札幌市東区で引越しに伴う不用品処分&ハウスクリーニングのご依頼

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

どうも滝行を行ってから体調が悪く、今回も風邪気味で微熱がありながらの作業でした・・・。

昨日は札幌市東区のマンションで引っ越しに伴う不用品処分とハウスクリーニングのご依頼を頂き訪問してきました。

ブログ掲載の許可を頂きましたY様、誠にありがとうございます。

まずは不用品の片付けからスタート!

「引越しで持って行く物以外は捨てて欲しい」ということでしたが、段ボールや鉄、小型家電などの”再資源可能物”、ライターやスプレー缶、電池など”危険物”などは仕分けをしないといけません。

ただ部屋から出して終了というわけにはいきません。


また、今回は洋服やスニーカー、ゲームなど不要品ではあるのですがその中から幾分か買取をさせて頂きました。

なるべくリサイクル・リユースを心がけております。

「見積もり時には発見できず査定出来ていない物」や「価値がないと思っている物」でも作業後に査定をさせて頂き、その分を現金でお支払いさせて頂きます。

法令通りの廃棄を行っています

廃棄はいつも通り、札幌市環境事業公社さんに依頼して回収してもらいました。

時折、「今日の今日で回収して欲しい!」という方がいますが、その場合は無許可営業の違法行為であるトラックパックをやらないといけないので弊社ではお断りさせて頂いております。

ある程度、日程の余裕がないとパッカー車の予約が出来ませんのでお早めにご相談下さい。

まぁ、トラックパックをやっている業者の”正義”というのもわからなくはないのですが、それで不用品を溜め込んで倒産とか、不法投棄とはしなければいいですけどね・・・。

結局、法を守らないとかルールを守らない商売って一時的にはいいのでしょうが、永くは続かないと思っております。

大手のあの「ヤマトホームコンビニエンス」さんだって色々不正が漏洩して営業停止処分とか行政処分をくらってますからね。

ハウスクリーニングについて

マナー清掃レベルで大丈夫とのことでしたが、水回りはキッチン、洗面所、トイレ、お風呂、そして床の清掃範囲です。

お掃除ロボットの「ルンバ」がありましたが、床があまりきれいな状態ではありませんでした。

こういうお掃除ロボってある程度自分で掃除できる人ではないと使い物にならないんですよね・・・。

本当に汚部屋の住人さんには全く歯が立ちません。

まずこのロボットを走らせるためにある程度部屋の邪魔なものを避けないといけません。

そして、この回収したごみやブラシを掃除しないといけませんのでめんどくさがり屋には向いてません。

お風呂の掃除について

同じようにお風呂も「スプレーするだけで綺麗になる」というような物もありますがハッキリ言って無理でしょう。

ご依頼者様のお部屋にあったので実験させてもらいました。

下の写真はスプレー前です。

左上には赤カビが見えますし、水アカが全体的に付着しています。

スプレー後5分待って水で流しました・・・予想通りほぼ変化なしですw

これが弊社でいつも通りに掃除した後です。

やはり普通に掃除しないとダメですね~。

お風呂も年々、汚れが付着しにく素材や形状にはなってきていますが、それでも掃除をきちんとしないと人間の皮脂やシャンプーやリンスなどの洗剤汚れなどが付着してしまいますので、面倒臭がらずこまめに掃除することが美観を維持するコツでしょうね。

各所の掃除は特に問題なく終えています。

最後に床の清掃

今回はポリッシャーを使用するまででもなかったので、蔵王のナノエッジを使用しました。

狭い場所などではナノエッジの方が有利なところもありますが、洗浄力や範囲ではポリッシャーの方が優位です。

乾漆両用のケルヒャーの掃除機で汚水を吸っていきます。

物凄い便の詰まった汚トイレなどの掃除はホーマックで売っている1万円位の安い乾漆用掃除機を使い捨てしますが普段はケルヒャーです。

糸モップとダスターで仕上げをします。

【清掃前】

【掃除後】
写真の色味が違いますが同じ床です。

廊下やエレベーター周りなどの共用部も忘れずに掃除をしないといけません。


案外、そのままで帰ってしまう業者も多いようで後から管理会社さんや管理人さんからクレームが来たりします。

「立つ鳥跡を濁さず」ということできっちりしたいものです。

業者選びは慎重に!

これから2月~4月は引っ越しシーズンでこういったご依頼が増えてきます。

例年そうですが、片付けは出来るけど掃除が出来ないとかやっていないという業者も多いのであとから掃除に伺うことがあるのですが「最初からリライブルさんに依頼すれば良かった」という声もよく聞きます。

ネットで調べるとたくさん業者があるので、「どこの業者さんがいいのかいまいちよくわからない。」

「よく調べるのも面倒だし、一番上に表示される業者に依頼しよう。」

と言う方も多いと思いますが、結局自分でよく調べることで失敗したり、後悔しないです。

掃除の流れについてはそれほど珍しくもないことではあるのですが、写真掲載することで流れがわかるかと思います。

案外、「掃除も得意です」とうたっている同業他社さんでもどういった道具を使っているのかわからないということもありますのでなるべく掲載するように心がけております。

2月の予定も徐々に入ってきてはおりますが、まだまだ2月中の作業は大丈夫ですのでご相談下さい。
※1月中の作業はむずかしく、見積もりのみの対応となってしまいます。

社名に掲げる信頼される企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。