片付けや掃除が下手になってきたら認知症を疑うべし!

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

最近のブログの冒頭の内容が『鬼滅の刃〜無限列車編』の話ばかりで申し訳ないのですが、また映画見てきました!

一回目よりも冷静に見れるかと思ったのですが・・・やはりダメで大号泣!

日本人が忘れていたモノを思い出させてくれるような心を揺さぶる内容です。

『CDドラマ付き豪華版映画パンフレット』とLiSAさんの『炎』のCD購入しました。

映画を作成した会社さんとCDが売れない時代なので購入することで素晴らしい映画を見せて頂いたお礼が出来ればと思います。

最近のはまっている言葉は『心を燃やせ!』です。


札幌市北区にて生前整理

先週の月曜日と金曜日の2日間に分けて作業を行ってきた現場をブログにて紹介させて頂きます。

月曜日は午前中に3名にて仕分けと梱包作業を行い、金曜日の午前中に搬出作業、午後から退去清掃を行いました。

住人の方は少し認知症があったようで冷蔵庫やキッチンに生ものを腐らせてしまっていたようで大量のコバエと腐敗臭がしていました。

認知症になると嗅覚も弱くなるのかニオイがわからなくなるようです。

それもそのはずで嗅覚は”鼻の器官”と思うかもしれませんが大体の部分が”脳”が司っているのです。

ですから逆にそういったニオイの判別が出来なくなっているようなら認知症を疑ったほうが良いです。

また片付けられないということも脳に支障が来ている可能性があります。

片付けるという行為は高度な脳の働きが必要となります。

①必要なモノと不要なモノを判断する
②必要なモノを整理する
③不要なモノを仕分けしてゴミの日に捨てる
④綺麗さを維持する
⑤清掃する

こういったことが深く考えなくても出来ていたのに、出来なくなっているようであれば危険です。

今後、団塊世代、団塊ジュニア世代の方たちの高齢化が進み認知症患者が増えることがかなり前から予想されています。

特に札幌市は全国的に見ても働かない高齢者が多い街というデーターがありますので、知らないうちに親御さんが認知症になっている可能性がありますのでご注意下さい。

同居していない場合は細かい親御さんの変化がわからないかもしれませんが、部屋が臭いとか部屋が汚れているということに気づいたら認知症を疑って、専門家の指示を早めに受けた方がよいでしょう。

今回ご依頼を頂いたS様も施設入居のための生前整理でした。

最後に水回り、床や窓ガラスの清掃を一通り行いましたが前後の写真はキッチンのみしか撮っていませんでした。

引渡時には私は不在でしたが、担当者からの話によると大変喜んで頂けたようです。


片付けのみの業者と美装会社と2つに依頼しないといけない場合もありますが、お片付けと退去清掃とリライブルで自社完結出来ますので便利ですよ♪

軽貨物運送業も可能ですから、施設入居の際は簡単な引っ越し作業も出来ますので同時にご依頼頂いても大丈夫です!


月末も家財整理の仕事で埋まりました

お陰様で今月は家財整理のお仕事で月末まで埋まってしまいました。

最近はWEB経由のご依頼よりもどこかしらのご紹介によるお仕事の締結が多くなってきた気がします。

ご紹介をして頂けるということは、紹介者の顔に泥を塗ることは出来ませんのでしっかり作業を行わせて頂きます。

・・・と言っても紹介をうけたからといって普段とは違うサービスや動きをするというわけではありませんが、『不法投棄をしない』、『横領をしない』、『挨拶をする』など世間でいう当たり前のことをするだけですが、そういったことすらも出来ない業者さんが多いようです。

11月に関しては初旬は埋まっているところもありますが、中旬以降は大丈夫です。

早目にお見積りのご相談を頂ければ希望日に作業をすることは可能かと思います。

それでは、片付け、買取、清掃、消臭、引越等など生前整理はワンストップで行えるリライブルまでお気軽にご相談下さい。

また下記は弊社で運営している兄弟サイトで弊社スタッフがそれぞれブログ記事を担当しております。
お時間がございましたらご訪問して頂けると幸いです!

【遺品整理、買取に関するブログ】
リライブルの遺品整理

【特殊清掃、消臭に関するブログ】
特殊清掃.ASIA

【便利屋、軽作業などに関するブログ
便利屋江別 なんでも屋

社名に掲げる信頼される企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。