社会に必要とされ、誇れる仕事を!

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

4/10の仕事が終了後に毎月恒例の「社長の学校」に行き「ミッション」について学びました。

会社は社会の公器であり、社会課題を解決する存在でなければならない。

世の中や人の役に立たない商売や他人を騙して得る利益を元にする商売は永続しない。

まさしく、そう思っています。

社会に対する会社の使命(ミッション)を掲げているかどうかで、会社の成長度合いも変わるとのデーターも出てきます。

そして、経営者をはじめ社員もそのミッションを共有しているか?

これもまた重要なことでしょう。

ただ漠然と毎日の業務をこなすだけではなく、何か目標を持って行動しているかどうかでも成長速度に違いが現れるものです。

社会における会社の役割は?

弊社はそもそも個人事業主の便利屋からスタートし身近な困りごとから解決し、その中で増えてくるご依頼者様からの相談で遺品整理、もっと難しい特殊清掃へと移行しております。

最近では火災後の消臭作業や灯油漏洩消臭など中型~大型案件のご依頼も増えてきております。

ゆくゆくは床下、床上浸水などの災害復旧に協力できるような企業に成長していきたいと思っています。

そのためには道具や人員、仕組み化など着実にステップアップが出来るように頑張っています。

時代の流れとともにただ規模が大きくなるだけではなく、変化し続けることが出来る企業が今後も永続する秘訣だと思います。

時代の流れに変化出来ないといくら大企業であったり老舗であっても倒産してしまう時代です。

ただ、急激な多死社会によって家財整理業界や特殊清掃業界も全ての法整備が整っているわけではありませんし、手探りをしながら良い方向に向かうように努力している人たちもいます。

弊社が「絶対正義」とは言えませんが、不法投棄や態度が悪い、追加悪徳請求、恫喝など依頼者が嫌な思いしないように情報開示することが弊社の使命だと思って活動しております。

札幌市中央区のカビ臭消臭

4月11日

昨年末に遺品整理のご依頼を頂いた一軒家のお宅なのですが、まだ雪が残っていて庭の不用品を捨てられなかったので「春先にもう一度来ます」ということで、改めて訪問しました。

ちょっとした不用品だけの予定だったのですが、「ブルーシートにくるまれた伐採した木を捨てて欲しい」ということを忘れておりました。

当時は雪に覆われていてそれほどの物量とは思っていなかったので軽く「いいですよ」なんて言ってましたが、当日に見てみるとご覧の通りもっさり!!

結構太い木もあり、結構な物量でした(驚)

すぐに札幌市環境事業公社さんに連絡して廃棄方法の確認をしました。

最悪なことに作業中に雨も降ってきて、びしょびしょの中作業となり、制服や靴、ユースフルなど備品が泥だらけになってしまいました。

不憫に思ってのことか、ご依頼者様から差し入れでたこ焼きを頂きました。

お気遣いありがとうございました。

その後はご覧の通りになりました。細かい枝木はまだありましたがもう土に還るだろうから放置でOKとのこと。

こういう仕事は便利屋さん以来のような気がします(笑)

木の撤去後は地下がかび臭いということのご相談も受けていたので、プロバイオティクス工法の一つである「グランバイオ”エア”」を散布しました。

売却が決まっていたので、それほどこだわりがあるわけではなかったのですが、施工に満足して頂けました。

札幌市西区のサ高住でエアコンの取り外し

上記の現場は本来では1時間ほどで終了予定だったのですが、大幅に予定が狂い、次の現場へ移動。

いつも大変お世話になっている札幌市西区のサ高住でエアコンの取り外しを行いました。

また再使用するということだったので”ポンプダウン”をしてガスが抜けないように施工をしていたのですが・・・1分2分が待てなくてちょっと電源を切る時間が早かったのかガスが抜けます!(あり得ない失敗です)

(※因みにエアコンの取り外しはネットで調べれば丁寧に解説していますのである程度の道具があれば誰にでも出来ます。)

やり直しのためにビスを取り外そうとしたら、ねじ頭が馬鹿になってしまいここでまた大幅に時間ロス!

通常15分もあれば終了する業務がホームセンターに走ったりして1時間半ほどかかりぐったり・・・。

これまた便利屋業時代に何十回もしている作業にも関わらず気持ちが急いでいる時はダメですね。

反省・・・。

灯油漏洩現場へ

その後、ここはブログ掲載出来ないので詳細は省きますが、とある現場に急行!

本当は13時開始だったのですが、現場到着したのは16時!!

「さて、気を取り直して消臭作業だ!」と思ったのも束の間・・・。

今度は機械の調子が悪くなってしまい全く作業にならず・・・。

機械はメーカーに出すことにして作業はいったん中止しました。

後日、メーカーからはモーターやシャフトなどの重要部分の交換が必要で修理代22万円との連絡(ガーン)

購入金額が約50万円の機械ですから下取りに出して新しい機械を買うか検討中です・・・。

おまけに最後は帰り道に愛車のハイエースのウィンカーが点かなくなるちょっとしたアクシデント。

踏んだり蹴ったりの一日でした。

翌日は雨の影響か、ショックのせいか久しぶりに微熱状態でブログを書いています・・・。

ただ、「人間万事塞翁が馬」なので良いこともあれば悪い日もあるということで一喜一憂しないことにしました。

こんなに1日にアクシデントが重なることは殆ど(むしろ初めて)無いので非常に疲れましたが、機械の点検などは今後きちんとしないといけないと思うのでした。

こんな失敗談をブログに掲載すると依頼が来なくなるかもしれませんが、たまにはこんな内容でお送りします。


お困りごとがございましたらご連絡下さい。

今回のブログ以外は失敗はしていませんのでご安心下さい。(説得力なし?)

社名に掲げる信頼される(Reliable)企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。