札幌市西区で遺品整理後のお客様から清掃依頼がありました。

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

今日は以前、お母さまの遺品整理でお伺いさせて頂いた札幌市西区のお客様からの再依頼でお部屋の清掃を行いました。

以前、当ブログでも紹介させて頂き業務提携している「便利屋アイウィル」さんも一緒に作業です。

玄関のタイル清掃があったことと「ポリッシャー」を使用したことがないということでしたので研修を兼ねております。

美装会社の人にすると毎日触っているので簡単ですが、一度も触ったことがない場合は難しいですよ。
上手になるには、いっぱい触って慣れるしかないです。

当社は効率が良くなると思う清掃道具は多少高くても購入するようにしていますので、「これは実際どうなの?」っていうモノも現場でご紹介できるかもしれません。
ポリッシャー研修 リライブル
また、私どもで使用している道具とは別に「これ使ったことあります?」とお互いに使用している清掃道具や清掃方法について情報交換ができるので当社としても大変メリットがあります。

「清掃は化学」ですから、こういった種類の汚れにはこういった洗剤や道具が有効という知識があるかないかで
素早く・より綺麗になるかならないかが決まります。

例を申しますと、有名な”サンポール”はその名の通り酸性なのでトイレなどの尿汚れを落とすことには大変効果を発揮しますが、においを落とす面では使用すると逆に強くなる傾向があります。

実はトイレのにおいの主成分は「アンモニア」だと思っている方が大半ですが、尿に含まれている「フェニル酢酸」という物質が主成分です。
(余談ですが「乾燥した人尿」は「ハチミツのにおい」と似ているといわれていますが物質を分析するとフェニル酢酸が多く含まれているのです。)

酸性のにおいの物質に酸性の洗剤をかけると臭気が増してしまいます。
消臭の場合は逆のアルカリ性消臭剤を使用しなくてはなりません。

これは化学的に実証されています。

日々勉強が必要だと思っていますから生きた勉強をもっとしたいと思います。

前日のブログに記載した通り「同志」が増えると出来る仕事も増えますのでメリットだらけです。
来週はまた別のNPOさんと連携して遺品整理作業を予定しております。

今の時代、ネットで調べるとたいていのことはわかる世の中ですが、「現場を体験する」「技術を習得する」には実際にやらないと習得できません。
ネットで調べた情報だけでは出来る気になるのはいいですが、何も進歩しません。
見るのとやるのとでは天地の開きがあるものです。

ビジネスは人と人とのつながりです。
良縁が続いて輪が広がっていくと仕事もそうですが、人生も豊かになりますね。

いくらSNSが進歩しても、やはり直接会って会話して、一緒に作業した仲間は「同じ釜を食らった仲間」のような関係になりますから一気に信頼関係が築けます。

「遺品整理や特殊清掃はやる気はあるけどやり方がわからない」「今後、遺品整理業界に身を投じたい」という方は当社までご連絡ください。親身になってご相談に乗らせて頂きます。
おそらく、一人で長い間悩むよりも、すぐに解決する場合がありますよ♪

0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。