孤独死現場にそのまま放置されていたペットの亡骸のお話・・・

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

2024年に刷新される紙幣に記載される人物が発表され巷では賛否両論があるようですが、私が常日頃から尊敬している渋沢栄一氏が一万円札に登用されることになり個人的に大変嬉しく思っております。

テレビやネットで今後はより多くの方が知ることになりますので「論語とそろばん」の教えが広まると日本の素晴らしさも復活するのではないかと思います。

東京駅近くに建てられている渋沢翁の銅像

「誰それ?」

「え~知らない?」

「もっと有名人いないの?」

「それなら〇〇がいい!」

・・・とかいろんな意見がありますが、紙幣に掲載されるくらいの偉人なので渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎を知らないのは、ただ自分は無知だと周囲に曝しているだけなので下手な発言はしない方が無難でしょう(笑)

せめて自分で調べて一般知識は備えておいた方が良いと思います。

多くの経営者の手本となっています

個人的な意見ですが過去に千円札に起用された伊藤博文は最近では評価が下がった人物の一人だと思っています。(ここで詳しくは書きませんが長州藩は悪いことを沢山してきましたが「勝てば官軍」状態です)

時代とともに求められる人物像や英雄像は変わります。

最近では明智光秀や石田三成など敗軍の将だった人物が再評価される・・・ということもあります。

歴史は勝者が都合よく作るものであることを忘れてはいけません。

家財整理業界でも売り上げを上げるためには不正を行っても構わないという「覇道」を進む経営者も多いですが、私は”正しい商売”をして経営を続ける「王道」を目指したいと思っております。

孤独死現場が残念ながら多い・・・

今年は正月明けから懸念しておりましたが孤独死のご依頼、ご相談が多いです。

特徴としては・・・


◎離婚した男性

◎離職、もしくは定年退職した男性

◎ゴミ部屋状態

この3つの特徴が重なった方が多い傾向にあります。

そして、つい先日もあったのですがワンちゃんも亡くなってしまってそのままという現場もありました。

 

※これ以降、写真はぼかしていますがショッキングな写真がありますので苦手な方はおやめください。

心の準備は出来ましたか?

写真閲覧注意!ペットも可哀そう・・・

札幌市某所のマンションだったのですが、孤独死されたご主人は推定死後1か月・・・。

キッチンには料理途中の食材がまな板に残っていたので料理中に亡くなったことが推測されます。

本当に突然、予期せず人間は死んでしまうものです。

家族や誰かが一緒にいたら、もしかしたら助かったかもしれませんね・・・。

人型に体液が残っており、キッチン下にも漏れています

体液を拭き取ったあとも人型が残っております

室内は暖房が炊かれた状態で臭気も強めの状態でした。

我々が伺ったときには防臭マスクが無いと鼻がおかしくなるくらいのレベルでしたが、体液除去と簡易消臭を行い、マスクが無くても呼吸できるレベルにしました。

(※完全消臭、原状回復のご依頼は頂いておりませんので今回はここまでの作業です。今後売却の契約内容によっては弊社で消臭・防臭作業を行うかもしれませんが)

不幸なことにマンションの迎えの部屋も空室だったので発見が遅れてしまったそうです。

ご主人はキッチンで倒れてそのまま亡くなってしまったようですが、ワンちゃんはしばらく生きていたようです。

警察はペットまでは処理しません

持ち上げたときにまだずっしりとした重みを感じました。(死後経過していると水分が抜け軽くなるのですが)

エサはビニールの口が開いている状態でしたし、ワンちゃんも室内は自由に歩け回れたようなのでしたので餓死ではなく、恐らく水が無かったので脱水症状を起こして死亡してしまったのかと推測します。

ご主人の身体が腐敗していき、とんでもないニオイを発する物体になっていくのを、逃げ場のないペットは見ないといけないという生き地獄・・・(´;ω;`)ウゥゥ

ペット火葬前の祭壇

今回、ワンちゃんの亡骸はご依頼者様の依頼で弊社で火葬場に運搬し、処理して頂きました。

「しばらく頑張ったんだなぁ」と切なくなります・・・。

全国各地の同業者からもこのようにご主人が孤独死してしまった後に数日~数か月生きたペットのお話も聞きます。

悲惨なのはご主人の亡骸を食べて、生きながらえたというペットのお話も聞きます・・・。

なぜわかったかと言うとペットの口の周りが血だらけだったそうです。

こうなるとお互いに悲惨ですね・・・。

人間の高齢化に伴い、動物の寿命も延びていますし、単身で寂しさを紛らわすのにペットを飼う(買う)という行為も理解出来ますが、自分には責任をもって飼えるのか?

