札幌市ではトラックパックは違法!廃掃法を守っている業者に依頼してください

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

今日は小学校の娘の発表会があり、主役級の役を与えられていたので親子で楽しみにしていたのですが、新コロのせいで無観客となり晴れ姿が見れませんでした。

なんだかなぁ〜(-_-;)という感じです。

新コロによる影響であらゆることが「我慢」だとか「自粛」だとかでモヤモヤした嫌な感じですね。

外に出れないからか、家庭内ではDVや虐待なども増えているようです。

生活弱者の貧困、困窮、うつ病、持病患者が通院出来ないなど直接の感染以外の弊害も出ています。

人間や人生にとっていったい何が本当に大切なのか?

大局を見ず、歴史を見ず、目先だけの苦悩を見て”本末転倒な事象”に陥っていないか?

いずれにしてもウィルスもそうですが、心や精神なども一度壊れると治るのは難しいので予防が必要です。

身体も大事ですが、心とのバランスが大事です。

適度にストレスや悩みを吐き出し、ため込まないようにしましょう!

余談ですが、数日前には長男も具合が悪いということで中学校を早退させられました。

結果としては全く発熱もなく、咳も無く、当然味覚障害もなかったのですが、ただの前日の寝不足だと思われます。

学校としても体調不良の場合は帰るように指導されているので致し方ないですが、この年頃の子はすぐに「だるい」とか言いがちですし、「学校早退出来てラッキー♪」と思うレベルなので体調不良も判断が難しいところです。

帰宅後、私に「この時期にそういう発言は余程の覚悟をもって言え!」と激怒されたことは言うまでもありませんが・・・。

因みに息子は体温を計った後にパルスオキシメーターで血中酸素濃度を測っております。

コロナに感染すると(通常が95%〜98%前後)数値が80%以下になっていると可能性が高いというデーターがあるそうです。

PCR検査をする前に自分ですぐに検査出来ます。

一応、念のために購入しておいたのが功を奏したようです。

最近ではアップルウォッチ6にこの機能が搭載され話題になりましたが、体温計以外にもこういった物があった方がいいですよ。


11月中は予約が埋まりました!

お陰様で11月中は作業予約が全て埋まり、12月も中旬までほぼ埋まってきています。

遺品整理や生前整理など家庭からの不用品を処分するためには一般廃棄物収集運搬事業許可をもつ札幌市環境事業公社と連携して廃棄を行わないといけませんが、こちらでもゴミ収集車(パッカー車)の予約も取れない状況が続いています。

札幌市ではこういった車両以外のトラックへの不用品の積込は基本的に違法です。

社員数やスタッフ数を増やして対応すれば良いというわけではなく、パッカー車の予約が出来ない状況というのは『適正な廃棄が出来ない状況』なので仕事の依頼はあれども対応出来ないという状況が続いておりヤキモキしています。

弊社の場合は今月は不幸中の幸いというのか、札幌市以外からのご依頼も多いため(江別市、岩見沢市、夕張市、小樽市、釧路市などから依頼有)売り上げに大きなダメージを受けているわけではありませんが、札幌市のみで作業をしている業者さんだと大打撃になります。

一般の方には理解できないかもしれませんが、収入が途絶えてしまう、減収してしまうということなので死活問題となります。


その他大勢の業者にはツライ時期

北海道の場合は雪が積もると家財整理系のお仕事が減るという傾向が強いので、その前に稼ぎを蓄えたという業者は多いはずですがそれもままならないわけです。

積雪がある時期は何かと大変ですが、それでも作業は出来ます

年々、この業界も業者数が増えることにより価格下落が続いています。

利益が薄くなれば薄利多売でも現場数を増やさないといけないのは自明の理ですが、その現場数も増やせない・・・。

更に経費は減ることはなく、ネット広告などの宣伝広告費も馬鹿になりませんし、人件費もブラック企業化しないようにするにはそれなりに福利厚生にお金がかかります。

社員教育や設備投資などにお金を回せない、差別化できない企業・個人事業主もどんどん他社から遅れをとってしまいます。

そうなると不正でもしないと会社経営が成り立たたないという不幸が生じてしまいます。

弊社のように特殊清掃や消臭技術がある企業であればまだ他の道がありますが、家財整理系の仕事しか行っていないところは大変だと思います。

いずれにしても、志が高く、適正処分を心がけている業者が苦しくなるような状況は皆様の為にもなりません。

どうか、すぐに出来るからと言って『トラックパック』という違法性の高いやり方をしている業者には依頼しないようにして下さい。

お金が回っているうちはいいですが、一度崩れるとそのままゴミを溜めたまま倒産・夜逃げ・不法投棄ということが多々見られます。

すぐに片付けたいのに・・・

そういった業者に依頼することは悪い業者の片棒を担いでいることになりますので業者選定はご注意ください!

弊社ではコロナ禍ではありますが、社員教育と設備投資は怠らずに努力し続けています。

社名に掲げる信頼される企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。