当麻町へ孤独死現場の見積もりに行く!

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

6月末は網走市へ猫屋敷特殊清掃の仕上げ旅で2泊3日でお仕事に行っており、気付けば7月は更新が滞っていました。

この作業については当社運営サイト【特殊清掃.ASIA】に掲載しておりますのでご覧ください。

猫屋敷消臭家屋の引き渡し~半年がかりの網走現場

7月に入ってからは、先日は札幌市西区のいつも懇意にして頂いているサ高住様からの依頼で3部屋の遺品整理を行わせて頂きました。

こちらは特に問題もなく、無事終了しております。

サービス付き高齢者介護住宅へ入居する際に、今まで住んでいた自宅の家財整理に関してのご依頼も増えてきました。

それだけ札幌市はサ高住が多いということでもあります。

旭川市の隣の当麻町へ孤独死現場のお見積りに伺い

当麻町の件ですが先週末にお問合せがあり、「4日に”旭川市に行く用事がある”のでそれに合わせても良いのなら無料で見積もりに伺えます」ということで承諾を頂きました。

日時指定がある場合は旭川市だと高速代・燃料代・拘束時間(往復で約4時間)などがかかるので有料となってしまいます。

※ご依頼成約の場合はお見積り代はお返ししております。

現場は一軒家なことと周囲に迷惑がかかっていない、その家には今後住む予定はないということでお時間に余裕がありました。

金額が合意すれば特殊清掃と遺品整理業務を開始することになりますが・・・当麻町は一般廃棄物収集運搬事業許可業者さんが一社しかいないので廃棄するにもちょっと大変な地域だということがわかりました。

法令順守で行いますのでその地域の一廃許可がないにも関わらずトラックに積んでゴミを移動して廃棄するのは言語道断ですよ!

その地域で発生する一般ごみはその地域で処分するのが基本です。

ゴミを積んで持って違う地域で廃棄するのは違法行為です。

あまり知られていませんが私は『不用品回収健全化指導員』という認定証を保有していますので持っている人が不正をすると剥奪されてしまいます。

そりゃそうですよね?

当麻町の歴史を知らず・・・

当麻町の見積もり後に近くの「屯田開拓公園」と「当麻神社」に寄ってみました。

◎屯田開拓公園

屯田開拓の像(像というよりはレリーフ?)


開拓記念碑


明治時代にこの地域を開拓しながら北方の備えとして生き抜いた屯田兵さんに感謝です。

◎当麻神社

車でも行けますが、階段から入りました。
立派ですね。


社敷地内に日清日露戦争から太平洋戦争までの戦没者が祀られておりました。


忠碑に掲げられた英霊たち


当麻町は大学生の頃に遊びに来たことがありましたが、20年来くらいにこの公園と神社は初めて来ました。

恥ずかしながら当麻町に屯田兵が設置されていたのを初めて知りました・・・。

いや~、道路も飛行機も機械もそれほどない時代にここを開拓した人たちって本当に凄いと思います。

・・・なんて想いながら、旭川市へ移動して本来の目的地へ向かいます。

Beクリーン、リスターの旭川の2大有力ハウスクリーニング業者さんとのお話

今回、旭川で用事というのは・・・タケヤブラシさんが旭川の道の駅で清掃道具の展示会を行う日程に合わせて、Beクリーンの加藤専務と会談を行うことが主目的です。

6月初めに弊社新入社員の久保田を1週間研修でお世話になっておりましたのでお礼を兼ねての訪問です。

その訪問のお話はこちら~「1週間の現場研修に伺わせて頂きました!

展示会はメーカーさんが20社ほど来ていて最新の物から定番の物まで色々ありました。

全体の写真などを撮ろうと思っていたのですが会場を回っているうちにブログ掲載のことは忘れてしまって、結局最初に撮った一枚しか写真ありません。すみません。

今回の展示会で見た何点かは実際に導入してみようと思う物がありましたので後日ブログにて報告させて頂ければと思います。

リスターの菅原代表(旭川)と遺品整理まごころ(札幌)の山元君とも日時を合わせて旭川と札幌の業者の4社懇親会です。

清掃、消臭、家財整理について情報交換などを行いあっという間の3時間でした。

オゾン脱臭の仕方の再検討、消臭剤の散布方法なども実地でテストして良い結果が出れば新しい方法でやっていこうと思います。

常に”最善”は変わりますので勉強と情報収集は大切だと実感しました。

なかなか横の繋がりがないと”活きた情報”は得られないものです。

どちらかというと旭川の両チームに教えてもらうことの方が圧倒的に多いですが、札幌チームも今後の伸びしろに期待ください。

加藤様、菅原様、貴重なお時間と貴重な情報、ありがとうござました。

孤独死はゼロにはならないが早期発見に努めて欲しい

また冒頭のお話に戻りますが、孤独死現場は北海道各地で起こります。

札幌のような都会だとある程度は特殊清掃業者がいます(実績が本当にあるかは疑わしいという会社も含めて)が地方となると対応してくれる業者さん自体がいません。

高齢者の一人暮らしが増え、子どもは遠方に住んでいるというパターンも増えていますので当然、死後の発見が遅れるケースも増えてくることが予想されています。

特にそういった場合は他人事と思わずにこまめに電話をするとか近所の人に見回りや新聞チェックを頼むなど何らかの対策をして頂くことで、孤独死自体は0にはならないと思いますが発見が早まることで重篤な現場になることはありません。

特に夏場になると気温が上昇し、肉体の腐敗が早まりますし、田舎だと隙間の多い古い住居だとにおいとハエの発生率も高まります。

高気密住宅だとハエが入る隙間がないのはいいのですが、臭気が外部に漏れないので発見が遅れることもあるので良し悪しですね・・・。

いずれにしても、親族や親戚が見るも無残な姿で対面するのも切ないものです・・・。

最近では札幌市以外でのお仕事依頼も多くなり北海道各地を飛び回ることが多くなってきました。

遠方の見積もりの場合は出張代がかかることもありますが、それでも「信頼できる会社、実績のある会社に依頼したい!」という方もいらっしゃるのでその期待に応えられるように頑張ります。

ご相談は無料ですのでお気軽にご相談下さい。

社名に掲げる信頼される(Reliable)企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。