6月下旬~8月上旬はお陰様をもちまして忙しくさせてもらいました

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

お盆期間中はすっかりお休みをさせて頂き、リフレッシュすることが出来ました。

実家の墓参りも無事済ませ、次の日には南幌のリバーサイドで車中泊のキャンプをして、円山動物園の夜の動物園に行ったりとしていました。
墓参り

遺品整理の仕事に携わる前は仕事も忙しく、ご先祖様を顧みる時間も無かったのですが、自分が今在るのもご先祖様のお陰と感謝しております。

私の祖父は10歳前後で炭鉱で働き、一家を支えていたという話を葬式の時に聞きました。
体が弱い曾祖父は仕事ができずに酒浸りだったそうです。
そんな状態で、しかも大の大人でも辛い炭鉱の仕事をしていたと聞くととてもじゃないですが自分は敵わないと思います。
今では法律の問題もあり子供が危険な場所で働くということが出来ませんが、祖父の頑張りがなければ鈴木家は破滅していたかもしれません。
そう考えると偉大な祖父に「感謝・感謝」です!

昨年はお盆期間中も忙しくしていましたが、今年は「6月下旬から8月上旬まで仕事を頑張って、お盆期間中は休む!」と決めていましたので計画通りです。

2016年下半期も頑張っていきたいと思います。

下半期へ向けて

お盆休み中、本を読む時間も作れました。(普段から細切れには本は読んでいましたが)

結構、偉人の話や自己啓発系の本は読むのですがそこに共通されていることは、

1、「感謝」・「謙虚」・「向上心」の気持ちを忘れない

全く異論はないです。その通りですが、今後忘れないようにしなくてはなりません。

2、トイレを綺麗にするとお金持ちになれる

特殊清掃の業界に身を置いているので、自分でも特に汚いトイレを清掃することがあるので実感します。
まだお金持ちといえるレベルでは到底ありませんが、そういった感覚はわかってきました。
汚れたトイレを綺麗にするのは、自分でも気持ちが良いので是非ご依頼頂きたいものです。(変態ではありません)

3、自分だけが良ければよいという考えではなく、全体が良くなるような考えをもつ

ここ最近では自分さえが良ければよいという考えの人が多くなってきたと思います。

個人の話をすればクレーマー体質の方などはその典型でしょう。
自分の要求・不満をぶつけるだけぶつけて自分に全く非がないと思う有様、”言った者勝ち”のような風潮は人の生き方として美しくないと思います。

こういった方とはお金を貰ってもお付き合いしたくないものです。

法人の場合も、自社だけはお金を儲けて下請け業者や労働者に負担を多くかけるようなやり口は好きではありません。
一時的に大金を手にすること可能かもしれませんが、永続的に続けていくことは不可能なことは歴史が証明しています。

利益重視に走るあまりにルール違反をしてしまう企業も多く「正しい商い」、誰かの役に立つ商売でないと続けることは出来せん。

社会に必要とされる仕事か?
また、信用に足る企業であるか?
自問自答しながら道を外さないように致します。

今回のブログ内容な業務とあまり関係のない話でしたが、特殊清掃、遺品整理などの家財整理に関するご相談は下記までご連絡下さい。

ご相談、お見積もりは無料です。
フリーダイヤル:0120-669-920

当社運営の特殊清掃の専門サイト:『特殊清掃.ASIA』は全国的にもアクセス数が伸びているサイトです。
お時間がございましたらコチラもご訪問下さいませ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。