全道対応しています〜鹿追町でゴミ部屋の片づけ作業!

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

2泊3日で鹿追町のお部屋の片づけに行って参りました。

実は、リピーター様で4年ぶりのご依頼となります。(前回のブログはこちら

1年くらいは美観を維持していたらしいですが、その後また生活リズムが狂ってしまったそうで、「申し訳ないです」と反省しておりました。

汚部屋が”再発”しないことは大事ですが、ど〜うしてもリバースしてしまう人もいます。

生活習慣や生活スタイルによってもですが、元々の脳の構造でそうなってしまう方も現代社会では多いようです。

とある研究では整理整頓されていない部屋に住んでいる方が「クリエィティブな発想」を持つことが多いと言われています。

芸術家や医師、経営者など独創的だったり、先進的な考えを持つ人がそうなるのか、そういった環境にあるからクリエィティブなのかどちらが先なのかわかりませんが、一応、ポジティブな言い方をすれば有用なこともあるようです。

・・・とは言えどもやはり健康的に生活するとなると支障が出てきますので綺麗にしておくことの方がメリットがあるように感じますけどね。

ゴミ部屋住人さんの中には他社さんに依頼する方も多いのですが、弊社に再度ご連絡頂いたことは素直に嬉しく思います。

G様、ありがとうございます。


鹿追町のゴミ部屋片付け!

さて、作業現場のお話ですが、前回よりもゴミの量はパワーアップしておりゴミの量は2倍ほどになっていました!

とにかくこのゴミをまとめることからスタートなのですが、不幸中の幸いで鹿追町は年内までは”埋め立て地が使用可能”ということである程度の混載でも廃棄可能ということでした。

通常だと可燃ごみ、不燃ごみ、資源ごみ、危険物くらいには分別するのですが、今回は危険物(電池やスプレー缶など)以外は混載でもOKでした。

重量で廃棄代が変わるのでペットボトルの中身は捨てていたのですが、時間がかかり過ぎたので途中で断念しました。


今回はゴミ袋に入れて回収するスタイルなのですが70Lのゴミ袋で約150袋ほどの量です。

地方によっては段ボール梱包がダメなところもあります。(資源ごみになるため)

ですから、お住いの地域によって『段ボール梱包』と『ゴミ袋梱包』とやり方が異なる地域があります。

袋に詰めた状態(一部です)

ゴミの搬出が終了後は、地元の一廃許可業者さんに回収してもらいます。

弊社ではトラックパックは行っておりませんので、ちゃんと各地方自治体で許可を取った地元業者さんと連携し、廃棄を行っておりますので不法投棄などの心配はありませんのでご安心下さい!

パッカー車で回収か、平トラックで回収かも各地方で違います


片付け後の清掃

片付け後はハウスクリーニングに入ります。

【風呂場】

風呂場は水垢が凄く、久保田主任が頑張ってくれました。

彼は清掃面で研究熱心な一面もあり、綺麗になっている上に更に綺麗にしようと時間をかけて清掃を行っておりました。

※作業前と作業後で色味が違いますが同じ現場です。

【サニタリー】

洗面所とトイレは私が担当しました。

洗面所に関しては派手に汚れているように見えますが、特に難しいことはありません。

【トイレ】

トレイに関しては、尿石がかなり蓄積されており、普通に擦るだけでは落ちません。

スクレイパーなど固いヘラなどで削る方法もあるのですが陶器を痛めるので特殊な酸性の薬剤を使用し優しく擦って落とします。

汚れに適合した洗剤ではないといくら強く擦っても落ちませんが、適合した薬剤なら落ちます。

こうしたことを知っているか知っていないかでかなり作業効率や仕上がりに差が出ます。

【フローリング】

床は以前に綺麗にしたときに、美観を維持しようとジュータンを敷いてみたり努力の跡は見えました。

 

ゴミ部屋特有のカビや板材の痛みなどは無く、状態は悪くなかったのでナノエッジと水拭きで済みました。

【キッチン】

キッチンも自炊をそれほどしないということもあったのですが、前回の汚れほどないので時間もそれほどかかりませんでした。

ゴミで埋もれていたお部屋と同じとは思えませんね〜

最後に部屋が酸化臭が強かったのでオゾン脱臭をして終了です。

「G様、またのご依頼をお待ちしています♪」というのも変ですが、内容に満足して頂けたようならまたご連絡下さい。

「せっかく綺麗にしてもらったのに怒られちゃうから他社に依頼しよう・・・」と思うかもしれませんので過去に弊社で施工をされた方にさりげなくアピールしておきます。


北海道各地で作業を承ります!

令和3年、初の泊まり掛けのお仕事でした。

令和3年1月13日は雪が少なかったです

弊社は人口比率的にも案件は札幌市を中心にご依頼が多いですが、全道対応しております。

寧ろ、令和3年は札幌市以外からのご依頼を積極的に受けたいと考えております!!

また親御様が道内でお子様が道外の方からのご依頼などもコロナ禍において多くなっています。

電話やメール、LINEでのやり取りで価格決定、作業日決定と一度も現地訪問せずに作業も可能ですし、メールのみで見積、作業、支払まで行い一度も電話でのやりとりをしたことが無い方と言う例も増えてきました。

「非接触」・「非対面」というのがキーワードになりますね!

コロナ禍において人の移動や面会を控えるようになっているので、弊社でもそういった対応は可能です。

「こんなこともお願い出来ますか?」というご相談も頂ければ法令違反ではない限り柔軟に対応したいと思います。

残念ながら、1月は予約が受けられない状況なので、作業に関しては2月からの受付となってしまいますがお気軽にご相談下さい。

社名に掲げる信頼される企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。