、その地域で戦うとなれば相当の努力が必要となります。

思いつくようなサービスは殆どの業者がとりいれていますので、後発の会社はどこで勝負するのか?

人員や技術も道具も現レベルにたどり着くにはどうすれば良いのか?

武器が「低価格」だけではいずれジリ貧になることは目に見えています。

消臭機材について

遺品整理と特殊清掃を一貫して行える企業が全国的に見ても伸びています。

簡単ではありますが消臭機材の説明をさせて頂きました。

本格的に勉強したい方は『一般社団法人 日本除菌脱臭サービス協会』の加盟をお奨め致します。

この分野はまだまだ成長過程であり、習得が大変難しいです。

より多くの現場を体験し、試行錯誤を繰り返しながら行う事で技術が向上していきます。

その技術や経験はすぐに得られることが出来ないので差別化が図れます。

北海道でも本格的に出来る企業はまだまだ少ないのが現状です。

かくいう当社も日々研究中でありますが、確実に実績数が増えてきております。

遺品整理に海外輸出、海外リユースは不可欠

今回は「海外リユース品」が多く、廃棄品が比較的少ないお宅でしたが札幌市環境事業公社さんにも来て頂きパッカー車で廃棄する場も体験して頂きました。

遺品整理、生前整理において海外リユース業者との連携は必須です。

今回はその海外リユースも行っている「遺品整理まごころ」の山元氏にも参加協力して頂きました。
ご協力ありがとうございました。


各地方自治体で廃棄方法は違いますので地元に戻ったらしっかり確認して、正しい方法で廃棄を行って頂きたいです。

座学

その後、会場を移し、セミナーの振り返りということで座学です。

現場セミナーで疲れた方が多いので、なるべく砕けた感じでお話をさせて頂きました。

真剣に聞いていて質問してくる方、きちんと一生懸命メモを取る方、眠そうにしている方・・・それぞれでしたが、質問があれば応えられる範囲でお答えしますので講習参加者はご連絡下さい。

一昔前の遺品整理ブームと違って、誰でも彼でも起業して成功するような甘い時代ではなくなっています!

参加者の多くが経営者であったりそれに準ずる方達ばかりでしたので現代の職種や人脈を活かしていくのが一番の近道でしょう。

また、遺品整理業と不用品処分業者は違います。

何が違うのか?

これを各自でよく理解しないといけません。

格安でバンバン仕事をこなす疲れる毎日か、丁寧な仕事を評価して感謝される仕事をするのか?

この進む道を間違えると軌道修正するのは難しいです。

自分が幸せでないのに、他人を幸せにすることが出来るでしょうか?

「仕事の本質」をよく考えて経営戦略を考えて頂きたいと思います。

いずれにしても、法令順守で地域に貢献して頂ける企業が育つことを楽しみにしております。

今日は千歳市で引き続き、遺品整理士認定協会主催の営業セミナーがあります。

良い出会いがあればと期待しております!

最後に現場提供をして頂きましたY様、ご協力誠にありがとうございました。
この場を借りて御礼申し上げます。
引き渡しは今月中となりますが今しばらくお待ちください。

信頼させる企業を目指す!リライブル株式会社
0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。