特殊清掃をしていると得られるモノ

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

昨日、今日とで札幌市内某所のアパートの事件現場の清掃を行いました。

詳細を掲載することは避けますが、ご遺族の方が遠方のため、電話とメールでのやりとりで直接顔を会わすことはありませんでしたが、作業前にアパートの鍵を郵送してもらい、作業料金をお振込み頂き、清掃、消臭、遺品整理、遺品の郵送までを行い管理会社への引き渡しを終了致しました。

遠方にお住まいの方は何度も現地に足を運ばなくてもお任せ頂けます。

ただそのためには当社を信頼して頂かないといけません。

例えば、高価な物が出てきた、貴金属が出てきた、貴重品が出てきたなどそのまま猫ババしてしまう業者さんも残念ながらいるようです。

ですから、すべてを任せて頂くことが大前提となります。

今回、当社にご依頼して頂いたY様からはアパートの鍵と一緒にこういったお手紙を頂きました。
%e3%83%aa%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96%e3%83%ab%e3%80%80%e6%89%8b%e7%b4%99
こういった気持ちに応えることが当社の喜びであり、使命であります!

作業内容について

冷蔵庫の中も電気が切れていたので小さい虫が大量発生しておりましたが、綺麗に清掃すれば問題なしです。
%e3%83%aa%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96%e3%83%ab%e3%80%80%e5%86%b7%e8%94%b5%e5%ba%ab%e3%80%80%e4%bd%9c%e6%a5%ad%e5%89%8d %e3%83%aa%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96%e3%83%ab%e3%80%80%e5%86%b7%e8%94%b5%e5%ba%ab%e3%80%80%e4%bd%9c%e6%a5%ad%e5%be%8c
清掃に関しては、お風呂がメインでしたが、体液が残っており、ウジの死骸や匂いもなかなかの物でした。

直接の映像はちょっとえぐいのでボカしております。
(苦手な方はここから下はご遠慮ください)

慣れているとはいえ防臭マスクがないと吐き気をもよおすレベルです。

作業前

%e3%83%aa%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96%e3%83%ab%e3%80%80%e4%ba%8b%e4%bb%b6%e7%8f%be%e5%a0%b4%e3%80%80%e3%81%8a%e9%a2%a8%e5%91%82%e3%80%80%e4%bd%9c%e6%a5%ad%e5%89%8d

作業後
%e3%83%aa%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96%e3%83%ab%e3%80%80%e4%ba%8b%e4%bb%b6%e7%8f%be%e5%a0%b4%e3%80%80%e3%81%8a%e9%a2%a8%e5%91%82%e3%80%80%e4%bd%9c%e6%a5%ad%e5%be%8c
はっきりと下半身のシルエットが残っており、ジーンズのポケット部分もハッキリわかるくらい青色が床に染みついていました。

見積もり段階で取れないかもしれないという事はご遺族様に伝えていると共に管理会社の保険対応でお風呂場全面交換になるのでここまでの作業となります。

その後、消臭剤を散布してオゾン消臭作業です。
写真ではお風呂に向かってオゾンを発生させていますが、リビング部分も同様に行っております。
%e3%83%aa%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96%e3%83%ab%e3%80%80%e4%ba%8b%e4%bb%b6%e7%8f%be%e5%a0%b4%e6%b6%88%e8%87%ad%e4%b8%ad
1日タイマーセットしておいたのですが、なかなか消臭しきれていませんでした。
やはり匂いの発生源を取り除かないと根本的な解決にはなりません。

ただ、防臭マスクをしなくても呼吸が出来るレベルではありますし、管理会社さん立ち合いのもとOKを頂きました。
この黄色い機械は1日で匂いをかなり減臭させることが得意です。

ハエやウジだらけで清掃も消臭作業もしないままだと引き渡しはOKにならない可能性は大いにあります。

根性を出せばご自身で清掃することも可能でしょうが、私はお奨めは致しません!

当然予算があってのことでしょうが、特に肉親が亡くなった現場は後日、PTSD(心的外傷後ストレス)となる可能性があります。
それがもとでうつ病などの精神病を発症させて仕事に支障を来たす、家族間がぎくしゃくするなどになっては意味がありません。

それならばプロに依頼したほうが、確実ですし、後々後遺症に悩むことはございません。

特殊清掃は専門道具や知識が必要です。

この仕事はお金が儲かるからという理由だけでは続けていくことは困難でしょうし、信頼を得られない業者であれば、依頼が来ませんので経営を続けていくことは出来ません。

経営を続けていけないということは技術や経験の蓄積になりませんし、利益が発生しなければ日々の自転車操業で苦しくなり新しい機械の導入や研修などに参加することが出来ないので結局ご依頼が来なくなります。

困っている人の役に立ちたい!
解決して喜んで頂きたい!

それが結果として収入にも繋がるというのであればなおさら良いでしょう。

熱い「想い」や「志」がなくても特殊清掃は出来るでしょうが、精神的に辛くなるのではないかと思います。
逆に感情もなくマシンのように淡々と仕事をこなすタイプの方もいらっしゃいますが、精神的に持つのかちょっと心配になりますね。

人生について思う事

私も日々、こういった「死にまつわる現場」に携わると、ベッドに入り寝て、朝起きたときに「今日も死なずに目が覚められた~」と感謝することが多くなりました。

「死」に近い仕事であればあるほど、「生きているだけで感謝!」ということに気づきます。
まして、健康で、仕事が出来て、仲間がいて、生活に困らない収入があるので幸せです。

病気や経済苦など色々辛いこともあるでしょうが、自らが招いたことであったり、それが乗り越えられる試練だと思って立ち向かう人と、もうダメだ~と投げやりになる人では大きな差が出来ます。

人生は「選択」と「決断」の連続です。
どう選ぶかによって結果が大きく異なります。
自分で決めた選択が正しいのかは自分が最期を迎えたときに後悔することがないか?ということが基準でしょう。

家族が悪い、生まれた環境が悪い、病気が悪い、景気が悪いなどを言ったところで意味がありません。
いつの時代も人の営みは変わりません。

ただ、「日本に生まれただけでラッキー♪」と思えばどうでしょう?

日々、食べ物を確保するのに困難な国、戦争ばかりの国、水がない国、暑すぎる国、寒すぎる国、職業選択の自由が全くない国・・・具体的にどこの国とは言いませんが日本はなんだかんだ言っても他国から見れば恵まれた素晴らしい国です。

人は生きているだけでさまざまな苦しみもありますが、苦しみがあるからより一層の楽しみや喜びがあると思うのです。
何もピンチもトラブルもない平坦な人生なんて面白いでしょうか?

生まれた瞬間から人は「死」に向かって歩き出します。

RPGのように問題解決するためにはどうすればよいのか?と苦境も楽しんでいけるといいのですね。

私は今の職業はとても肌に合っていると思っています。

特殊清掃は気持ち悪い、臭い現場が多いので、これらが好きという”変態”ではありませんが、苦しみの後に喜びがあることを知っているから頑張れるものです。

死んだ気になればなんだって出来る!
生きたくても生きられない人もいる!
そういった気概で日々頑張っていきましょう!

最後にきちんとまとまったかわかりませんが、長文にお付き合い頂きありがとうございました。

お悩み事がございましたら是非、下記までご相談下さい。
特殊清掃、家財整理専門店
0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。