遺品整理~買取希望の場合は最初に家財整理専門店にご相談下さい

こんにちは、北海道特殊清掃業者ナンバーワンを目指す!
リライブル株式会社の鈴木です。

昨夜、テレビ東京で放送された「ガイアの夜明け」・・・

凄い内容でしたね!

「レオ〇レス21」についてやっていました(詳細は伏せますが)が、あれだけやったら相当信用無くなってしまうでしょうね。

【※ここでガイアの夜明けの内容を書いてしまうとめちゃくちゃ長くなってしまうので興味がある方、番組を見逃した方はご自身で調べてみてくださいね。】

経営陣も言い訳が酷く、とてもじゃないですが尊敬できる企業ではないと思ってしまいます。

どこの会社でもそうですが、現場は頑張っているんだけど経営者、経営陣に問題ありだよねというのは大なり小なりあると思います。

「レ〇パレス21」がそうだと言っているわけではないですが、経営トップが腐ってくるとその下もダメになってくるというのは当然のことだと思います。

遺品整理業者に必要な「志」と「魂」

遺品整理業者は大企業と呼ばれるほどの全国規模だったり、売上、知名度を持つところはまだ無いと思います。

ただいずれはそういう会社も現れるのかと思いますが、大きくなればなるほど、社員教育が重要になってくると思います。

小規模であれば社長も現場に出て社員と一緒に行動することでマインド継承が出来ますが、会社規模が大きくなってくると社長が最前線に出るということも少なくなってくると思います。

そうしたときに現場を仕切る幹部やリーダーの素質やそれまでの経験が生かされないと後継指導が上手くいきません。

我々のような対人と人のサービス業は「人材、人財の質」が全てです。

・身嗜み
・言葉遣い
・気遣い
・作業内容
・作業の質

それら一定条件をクリアーすることは当たり前で、プラスαの「志」や「魂」などの精神的な要素がないと「感謝」「感動」のレベルには達しません。

最近では低価格を希望するご依頼者が増えて、時間を割いてじっくり遺品整理をしたいという方も減ってきた気がします・・・。

特に北海道ではクールな一面もあり、この土地や家に住んで〇百年などの歴史がないお宅などが多いのでそういった傾向にあるようです・・・。

北海道以外の遺品整理業者さんと話していると意外に道産子は「クールだな」と思いますね。

地域性や県民性というものありますし、廃棄方法や料金体系が各地自治体で違うのでこれも全国規模の会社が登場しない原因の一つでもあります。

リサイクルショップに依頼して損することもある

最近の傾向としてはリサイクルショップを呼んで売れる物を持って行ってもらって、その後に弊社のような家財整理業者を呼んで、内容としては不用品処分回収に延長のような仕事も少なくありません。

この場合、実はリサイクルショップさんを事前に呼んだがゆえに逆に高くついてしまう場合もあります。

なぜかというとリサイクルショップは本当に自社だけが欲しい物だけを選んで持っていくのと、出張している分、車両代、人件費もかかっていますので店頭持ち込みより若干買値が低くなります。

「そんなことはない!」というかもしれませんが、逆の立場で考えた場合にそれが道理だと思うのが普通です。

また、残りは価値のない本当の不用品ばかりが残りますので値引きなどが無いので不用品処分代が余計にかかってしまうこともございます。

あと残念なのは、リサイクルショップさんが漁った後のように部屋が乱雑になってしまっているお部屋もございます。

「丁寧な心のこもった遺品整理をしたい」と思っても、盗賊が襲った後のようなぐちゃぐちゃな状態のお部屋にして帰ってしまう心無いリサイクルショップさんもいますのでお気を付け下さい・・・。

買取、リサイクルを強化しております!

買取が出来る家財整理業者の方がトータルで見たら安く済んだ、場合によっては買取の方が多くなって返金されたというケースもございます。

例えば、自転車が趣味の方が亡くなり、その自転車が状態も良く、買値が50万円の物だった。
室内の不用品が少ないというケースの場合は支払いの方が多くなります。

写真はイメージです

また、フィギュア玩具の収集が趣味だった方の場合も同様で、お支払い額(買取額)の方が多くなったケースもございます。

写真はイメージです

弊社も最近では買取やリサイクルに力を入れていこうと思っております。

たまたま正月明けにリサイクル通信社さんから電話取材があり、下記の記事を業界誌に掲載してもらいました。

電話で30分ほど話した内容をまとめてもらっています。

大東亜戦争に従軍された方の勲章やメモなどのご遺品なども少なくなってきてしまいますし、その価値を知らない業者や親族が捨ててしまうというのは大変勿体ないことです。

歴史を学ぶ者としては非常に悔やまれます。

靖國神社

また、遺品整理業者の多くが買い取れる物を「廃棄する」と言って廃棄代を取り、実際には自分の物にしてしまう事例が多いです。

「料金2重取り」と言われる行為です。

こういった誠意のない企業が増えると業界全体の信頼問題になりかねませんので、弊社としては明らかに買取可能なモノは売買契約書をきちんと交わし買取を積極的に行うようにしていきます。

実際に販売してみないとわからない物については、正直にその旨を話、得意な業者さんを紹介する、ご自身で業者さんに持ち込んでもらうなど誠意ある対応を心がけています。

目先の数千円、数万円を追いかけるのではなく、信頼を得るために実績を蓄積していこうと思います。

社名に掲げる信頼される企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。