孤独死が管理物件で発生!〜そのときどうする?

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

昨日は札幌市厚別区の不動産屋さんを中心に営業まわりを軽くしてきました。

特にこれといったエピソードがあるわけではありませんが、まだまだ弊社のことや特殊清掃や便利屋のことを知らない人がいるので、それを知ってもらうことが大切なんだと改めて考えております。

リライブルは狭い業界内ではそこそこ知られていると自負していますが、しょせんそこそこの世界です。

ニッチ産業(隙間産業)なので、「そんなことして儲かるの?」と思っている方もいれば、興味津々で聞いてくる方、「全く自分には関係ないと考えている方」、みんなそれぞれです。

いずれにしても、私たちのような存在は商品自体がその場にあって「これは〇万円です」と言って比較対象になるようなサービスではありませんし、保険のように掛け金をかけていくシステムではありませんので、「本当に困ったときに業者を探す」というようなお仕事です。

ただ、その困ったときに一から探すか、最初から知っているかの差は大きいと思います。

自分が管理しているお部屋で孤独死が発見された!となったときにどうしますか?

ネットで検索して、たまたま発見したWEBにたどり着き、経営者の顔写真も掲載していない、過去の実績も掲載していない、ただ金額のみが大きく書いているというサイトに電話しても「実はうちは直接やってないんです・・・」なんて返答があったらガックリきますよね?

意外とそういうところは多いんです。

札幌市内だけでも「遺品整理」とか「便利屋」とかのサイトで+αでネットで「特殊清掃」と掲載しているだけというところをたくさん知っています。

哀しいことにこれが現実です・・・。

最初から弊社のような業者と知り合いだったり、会社を知っていると初動対応が違うので「電話でどうすれば良いのか聞いてみよう」となると思います。

一度、弊社のご依頼頂いた管理会社さんの中でも「火災が起きたんだけどこういうのってどう?」とか聞いてくれる社長さんもいます。

アドバイスに関しては当然無料ですから、そんな感じでお付き合いして頂ければ幸いです。

参考までに〜

孤独死を発見後に絶対にしてはいけないこと

1.窓を全開にしたままにして放置すること

腐敗臭がハエを呼び、部屋中にウジやハエが大量発生する可能性あり

2.換気扇を回す

ダクトを通じて他の部屋にも悪臭が回ってしまう可能性がある

3.臭いの強い芳香剤を置く

余計に臭くなり具合が悪くなったり、その後の消臭作業が面倒になることがる

4.担当者やご遺族をすぐに入室させる

コロナの影響もあり、陽性だった場合に2次感染する可能性があります。
また、PTSDになってしまう恐れもあるので無理しないほうが良いです。

いずれにしても、特殊清掃業者に連絡をして下さい。

ピンチはチャンス・・・独り言

今まではネット集客で十分と思っていましたし、「不幸ごとの解決が多く自ら宣伝、営業するのはゲスっぽいので待っている商売」だと思っていたので営業活動をあまり積極的にしていなかったのですが、新たな発見もあり楽しくも思っています。

コロナの影響もあり、正直、売上も”少〜し”だけ落ちています。

しかし、この社会情勢が変わるなかで弊社も変化する時期に来ていると思っています。

「ピンチはチャンス」ということで成長のチャンスと考え、少しわくわくしているMな自分もいます。

どのような会社、業態でもまったくいつもと変わらないということはまずないでしょう。

そのピンチを迎えた時にどのような行動をとるかで更に成長するのか没落してしまうのか・・・。

いずれにしてもコロナ禍でピンチなのことを言い訳にしても何も進展はありません。


現状を受け入れたうえで自分たちに何が出来るのか?

そして、「なんでこの仕事を続けているのか?」と考えたときにやはり「困った人を助けたい」「感謝されたい」そしてお金をもらいたい(笑)

「じゃあボランティアでもいいじゃん!?」と思うかもしれませんが、”無償でするサービス”と”有償でもしてもらいたいサービス”では感謝の度合いが違うと思うのです。

ボランティアはボランティアで尊いのですが、どこかお互い「無料だからな・・・」という気持ちがないでしょうか?

いやいやそんなヤマシイ考えじゃないという方もいらっしゃると思いますが、私はお金を貰う以上は適当なことは出来ないと考えますし、仕事の報酬はお金・・・ではなく次の仕事」と思っています。

札幌市以外の全道各地からお問合せが増えてきていますが、お見積りは基本無料ですのでお気軽にご相談下さい。

このご時世ですので相見積もりも大歓迎ですよ♪

社名に掲げる信頼される企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。