空き家になってしまった家の52%は相続問題がこじれて発生!

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

5/13〜5/17も忙しくさせて頂いておりましたが、一軒家丸ごとのお片付けが多かったです。

私共のような専門業者でも一軒家クラスになると廃棄品が20㎥以上、片付けに2日以上かかる・・・なんてのはザラですからこれをご家族だけで片づけるのは大変だと思います。


更に車庫や物置もあるお宅が多いと思いますが、これらには「いつか捨てよう」と思っていたものや分別方法がよくわからないなんて物を入れておいたという方も多いと思います。

中には物置の片付けだけで1週間以上かかったなんてこともよく聞きます。


本当に一軒家の片づけは大変です・・・。

ましてこれを仕事の休日に行おうものなら身体も心も休まりませんね。

人生は長いようで短いのでお金に幾ばくかの余裕があれば弊社のような家財整理業者を有効活用してその分、他のことをすることをお奨め致します。

土曜はセミナーでお勉強

5/18は(一社)相続ファシリテーター協会主催のセミナーがロイトン札幌で行われたのでお話を聞きに行きました。(大和ハウスさんが共催で札幌市後援です)

その名の通り「相続に関することを扱っている協会」なのですが、相続関係に強い弁護士、税理士、司法書士、ファイナンシャルプランナーなど士業の方を中心に加盟している協会なのですが、相続には空き家や実家の片付け問題なども含まれるためきちんとした家財整理業者も必要となってきます。

弊社も加盟している(一社)家財整理相談窓口の神野代表理事より「北海道で家財整理をきちんとしている会社はリライブルさんしか知らないので・・・」ということで紹介を頂き、相続ファシリテーター協会に加盟しては如何?とお誘いを頂いたことが起因です。

相続に関する興味深いお話

相続ファシリテーター協会の高松代表理事が約1時間にわたりお話をされていましたが、自分の家族の実体験のお話や会場の方にも質問を問いかけたりと飽きさせず、大変興味深いお話であっという間の一時間でした。

弊社ブログで相続に関するお話を詳しくは述べませんが、相続に関することは後伸ばしすることなく、すぐに対応しないといけないということがわかりました。

平成25年の相続税改正で5人に1人が相続税を支払う対象になるということやきちんと相続をしていないせいで凍結されたままになっている金融資産(不動産などは除く)は全国で140兆円!

更に誰が相続人なのか不明な土地の総面積を合わせると九州の面積分あるそうです!!

かくいう札幌市も空き家が増え、約14万戸が空き家だそうです。

北海道の場合は雪が降る影響で空き家にすると家の傷みも早くなり放置したままだと資産価値がどんどん下がってしまうので

①適正に管理して残すのか?
②売却するのか?
③有効活用するのか?
④手放すのか?

上記の4つのうちのどれかに早く決めないといけません。

そして、そういったことは知人や友人に相談するのではなく、相続に強いプロにお願いすることが重要ということです。

確かに「資産の把握」や「相続人の特定」、「相続税をいくら払うの?」などは専門家でないと複雑すぎてわかりません。

わからないことをいつまでも悩んでいるよりは相談して対策を決めることが何事も大切です。

相続は「なんとかなるさ!」と思っていてもなんともならないそうです。

「なんくるないさ〜」が県民性(?)の沖縄県が圧倒的に相続に関する問題が多いそうですよ。
「相続」をきちんと解決しないままだと親族間で争う「争族」にならないように生前のうちに決めておいたほうが良さそうです。

物を捨てる「断捨離」や「終活」が一時期ブームになっていましたが、ブームで終わらせずきちんと一族や兄弟姉妹が争わないようにしておくことも必要だと再認識しました。

ですが、「予期せず事故死、孤独死・・・」ということもありえますから万事が全てうまくいくとはいきませんが多少なりとも考えるきっかけになれば幸いです。

冒頭でお片付けをされたお宅はサ高住へ入居のために長年住まわれたお宅の片づけを希望されました。

元気なうちに人生の幕引きを考えることが理想ですね。

家財整理の料金

お片付けに関してはどれくらいの廃棄物があって、どれくらいの物が買取出来て、どれくらいの作業人数が必要で、どれくらいの作業日数が必要かなどで金額が変わります。

一応、間取りで作業代は表示していますが、廃棄代は含まれていませんし作業困難度によっても作業代が変わります。

どの業者も同様ですからあまり表記されている金額はあてにはなりません。

実際に現地見積もりを依頼し、計算してもらうことが一番早いです。

相変わらず全国的に口頭で金額を伝えて、見積もり書類も渡さず、作業後に追加料金を請求されたという例も少なからずあるようです・・・。

怪しい業者にはお気を付けください。

社名に掲げる信頼される企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。