不用品を他社が片づけた後の清掃に伺う!

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

今日は札幌市西区のアパートの普通の退去清掃のお仕事に・・・と思いきや普通のお部屋の退去清掃ではなく、元汚部屋の清掃でした。

今回は事前に見積もりには伺わず電話で概算の見積もり金額を提示したので現場を見ていませんでした。

それでもきちんとご依頼者O様との事前のご予算通りに収め完了してきました。

通常の退去清掃だと思っていたので2名で伺ったのですが急遽1名追加したことは想定外でしたw

皆さんも普通の清掃よりも汚部屋のほうが汚れがきついことは想像できると思います・・・。

不用品回収業者による片付けの跡・・・

まぁ、私どももプロの特殊清掃業者を名乗っているで部屋の様子を見ただけで、過去はどんなお部屋だったのか、どれくらいのゴミがあったのかなどは想像がつきます。

場合によってはアパートやマンションに入った瞬間にゴミ臭を感じることさえあります。

今回のご依頼者O様の部屋はインターネットで「ゴミ部屋 片付け 札幌市」とかで検索すると上位に来る業者さんが片づけを行ったようですが、たまたま前日に伺った汚部屋住人の方も同じ業者さんでした。(この会社は清掃はそれほど得意ではないようですね)

社名を公開するとイメージが付きやすいのでしょうが、お客様との作業・料金プランなどもあったことと思うので一概には悪く言えないのでやめますが・・・

ちょっと同業者として感じたのは・・・酷かったです。

ゴミがこんなに残っている状況でした。

弊社ではたとえ”清掃はお客様でする”というプランだったとしても最低でも掃き掃除、掃除機かけはするのでこんなに大きなゴミが残っているのはあり得ません!

こういうところにも大きな差が出てきます・・・。

清掃のビフォーアフターを掲載していきます

床はごみだらけ・・・(大きなゴミはホウキで集めていますのでもっと汚かったです)

【作業前】

ガラスも曇り、サンも汚いです。

【作業中】

窓は各部屋の全て外しスチームクリーナーとバキュームで清掃していきます。

床はポリッシャーを回しアルカリイオン水で洗浄し汚水を集めたところです。

普通の家庭ではこんなに黒い水にはなりません。

もしこの後も生活するとしたらゴミを捨てただけでは裸足で歩いたり寝たり座ったり出来ないのでゴミ部屋に戻ってしまう可能性が大きいです。

床が汚いのでゴミを敷くようになってしまいますので、清掃をきちんとした方が絶対に良いです。

そして、それらは多数の実績がありご依頼者様を想う『真の特殊清掃業者』にご依頼ください。

【作業後】


特にワックスは塗っていません。
水拭きした程度ですがこれなら裸足で歩けます。

またガラス清掃もガラスを全部外してサンも洗っています。

【キッチン作業前】

キッチンは管理会社からすでに水回り清掃代を取られているのでそれなりで良いということだったのでそれなりに仕上げました。


【キッチン作業後】

「ステンレスの鏡面仕上げなんて出来たらいいのになぁ~」なんて思いますが下手にここだけピカピカだと部屋の状態に合っていませんのでトータルバランスを考えた清掃レベルで十分かと思います。

あとで管理会社指定の清掃業者さんが入る予定ですからある程度は清掃してもらわないといけませんので残しておこうという他業者思いの優しさですw

換気扇はたばこ臭がしたのでなるべく綺麗にしました。
油汚れもギトギトですごかったです。

消臭に関しては何も言われていませんが、最後に消臭剤を無料散布してあげました♪

因みに私の技量不足なのか油にまみれているレンジフードの黒いフィルター「スロットフィルタ」(上記写真で一番下になっているやつです)を塗装を剥がさずに清掃出来る方っているのでしょうか?

