勇払郡の街でゴミ部屋の片づけ&清掃〜ゴミ部屋の片づけのご依頼多いです

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

先々日と本日と2日間で勇払郡の街でゴミ部屋の片づけ&掃除のご依頼があり伺って参りました。

今回の現場はゴミを捨てたあとに生活し続けるということと、小さな街ということで写真掲載はNGでしたが道央圏外での作業でしたのでちょっとだけお話させて頂きます。(作業前と作業後の綺麗さの落差が凄いので本当は掲載したいくらいなのですがブログ掲載は強制ではありませんし、許可なく掲載していませんのでご安心下さい)

廃棄も地元の一廃許可業者さんと連携しております。

その地区、その地区で仕分け方法、廃棄方法、廃棄料金が違いますので各地域の廃棄方法に則って作業を行っております。

ですから、この地域はメンドクサイ、この地域は楽とかの違いは大いにあります!

トラックに積んでどこかに持って行くという廃掃法無視で無許可営業の俗に言う「トラックパック方式」は弊社も実はやりたいぐらいなのですが、「正しくない商売」は一時的には良くてもいずれダメになりますのでやっていません・・・。

案外、廃棄方法を守らない業者の方が多いですから、電話問合せや見積もり時にどのようにして廃棄しているのか確認することをお勧め致します。

その際に納得のいかない方法だったり、うやむやな説明だった場合はその業者に依頼するのは止めた方がいいです。

廃棄方法が正しくないのに、そのほかのことが誠実な業者って言うのは稀有でしょうね。

自分の家や部屋のゴミがどこでどのように処分されているのか?(実際は廃棄しないで堆積しているだけの場合も多い)

排出者である依頼者が最後まで責任を持たなくてはいけませんので不法投棄された場合は依頼者も罰則を受けることになります・・・。

※もっと詳しく知りたい方は弊社の『廃棄方法』をお読みください。

安平町は北海道らしさを満喫するには最適!

2日目はスタッフ4名で清掃し予定より早く終了したので、帰りはキャンプ場を2か所、新しく出来た道の駅に寄りながら帰宅しましたが・・・

安平町には来たことが無かったので驚きでした!

【鹿公園キャンプ場】

整備された広大な敷地で池あり、鹿あり、遊具あり、ドッグランありで小さい子供連れには良いキャンプ場ですね。

【安平町 弥生パークキャンプ場】

ここは名前の通りパークゴルフ場だっただけあって芝生が凄いフカフカで気持ちいいです!

遊具とかはありませんし、絶景という場所ではありませんがこの芝生と広さを見たらテンション上がります。

天気が良い日は車の乗り入れも可という凄いキャンプ場です。

【道の駅 あびら D51ステーション】

こちらの道の駅も2019年4月19日にオープンしたばかりだそうです。

機関車のD51(デコイチ)が展示されていました。

機関車は武骨ですが、「THE・マシン!」と言う感じがしてカッコいいですね。

最近の乗り物は流線形で未来的なデザインが多いですが、こういった昔の物も良いものです。

きちんと黒塗りされていて、パイプ部分もきっちり光っていていい感じです♪

まだ新しく出来たばかりの道の駅なので入ると木のニオイがします。


日を改めて休みの日に家族と一緒にまた来たいと思います。

自分のその後の生活を想像出来ますか?

今週はゴミの片付けのご依頼やお見積りが多い週です。

明日、明後日もゴミ部屋のお片付けの予定になっています。

ゴミ部屋となってしまった部屋はごみの片付け・廃棄だけならどこの業者でもできますが、その後の「清掃」や「消臭」まで一貫して行える特殊清掃業者になるとぐっと数が減ります。

※今回の現場とは違う写真です

清掃も手間と時間がかかりますし、素人に毛が生えた程度の道具しか持っていない業者が大半です。

更に消臭まで・・・となったらHP上では「消臭作業します」と記載していても消臭剤を撒く程度というトホホな業者も多いと聞きます。(それで消えていればOKですが消えていないことの方が多いようです)

※今回の現場とは違う写真です

お部屋がきれいになってもゴミだらけ、埃だらけのままではリセットして新しい生活を送れる!なんて思いませんよね?

お部屋を綺麗にして心機一転するためには、片付け、清掃、消臭の三位一体の作業が必要でしょう。

「ウチの街にも来てくれるのかな?」と不安に思っている方も多いと思いますが予算と日程さえ合えば全道対応させて頂いております。

・地元にまともな業者がいない、
・地元の業者だと顔バレして嫌だ
・・・など相談の価値はあると思いますのでお気軽にご連絡下さい。

社名に掲げる信頼される企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。