改めて自問自答して頂きたいと思います。

先日、「小池都知事が公約に掲げていた東京都でペット殺処分0達成」という記事を見ましたが嘘だと思います。

言葉のまやかしや数字のごまかし、他県への擦り付けなどが絶対にあるでしょうね。

ペットもいろんな問題を抱えている

 

孤独死を防止するには?

孤独死を防止するといっても、突然死(脳溢血、脳梗塞、心筋梗塞など)というのは老若男女、どこでもいつでも起きてしまうので100%防ぐのは無理でしょう。

問題なのは、亡くなった後にすぐに発見される状態にしておくことが大切です。

なぜなら死後1~2日程度であれば、家屋の損失はそれほどではありません。

(※室内の温度、故人の体格などにもより変動がありますので一概には言えませんが、室温は低いと腐敗が進みにくいですが、室温が高いと腐敗は逆に早いです。)

ですから、2~3日連絡が無かったら「あれ?おかしいな?」

・・・というような状況や状態を作っておかないといけません。

大丈夫かな?

そうは言っても、引きこもりが多いのも男性ですし、近所付き合いが苦手なのも男性です。

例えば、自分は対人関係が苦手ということを自覚しているのであれば、新聞配達の人に新聞が〇日以上溜まっていたら△△に連絡して欲しいとか伝える。

そういった活動をしている新聞屋さんもあります。

ネットの情報収集以外にも新聞は別の活用法がある

同様に「コープ・生協さんの宅配」でも見守りサービスを行っています。

マンションの管理人さんにも「万が一の際には・・・」と伝えておく方が安心です。

誰もが自分が死ぬなんて思うことは無いと思いますが、単身男性は特に心にとめておいた方がよいでしょう。

何らかの有料サービスを利用することを検討してください。

かくいう私も「妻が先に死んだらダメになるだろうなぁ・・・」なんて日頃から思っています。

樹木希林さんの後を追うように亡くなった内田裕也さんのようになるでしょう。

男性って精神的にも女性より弱い生き物ですからね。

妻に先立たれると弱くなる旦那は多いが、旦那に先立たれると妻は長生きするというデーターも

孤独死用保険

上記のようなことも嫌だとなれば、孤独死対応の少額保険に加入することをお奨めします。

インターネットで調べれば数社出てきますので直接お問合せしてみてください。

見守りサービスが付いていたり、家財整理や原状回復までの費用を出してくれるところもあります。

掛け金は数百円~数千円で思ったよりも安いと思われると思います。

大抵、孤独死現場で相続放棄をされるパターンは室内の現状回復に100万円~かかるような重篤な場合が多く、遠縁の親族しかいないような場合は猶更放置されることが多いです。

保険に加入していて金銭的負担がかからないようであれば、さすがにご親族も最後までお部屋を綺麗にしてくれるでしょう。

自分たちも生活するのにお金がかかるのに、ほとんど会ったことも無い人の部屋の片づけに数十~数百万円をかける余裕がある人は今後減っていくことでしょう。

管理会社やオーナー、大家さんもリスク回避のために強制保険加入して頂くほうが最終的には安く済むと思いますので是非ご検討下さい。

死後、葬式も出せない、お金を巡って喧嘩するなどは避けたいものです・・・。

自分のことで親族が争うのは嫌ではないですか?

 

社会問題を解決するほど大きなことは出来ないが小さなレベルで困った方を助けたい!

特殊清掃業者なので孤独死現場の片付けのご依頼を多数頂いておりますが、決してこれは喜ばしいことではありません。

ブログ掲載に関しても、「どこの業者に依頼したらよいのかわからなかった」と言う方が多く「私たちと同じような方の役に立つのであれば掲載してください。」とご協力して頂ける方もいらっしゃいますが強要ではありませんし、自社の自慢のために許可なく掲載しているわけではないことは予めご了承下さい。

実際に掲載不可の方からのご相談、ご依頼も多数頂いております。

また同業他社さんから「自社では出来ないので・・・」とご紹介を頂くというケースも増えています。

まずは初めての方が大半ですのでわからないことだらけでしょうから、お気兼ねなくわからないことはお聞きください。

ただ「大体いくら?」と電話やメールで聞かれると家財整理と違って、正確なお見積りを出すには現場の状態(体液の汚染状態、臭気の強さなど)を把握しないといけませんので現地見積もりが必要となります。

お気兼ねなくご連絡下さい

社名に掲げる信頼される(Reliable)企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。