佐賀の七賢人・島義勇 銅像建立記念セレモニー・除幕式の案内が来た!

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

昨日、妻の乳がんの手術が3時間半かかりましたが無事終了しました。

病理検査の結果で他の部位に転移していないことを祈るばかりです。

その間に弊社スタッフは砂川市で作業を行ってくれていました。

感謝です。

仕事に貴賤はないというが・・・

お医者さんは尊敬に値する仕事だと思う

それにしても、お医者さんというのは大変なお仕事だと改めて思いました。

人の命やその後の人生に大きく影響してしまうプレッシャーと、手術に要する繊細な動き、知識など本当に凄いですね。

「医者の不養生」と言われるようにブラック企業真っ青の過酷な職業でしょうし、お医者さんになるための医大に通うために経済的にも裕福でないと大変ですから成り手も少なくなっているようです。

またテレビの影響なのか「お医者様のを尊敬する」ということも無くなってきている気がします。

一昔前は病院のお医者様や学校の先生などは尊敬される存在だったと思うのですが・・・。

やはり「聖職」と言われるような仕事は社会的にも経済的にも恵まれるべきだと思いますし、尊敬される仕事ではないとなかなか”優秀な人材”が業界に集まらなくなる・・・。

・・・結果として、我々にも損になってしまうということが往々にしてあります。

安全第一!安心第一!

私はなんでも「安いから正義」、「安い物が正義」とは思いません。

価格を下げるために安全や安心が二の次では意味がありませんし、コストがかかるモノはかかるということを誤魔化したり、ライバルに勝てないとかいう理由で価格を下げるのは本末転倒だと思っています。

元請けが下請けを圧迫して一人勝ちするような業態も好きではありません。

自国よりも人件費の安い人間を酷使して使用するという方法もある意味、いじめのようなもので、その下請け会社は良いですがその国の労働者が悲惨な目にあっている・・・ということが知られています。

安過ぎる洋服を着れるのは誰かがどこかで犠牲になっている・・・と本質の裏側を想像する”想像力”が我々には必要かもしれませんよ。

「WIN WINの関係」でなければ恨みが出てきて、どこかで足を引っ張られてしまうかもしれません。

全ては人が成すことことですから、感情のもつれから関係が悪くなるのは良いことではないでしょう。

今日も報道で免振データー偽造もありました、最近では障がい者雇用の水増しを政府が行っていたということもありました。

嘘や偽造は結局はバレて信用を無くし、結果として売上も落ちてしまいます。

逆に言えば信用さえあれば売り上げも上がるが、信用がないと売上は上がらないということでしょう。
一時的には成功しても、長い目で見れば失敗するのは過去の歴史が物語っております。

これはどんな業界でも言えることだと思っており弊社も信頼失墜しないように日々気を付けて参ります。

信用がお金を呼び、お金が優秀な人材を呼ぶ

売上が上がり、利益が出れば、それを社員へ還元することができます。

作業効率の上がる新しい道具の購入や新しい技術のセミナーや勉強会に参加したりできます。

それが巡り巡って「最高の技術」をご依頼者様たちへ還元することが出来ます。

弊社も「さぽーとさっぽろ」という中小企業の福利厚生を充実させるための団体会員になり、社員のための退職金の積み立てを開始しました。

退職金がない、ボーナスがない、昇給がない、休みがない・・・など社員待遇が悪いと離職率が高くなり、せっかく慣れた人材が職場を離れてしまうことは企業にとって大変な損失であり痛手です。

また、自分や家族が満たされていないのに他人の不幸ごとを解消する心の余裕がなければいけませんし、経済的にも現場でお金を盗んでしまうとか、長時間労働で身体が疲れていると怪我をしてしまったり事故を起こしてしまったりしては迷惑が掛かってしまいます。

家財整理ははっきり言って大抵の普通レベルの人なら出来ますが、特殊清掃に関しては経験、技術、適正がありますから育てるのに時間を要します。

待遇の悪い企業に優秀な人材が留まっている理由はありませんからね。

弊社の自慢は全国の同業他社では類を見ない「超絶優良ホワイト企業」だと思っています!

私個人としては大金が欲しいとか財を成そうとは思っておりませんが、社員への給料の支払いが滞らないように、会社経営がうまくいくように、税金がおさめられるように細くても永く続けていければいいと思っております。

※社員募集は現在行っておりませんので悪しからずです。

島義勇銅像建立 記念セレモニー・除幕式のご案内

話は全く変わって、ふるさと納税で佐賀県に納税したことを平成29年11月1日のブログで掲載していました。

一応、超簡単に説明をすると島義勇(シマ ヨシタケ)とは佐賀藩出身で明治期に札幌市の街の基礎を作った人です。

その時のブログが弊社運営している【特殊清掃.ASIA】~「不得意なことは他人に任せて違うことをするのが時間の節約」を読んで頂ければ早いです。

もう少し銅像のお披露目に時間がかかるのかと思っておりましたが寄付金の目標である2000万円も達成し銅像を設置するに至ったそうです。

今日、税理士さんと毎月の会計付け合わせをしているときに下記の招待状が届きました!

本当は家族と一緒に行きたかったのですが、妻も手術後ですし、息子もセレモニーの次の日は中学校のテストがあるようで休めないので一人で行くことにしました!

急いで佐賀市の駅前や県庁近くのホテルを探したのですが全く空いていなくて少し市街地からはずれのホテルを予約しました。(残り一部屋で私が最後に予約しました!)

それでもそこが無くなるともっと遠い鳥栖市や久留米市などの市外のホテルだったのでぎりぎりでした。

当日どれくらいの人が来るのか今から楽しみです♪

今日も現場と関係ない話でしたが、現場のお話が知りたい人は過去のブログを読んでくださいね♪

宜しくお願い致します。

社名に掲げる信頼される企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。