アパートやマンションにお住まいの方は水道管凍結→破裂に要注意!

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

つい先日ブログで掲載した「遺品整理は重労働〜格安業者は心も身体も大丈夫?」と絡むことですが、愛知県岡崎市で遺品整理業を営む(と言ってもたいした件数はおこなっていなかったようです)方が強盗殺人事件の容疑者として2名逮捕されました。

ネットで見れば実名や顔写真、会社名もわかりますが、現段階では容疑者なのでこのブログでは公開しません。

興味があればご自身で探してみてください。

「資金繰りに苦しんでいた」

「経営難だった」

・・・という周囲の言動もあるようですが、本当に一握りの企業しか「儲ける」のは難しい仕事になってきています。

新規起業は市場調査をしっかりと!

「元手もいらずに簡単に起業、開業出来る」

「超高齢化社会で確実に儲かる」

・・・などという甘い言葉に騙されないで、しっかり市場調査や実際に経営している経営者に聞くなどあらかじめデーター取りをしてから開業をして頂きたいと切に思います。

昔は”遺品整理業社”というのが居なかったので起業してもなんとかできましたが、これから新規で開業したところで「実績」も何もありませんから「低価格」を訴えるだけしか売りがありません。

同業他社さんのホームページを見てください。

どこもかしこも「格安」とか「地域最安値」とか謳って同じような内容です。

そうなるとどんどん低価格の方向に進み市場価格だけを荒らして、「儲からない」から撤退、廃業してしまう業者が多いです。

弊社ではこれから起業を考えているという方に過去に何度か無料アドバイスをしてあげたこともございます。

必ずしも全ての可能性を否定するつもりはありませんが、考えが「あまりにも甘すぎる!」という人は多いです。

成功することよりも「失敗しないようにするにはどうしたら良いのか?」を考えるべきでしょう。

遺品整理業はみんなが思うよりも利益が出ない?

また、新規事業部で本業とは別部門で立ち上げるにしても経営者が本気で取り組まないと、そうそうご依頼をコンスタントに頂けるような仕事ではありません。

実際にイオンや生協なども遺品整理業に参入するような噂がありましたけど大手と言われる企業は殆ど参入していません。

ヤマト運輸さん(ヤアトホームコンビニエンス)も一時期は大きくしようとしていたみたいですが”とあること”があって拡大路線はとっていないようです。)

本業に比して売上や利益も薄く手間がかかるのが大半ですから、これまた「儲からない」ということで撤退する企業も多いです。

「遺品整理やります!」と看板だけ掲げて実際には行っていないというところも多いですし、もし依頼が来ても下請け業者に紹介し紹介料だけもらうなどの方が効率が良いようです。

なぜ資金力も知名度も人材も色々持っている大手企業が遺品整理業界に参入しないのか?

よく考えてみて下さい。


どこを中心に商売をするか”商圏”をよく考えることも重要

簡単に起業できるということは、ライバルも多く、その中から突出した存在にならないといけませんが一昔前ならいざ知らず今はある程度各地域に有名企業や実力企業が存在していることが多いです。

もし、そういったライバルが多い地域とは別のところで開業するなら勝機はまだあると思いますけどね。

地域密着型で小さい都市を中心に活動するというのも一手です。

北海道で言うなら、札幌市以外はまだまだ需要は多いと思います。

釧路市や根室市の道東方面、函館市など道南方面など端っこの方は有名企業も少ないですし、帯広などの十勝方面はゴミの分別が大変なこともあって需要はあると思います。

もしかすると本州で起業するよりも一念発起して北海道で新規開拓をした方が成功するかもしれないですよ!


低気温になると起きる事故が・・・

前置きが長くなってしまいましたが・・・

本当はこんなお話をする予定ではなかったのですが、ようやく札幌市でも一晩で38cmの降雪や北海道各地でも最低気温が-20度近くになったりと冬らしくなりました。

実は今日はリピーター様から除雪作業の依頼があって札幌市北区に行って来ました。
(最近、地味に便利屋業もやっています)

3日間行っている大型案件の現場が終了後に向かいました。

ここ数日間はめちゃめちゃ寒くなります。

道民にとっては当たり前なのですが道外から来た方は気温がマイナスの場合は水道管の凍結、破裂に注意をして下さい。

またこの時期弊社でもご依頼が多いのが『水道管が破裂してしまったゴミ部屋の片づけ&清掃』というのも多いです。

ただでさえゴミ部屋でゴミが溢れている上に水で重量が増しますのでかなりの重労働となりますし、その後の清掃は特殊清掃まで出来る装備と知識と経験がある専門業者にご依頼ください。

アパートやマンションで階下まで水が漏れてしまったという場合で故意ではない限り家財保険が適用になる場合も多いので保険案件も多く施工しております弊社にご相談下さい。

原状回復&リフォームなども提携業者と連携して多くの実績がございます。

まずは下記までお気軽にご連絡を!

社名に掲げる信頼される企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。