当社にご依頼頂く方は、女性で〇〇〇の方が多い

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

3年ぶりの平日のバレンタインデーというニュースをやっていましたが、当社は全く恩恵も影響もなく、心躍るようなイベントでもありませんが皆様、甘~い夜をお過ごしでしょうか?

さて、今日は札幌市白石区の1LKアパートのお部屋片づけでした。

汚部屋と呼ぶほど汚れているわけではありませんので、あえて言うなら「片付け下手さんのお部屋」というところでしょうか?


床に散乱している不用品を処分して、その後に部屋各所の清掃です。

窓ガラス、台所、換気扇、トイレ、お風呂、洗面所、玄関、床
建具、家具、家電・・・全体の清掃です。

当社がいつも行っているようなゴミ部屋、汚部屋のように完全汚染されているような箇所がないので比較的作業も早く終了しました。

これが作業後です。

ごちゃっとしていた部屋からすっきり、大変シンプルになりました。

物があるから心が豊かになるというわけではありません。

物が溢れていることでそれがストレスになることもございます。

仕事から疲れて帰ってきた身体と心を休める場所になって欲しいと願っております。

女性スタッフについて

本日の作業は男性スタッフ2名、女性スタッフも2名参加し合計4名での作業となりました。

基本的には男性スタッフのみでの作業が多いですが、女性スタッフ希望の場合は追加も出来ます。

ただし、日程調整をしないといけませんので急なご依頼の場合や女性スタッフの調整がご希望日と合わない場合は受けられませので予めご了承下さい。

また女性のみのチームで作業は行えません
ですが、「男性に部屋を見られたくない」、「洋服を一緒にたたんで欲しい」、「下着など触られたくない」などの場面も想定されますのでまずは「女性スタッフ用意出来ますか?」とご相談下さい。

最近、私が思う事

当社にご依頼頂く客層はどのような人が多いのか?

【男女構成比】
男性が2割、女性が8割

【年齢層】
20代~50代

こうしてみると、働く女性”の方からのご依頼が当社は多いと思います。

皆さん、仕事でのストレスを抱えているのか?と思う方ばかりです。

では「外見はどうか?」といいますと、普通の方ばかりで特別変な方はいません。

一昔前は、痴呆症、認知症になってしまった高齢者やセルフ・ネグレスト状態のやさぐれた老人からのご依頼が多かったですし、ひきこもりのような見るからにヤバい人もいましたが、本当に職場で会えばゴミ部屋の住人とは思えない人たちばかりです。

ご依頼が多い職種ベスト3

では、実際にどのような職業の方達が多いのか?

3位 お堅い仕事の方

銀行員、保険外交員の民間企業、役場、市役所などの公務員さんも意外に多いです。

基本的に勉強家が多いので参考書や小説などの単行本、雑誌などが多いですが、「ほとんど読んでいないでしょ?」というくらい山積みになっていますが本は重量があり処分するのに女性だけでは大変です。
資料などの紙が多いのも特徴かと思います。

2位 夜の水商売の方

これは深夜まで飲酒して、昼近くまで寝ているのでごみを出す時間に間に合わないのでドンドン溜まるという方達も圧倒的に多いです。

すすきの近辺である札幌市中央区南〇条西〇丁目からのご依頼はとても多いです。

収入も比較的あるので(無い人もいるが)化粧品やブランド品、洋服などが多く通販で購入した空段ボールが山積みという部屋も。
酒瓶、ビール缶、ペットボトルなども多いですね。

1位 介護士、看護師さん

夜勤もあり勤務体系が不定。
人の命、健康に携わるプレッシャー。
人と接することの多い職業であり、ストレス過多の職業の花形と思われます。

「他人の世話をしている場合じゃないでしょ!」と思わず突っ込みたくなりますが、真面目な方が多いのでしょう。
ゴミ部屋になってしまって、それを解決できずに悩んでしまっている自分を許せないようです。

総評ですが、当社にご依頼して頂く方は共通して言えるのは基本的には「頭が良い方」も多いと思います。
業者選びで当社を選択し、過去のブログを詳しく読んでくださって依頼を決めて頂く方が大半です。
「価格だけ」で選んでいないということもあり、大変ありがたく思っております。

【当社の特殊清掃専用サイトである『特殊清掃.ASIA』も是非ご覧ください。】

早く、汚部屋からお部屋へリセットして頂くことを願っております。

ただ、汚部屋の住人は残念ながらこれからも慢性的に増加していくのではないかと考えています。

【理由として】

晩婚化、離婚率の増加、シングルマザーの増加により、仕事、家事の両立が大変で子どもへの教育時間が減る。

部屋を片づけるように指導する、服をたたむ、ゴミの分別方法、掃除の仕方などを教えている心理的・時間的余裕がない。

仕事が忙しく、部屋の片づけが滞ってくる。
(スマホ・SMSの普及により、それらをいじっている時間が長くなり片付けや清掃の時間は短くなる)

子どもは汚れている状態が当たり前の状況と思う。

子どもが成人し、一人暮らしをしたときに自分も汚部屋になってしまう。

世間を見れば楽に物が手に入る環境がそろっている(コンビニ、ネット通販、デリバリーサービスなど)

それに比例してごみはどんどん増えていく・・・。

ですから、ゴミ部屋を片づける特殊清掃業者が社会のためにも必要!

病気になったら病院に行くように、汚部屋になったら特殊清掃業者へご相談を!

ご相談、お見積りは基本的に無料です!(遠方の場合は出張料が必要な場合あり)
0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。