遺品整理業界〜人を騙してでもお金を儲けたいという人は辞めて欲しい!

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

月並みな言い方で申し訳ないですが早くも1月が終わり、2月に突入です!

例年、1月は正月明けに仕事数も減り、売上も減り、結構やりくりが大変な時期なのですが、今年はお陰様で予定がスカスカということもなくご依頼を頂く事が出来ました。

2月もすでに多くの予約を頂いており、このまま順調に何事も無ければ4期連続の黒字決算で終われそうです。

しかし、まだ油断することなく社員一同頑張ります!

遺品整理に関しては価格だけで決めない方も大勢います!

先月末に弊社ご指名で遺品整理のご依頼を頂きましたT様、誠にありがとうございました。

弊社にご依頼頂いた理由を聞いたときに「リライブルさんが信用出来そうだから」と言って頂きました。

価格に関しては決して「安い」とはうたっておりませんが、『適性価格』を心がけ、買取可能品を見つけることで見積金額よりもお安く出来るように努力をしております。

お見積金額に関しては、最高金額でありこれ以上追加料金がかからないことは当然ですが、ご提示金額よりも下がることが殆どの現場で起きており大変喜んで頂いております。

人間心理として、見積もり後に追加請求をされると不快感を感じますが、その逆ならお得感が出るものです。

案外、「格安をウリにしているところは見積もりに呼んでみたら高かったので再度リライブルさんに見積もり依頼をしたいんですが・・・」という事例でお見積りに伺う機会も増えてきました。

金額の高いか安いかと感じるのは人それぞれの価値観ですから、何とも言えませんが私個人の意見としては「きちんとした担当者さんや会社さんであればお任せします」というスタイルなので、そういった同じ考えの方からのご依頼が弊社としても嬉しく思います。

遺品整理 再見積もりのご依頼

遺品整理の適正金額とは?

「そんな金額では絶対に赤字だからやらない方がいいよね?」という金額を提示しているところが多数見受けられます・・・。

特に集客サイトの「オコ〇リ」とか「くらしのマー〇ット」とかです。

あと、明らかに「地元の情報を知らないよね?」という適当に順位付けしている「遺品整理業者〇〇ランキング」など・・・。

弊社も頼んでいないのに勝手にランキングに名が連なっているものもあり、不本意な順位だと感じており違法業者と同列にされるのは心外です。

社会的にある一定のレベル以上の知識や経験が有る人なら、常識的な金額というはすぐに計算すればわかると思いますが、騙されてしまう方も多いのが現状で、この状況は業界全体が白い目で見られるのでやめて欲しいと願っています。

遺品整理会社は経費が意外にかかっている

遺品整理はご家庭にある不用品を廃棄するので、単純に一般廃棄物の”廃棄代”がかかります。(なるべくリサイクル品や買取品を増やし”買取値引き”などの努力は各企業しておりますが廃棄物が”完全に0”という現場は無いと思います。)

それ以外にかかるとすると人件費、福利厚生費、事務所代、通信費、広告代、車両費、消耗品代など実際には色々な”経費”がかかります。

あと意外に盲点なのは消費税や法人税など”税金”を納めていない、払えないところも多いです。

税金関係は馬鹿に出来ない額になります。

大きな声では言えませんが、個人事業主で運営しているところの大半は誤魔化して過小申請しているでしょうね。

最終的には”利益”を考えて計算していないからであり、ただただ安い安いと言っているだけで自分のこと、自社のことしか考えていないところは安くすることが可能です。

弊社では社員育成は勿論のこと後進育成、業界のイメージ向上、職種の地位向上など将来のことも考えおり、そういった「想い」や「志」をブログや講演でお伝えさせて頂き共感して頂けた方からのご支援で成り立っています。

なぜかわかりませんが「低価格が正義」という風潮なのか、大変な労力や手間がかかる仕事で”人が大切な仕事”であるにも関わらずそういった考えが蔓延しているのかと思っています。

当たり前のことを述べていると思うのですが、弊社の考えの方が少数派です。

自社の売りが無ければ低価格しか訴えることがないというのも哀しい業界ですが・・・。

成長企業リライブル

優秀な人財が集まらない業界はダメ

保育業界や介護業界はすっかりきつい仕事の割に賃金が安いというイメージが付き就業者が減っています。

最近では運送業界がそのイメージを払拭するべく賃金UPなど労働環境整備を頑張っている企業も多いですが、それでも資金力のある中堅以上の企業であり、零細企業・個人事業主は未だに厳しいままのようです。

このように悪いイメージが付くとその業界そのものに人が集まらなくなってしまいます。

人と関わる仕事であり、人の力が必要な職場では悪いイメージが付くと良いことは何一つありません。

分かりやすく言えば、「あなたがしている仕事は子どもに誇れますか?」と聞いたときに「勿論!」とすぐに自信をもって答えられることできる会社か?仕事ぶりか?賃金か?やりがいか?ということかは重要なことでしょう。

恐らく、こんなことを書くよりも単純に価格を前面に出すほうが得策なのかもしれませんが、不法投棄や高額追加請求や貴金属・貴重品の盗難など犯罪者まがいなことはしたくありませんし、遺品整理という崇高な仕事柄、嘘を言うのも嫌だからです。

当然、お仕事で得られた利益は会社運営のためには必要ですし、技術向上のための勉強への投資、より早くより効率的に効果的なことを求めるために設備投資をしたり、時には寄付などで社会的にお金を循環するということも忘れません。

「お前の会社はいつも綺麗ごとばかりだな」と思っている方もいるかもしれませんが、実際に話を盛っているわけでもなく、健全に会社運営出来ております。

しかし、手前味噌ではありますが、万が一弊社のような真っ当な会社が倒産してしまったとなれば北海道にとっても損失だと思っています。

家財整理業の志に関しても特殊清掃の技術についても今後の超高齢化社会では必ず必要となってくる仕事だと自負しております。

 

お見積に関してのお願い

家財整理や特殊清掃に関してのお見積りに関しては随時お受けしておりますのでお気軽にご相談下さい。

メールや電話だけのお見積りというのも時折行っていますが、お互いに確実なのは現地訪問させて頂く方がトラブルにならず良いと思います。

遠方にお住いの方からのご依頼もあり、鍵を郵送して頂いたり、管理会社さんから鍵を預かったりと様々な形式でもお受けしております。

尚、孤独死が発生してしまったなど、急を要することもあると思いますのでなるべく早くお伺いするように心がけておりますが、全社員が現場作業に従事していることもございます。

もし、急用ではない場合は予め余裕をもって訪問希望日を言って頂けるとスムーズに事が運びますのでご協力のほど宜しくお願い致します。

『当社の運営サイト』

・孤独死現場や灯油漏洩現場の消臭など特殊清掃や消臭に関することは【特殊清掃.ASIA

・遺品整理や買取品などに関することは【リライブルの遺品整理

こちらの両サイトもブログ記事多数ですのでお時間がありましたらご訪問下さい。

社名に掲げる信頼される企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。