アルカリ性の洗剤でも中性洗剤でもつけ置きすると剥がれます。

1か月~2か月程度でこまめに洗えば大丈夫らしいのですが、7年来のギトギトの油が付着しているのと時間がないのとで強力洗剤を使用しないと落ちません。

ハッキリ言って買い替えた方が早いし綺麗という噂もありますが、この油ギトギトのフィルターを短時間で綺麗にする方法を知っている方がいたらご教授願いたいです。

【洗面台と洗濯機の排水受けの作業前後】


あとトイレと風呂もありましたが”それなり”に清掃しましたので写真掲載なしです。

【リビングの床】

最後にリビングの床ですが大きなゴミを取ったあとの状態です。

これでも普通に生活していた床ではないことはお分かりだと思います。


洗浄後ですがワックスを塗っていないと光沢もなくなんか貧相な床に見えますね。

写真的には塗っても良いのですが、恐らく壁紙とCFは張替えになるのではないかと思いますのでこのままです。

少しく黒ズミが見えます・・・。

そうは言ってもほぼフルハウスクリーニングなので格安での作業だと自負しております。
金額は安すぎて公開するとヤバイので秘密にしておきます。

清掃技術向上へ他社研修に!

今週の月曜日から弊社新入社員の久保田君が旭川市の㈱Beクリーン様へ1週間現場研修に伺っています。(「リライブルの遺品整理」でブログ記事担当しています)

全国でも屈指の消臭・清掃技術を持つ同社・加藤様にお願いして面倒を見てもらっています。

「Beクリーンお掃除日記」は私も毎日チェックしており勉強させて頂いております。

一つ返事で快く引き受けて頂き大変感謝しております。

久保田君が帰ってくることにより「弊社の清掃レベルも上がるのでは?」、「いや上がる!」と思っておりますので今から私も楽しみにしております。

違法業者がまた増えているような気がする

冒頭に少し話をしましたが今回、この部屋の片づけを行った業者さんはホームページを見ると『軽トラパック』を行っている業者さんなので札幌市の場合はどんなに言い訳をしても無許可営業の違法業者です。

今回のご依頼者様から聞きましたがごみの物量から計算して真っ当に廃棄したら赤字の計算のような料金でした。

家庭のゴミを運搬するには一般廃棄物収集運搬事業許可が無いとダメですが札幌市では民間業者には一切許可が下りていませんし、ゴミは再販出来ないので古物商でもダメですし作業代をもらった時点で買取ではありません。

まして産廃許可は扱うゴミの種類が違いますのでダメです。

最近では集客サイトに登録しているあり得ない金額でごみを回収する業者も増えました。

どのように処理しているのかは想像は出来ますが実際には知りませんがまずまともな方法ではありません。

「ごみだけ残して倒産!」ということだけはないようにして頂きたいものです。

5月16日掲載の「不用品”格安”処分業者に依頼しないでください」をご覧ください。

また、リサイクルショップを運営している遺品整理業者の中でも店舗前や駐車場に産廃カゴをいっぱいにしている店舗を数店見かけます。

怪しいです・・・。

追伸:遺品整理士認定協会様へ

『遺品整理士』や『事件現場特殊清掃士』を持っているにも関わらず、なんか最近そういった怪しい業者がまた増えてきたような気がします。

同業者からの横の繋がりで色々なところから情報が集まっています。

遺品整理士認定協会さん、北海道の企業をもっと厳しく指導しないとダメじゃないですか~?

注意指導した実例や指導後に改善しない業者に対する社名公開などバシバシして頂きたいものです。

千歳市に本部がありお膝元の北海道で違法業者が摘発されたりゴミ山を残して倒産する業者が遺品整理士などを持っていたら最低ですね。

このブログを読んでいたらご検討のほど宜しくお願い致します。

さて、これから更に気温も上がり臭気に関するお仕事も増えてくると思います。

昨日は、便臭、たばこ臭、火災臭、猫尿臭、孤独死臭と5種類の臭気に関するお問合せや見積もり依頼が1日でいっぺんに来た日でした。

是非、お気軽に下記までご相談下さい。

【運営会社】

社名に掲げる信頼される(Reliable)企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。