正社員が増えました!〜常に学び、変化し続けること

リライブル㈱ 小川社員化

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

今日はちょっとしたお知らせです。

12月11日から「便利屋江別 なんでも屋」を営んでいた小川代表が正社員として弊社で働くことになりました!

元々、前職の後輩であり、独立してからも一緒に現場で働いていた気心の知れた仲です。

「気は優しくて力持ち」

心強いメンバーがまた増えました!

今までは自分の仕事をしながら空いている時間に手伝いに来てもらいましたが、業務共有することも多く、弊社としても今後の新規事業展開を考えてのことです。

便利屋江別 なんでも屋」は弊社が引き継ぎ運営していきますので引き続きご愛顧下さい。

便利屋江別なんでも屋 小川

社員が増えることによって・・・

お陰様で優秀な社員に現場を任せられるようになり、自らが現場に出ることも以前に比べ少なくなり、「勉強に割ける時間」や「トップ営業」をすることが出来るようになってきました。

先日も荒木顧問弁護士からのご紹介で「一般社団法人シニア勉強会」の山田代表を紹介して頂き、来年5月ですが講演の講師をさせて頂くことになりました。

来年はもっと講演回数を増やしていきたいと思っています。

講演内容に関しては、特殊清掃、遺品整理、生前整理など業務に関することがメインですが、講師代は不要ですのでお声がけして頂ければ喜んでお話させて頂きたいと思っています。

なにせ、私は「過去に変な編集をされ無断で放映されて以来テレビが大嫌い!」と公言しているので講演するとなると「あの〇〇の番組で紹介されました!」みたいな冠があれば良いのでしょうが、それは個人的に恥ずかしすぎるのでやっていません。

以前ブログでも紹介しましたが、「ガイアの夜明け」や「プロフェッショナル」くらいの内容の濃い番組になるとさすがに評判の良い業者が選ばれますが、地方ローカル番組で数十分話題に取り上げられたところが果たして本当に実力があって評判が良いのか?・・・というと疑問です。

いずれにしても、先日も山田代表と打合せを1時間ほどしましたが、この業界以外の方にすると家財整理業界の知らないことだらけだったそうなので、そういったお話をリアルにどんどん発信していきたいと思っております。

余談ですが、2017年10月に大京アステージ様の御依頼でライオンズマンションシリーズの管理人さん170人の前で「孤独死現場が起きてしまったときの対応について」お話させてもらったことが「役に立った」というお話を頂き、少しずつですが弊社へのご依頼が増えてきております。

「不動産脳を鍛える会」忘年会

さて、これまた先日、相続ファシリテーター協会に参入した後にご縁があって勉強会に毎月1か月に1度参加している会なのですが、学びの機会も多く、良い方ばかりで「良縁」や「刺激」を頂いております。

弱小零細企業の経営者は「常に学び続ける」ことが大事で油断してはすぐに没落していきます。

本やネットで勉強して知識を増やすことやSNSでの繋がりも大事ですが、実際に人と会って、「自分が知らない業界の話を聞く」ということも新たな発想を生むには大事なことですよね。

こちらの勉強会でも今年お話をさせて頂き士業関係者、不動産関係者、保険関係者とつながりが多くなり「臭いに関するトラブルを解決できる業者を知らなかったので困った際にはお願いしたい」と言われております。

12月の現場状況について

年末に向けてかなり落ち着いてきてはいますが孤独死現場などについては周辺住人からの臭いのクレームが多く「待った無し」の状況ですから、施工予約が数件重なっております。

まだまだ北海道では特殊清掃に関して未熟な業者が多いのも事実です。

私が知る限りでは本当に施工を任せられる業者は片手の指で数えられる程度かと思います。

ご依頼者様が満足いく施工であればなんら弊社が文句を言うこともないのですが、再施工などになると業界全体の信用を落としかねません。

ホームページでは臭いが本当に消えたのかどうか確認のしようがありませんが、ご自身で色々と調べてみて「この業者なら大丈夫かな?」と気になったところがあれば電話なり、メールで相談してみては如何でしょう?

その際に対応が悪かったり、疑問点を質問してみて「本当に経験豊富なの?」と感じるようであれば現地見積もり依頼はしなければよいだけです。

いずれにしても後悔しない業者選びは「自分で情報を集めて勉強すること」でしょうね。

「そんな時間は無い!」という場合はブログを読んで頂いたご縁で弊社にご相談下さい。

別に無理強いをすることはございませんのでご安心下さい。

社名に掲げる信頼される企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。