社会に役立つ家財整理業者〜第6回・家財整理相談窓口の新年賀詞交換会

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

さて、前回のブログの続きですが、1/28の13時から家財整理相談窓口の正会員となって初めて理事会に出席させて頂きました。

1年間の収支報告や新たな理事の選抜など議題に沿って粛々と行いますが、第1回から見ると理事の入れ替わりがあり、権力が集中しないようにしたり、透明性を計ったり「しっかりした協会だなぁ」と改めて感心した次第です。

こういったことを公開していないところも多いですから会員としては健全な運営だと非常に安心です。

第6回 家財整理相談窓口 新年賀詞交換会

今年で6回目を迎えたわけですが、少しずつではありますが同団体の活動が実を結び始めていると感じております。

『利』だけでなく『志』で集まった同志ですから、家財整理相談窓口に加盟したからといってすぐにお仕事がもらえるという団体ではありません。

「少しでも現状の家財整理業界を良くしたい!」と考えた自社集客が出来る各地域で実力も実績もある企業が集まっていますので、そういった企業の社長さんたちと情報交換をするだけでもビジネスヒントや刺激が得られるでしょう。

遺品整理士を排出している遺品整理士認定協会をはじめ全国には色々な団体や協会があることは業界全体にとっては切磋琢磨しながら個々に活動していけるので数が多ければ多いほど色々な意見や考え方もありそれはそれで良いと思います。

現在の日本の政治家のようにいくら好き勝手をしても自民党しか政権を委ねられるところがないから仕方ない・・・という消極論的な選択肢しかないというのは将来に暗い影を落としてしまいます。

今回も昨年に引き続き国土交通省をはじめ、環境省総務省からも家財整理に携わる部署の方に参加して頂きました。

こういったセミナーに”官”が参加してもらえるということはいい加減な団体や会合には参加してくれないものです。

遺品整理業者や不用品処分業者、便利屋などで全国に跋扈する違法業者やいい加減なことをしている業者にとっては我々の団体は脅威に感じるかもしれません。

全国的にもトラブルが絶えず、私どもも同業他社のホームページは定期的に見てチェックしておりますが、「廃掃法を知らないんだなぁ」というところが多く、自ら違法性が高いことを語っている業者がなんと多いことかと不安になります・・・。

これだけ超高齢化社会になって「遺品整理」や「生前整理」という言葉も世間に周知されているにも関わらず政府の動きは悪いですから、今後はもっと各省庁で大きな動きもあるではないかと思っております。

セミナー終了後は懇親会を行い全国各地の有志と交流を深めることが出来ました。

相変わらず北海道からは弊社のみ参加のようで寂しい限りですが、今回は弊社の岸野部長も初参加させたので良かったです。

このセミナーの様子は岸野部長が担当している『リライブルの遺品整理』のブログに掲載していますので是非お読みください。


懇親会後も近くの居酒屋で全国の有志と情報交換でした。

国会議事堂と憲政記念館

翌日の1/29は帰宅するだけだったので東京見学を行いました。

前日の雨天とはうって変わっての晴天。

気温は18℃と汗ばむ暑さでした。

午前中に靖國神社に参拝。

今回で3度目の訪問になります。

遊就館という巨大な資料館があります。今回は時間制限がないのでかなりゆっくり見ることが出来ました。

前々日に横須賀市の戦艦三笠公園で日露戦争について学んだばかりだったので日露戦争時期の資料を重点的に再度見直しました。

いつも靖國神社には「日本人が世界に与えた影響の大きさを改めて認識し”日本人の誇り”を再確認するととも、国のために、家族のために、日本の将来のために命をささげた英霊達に自分は誇れるか?」と日々の行動を振り返り、神社の英霊に報告に参るのです。

特に特攻作戦で20歳前後で亡くなった方達に比べると自分はその倍は生きていますが、「今まで一体何を成し遂げたのだろうか?」「世の中のためになっているのだろうか?」などと自問自答をするのです。

一応、補足しておきますが靖國神社はお願い事をしにくる普通の神社ではありません。

幕末以降、国家のために命を捧げた英霊たちを顕彰し、崇め、自らを振り返る場所です。


その後、靖國神社を後にし、丁度、国会も開催されていることを思い出し、国会議事堂は見に行ったことが無かったので外から訪問。

ここは外から眺めるだけで内部見学などはしておりません。

いや〜、東京出張も慣れて電車の乗り継ぎなども慣れ、アップルウォッチのおかげで改札もいちいち切符を買わずに済むので楽ですが、やはり私は田舎者なので東京の人の多さには辟易しましたね。

札幌くらいの”程よく都会、程よく田舎”が丁度いいなぁなんて思いながら東京見学です。


憲政記念館と尾崎幸雄

国会議事堂の道路を挟んですぐ近くに憲政記念館という「憲政の神様」と言われた尾崎幸雄翁の銅像がある資料館を見学しました。

こちらでは板垣退助や大隈重信、原隆、犬養毅などを中心に国会成立後の資料などが無料で閲覧することが出来ます。

あまり大きな資料館ではありませんが、1時間近く滞在しました。

「社会に役立つ企業」として成長を!

今回の2泊3日の東京出張も大変有意義な3日間だったと思います。

翌日からは仕事の予定も色々と入っており、2月も忙しくなりそうで大変ありがたいことでございます。

「お、なんかこの会社は他の業者とは違うな?」と思って頂けるように情報公開や経営者の考えや想いなどを綴り、皆様に選ばれる企業となれるように頑張っております。

こうして一見無駄に見えるかもしれない資料館見学などですが、趣味と実益を兼ねていまして意外なファンもいるものです(笑)

「経営者の考え方に共感できるから依頼したい」という方や、こうやって定期的に記事を更新することで話題にして頂けることも多々ございます。

「私も日本史が好き♪」とか「〇〇の記事読みましたが私もそこに行ったことがあります♪」などでも良いのでお声がけ下さい。

道央圏内のお見積りやご相談は無料ですのでお気軽に下記までご連絡下さい。

(函館市や網走市など拠点から200kmを越えるような場合は有料いとなりますが過去にご依頼を頂いた経験もございます)

しつこい勧誘や営業行為は一切しませんので連絡をしたからと言って食いつきませんのでご安心を!

社名に掲げる信頼される企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。