「社会的貢献度の高い仕事」って言われると嬉しいですね

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

今日はしばらく忙しくて行けなかった耳鼻科に行ってきました。

1か月くらい原因不明の咳がでて、時折頭の毛細血管切れるんじゃないかってくらいに頭が痛くなる酷い咳のときもありました。

肺に得体の知れない謎の菌でも入ったのかと思い、夜もぐっすり寝れないほどでした。

恐らくそれを放置していたせいもあり、鼻も調子が悪く耳が聞こえにくくなっていました。

聴力検査を受けた結果、左耳の鼓膜の張りがなく、空気の振動を受けにくくなっていると言われてしまいました。

薬を飲んでしばらく様子をみてみますが、耳が聞こえないって不便ですね。

ボソボソっと話す方は聞き取りにくいので、ちょっと自分自身でイラっとなってしまいます。

いずれにしても特殊清掃は綺麗な環境で働いていませんから、体調が悪い時や疲れがたまって抵抗力がないときにはやられやすい仕事だと思います。

防護服を着ようが、マスクをしようが体調が悪い時にはどうしようもありません。

社会貢献度の高い仕事

あと、今日は嬉しい報告がありました。

実は今、日本政策金融公庫さんから事業資金を調達するのに書類を提出しているところでした。

特に運転資金に困っているわけではないですが、車両を新たに購入するのに申請を出しています。

通常の銀行のマイカーローンなどよりは遥かに安い金利で借りることが出来ますし、法人の借り入れはきちんと返却していけば信用の積み重ねにもなるのです。

個人の借金は無い方がいいですが、ある意味、法人の借金は信用度合いのパラメーターにもなります。

よく便利屋さんや遺品整理業者のなかでも企業情報や取引先情報を書いているところがあり「取引銀行」と書いているところがありますが、恐らくただ口座開設しているだけで借入とかは出来ていないんじゃないかな?と思うようなところもあります。

銀行さんも馬鹿じゃないのでちゃんとしたところではないと貸したお金が返ってこない恐れがあるので、お金は簡単には貸してくれませんし、信頼の蓄積がないといざ困ったというときに貸してくれません。

銀行は「晴れているときに傘を貸し、雨が降っているときに傘を奪う」と言いますよね?
(順調な時には金をどんどん貸したがり、不調な時には金を返せと言う)

そのためには健全な経営と書類が必要です。

要は利益が出ていないとお金は貸してくれません。

「無借金経営」を自慢している社長も時折いますがそれは大きな間違いです!

お金を借りることもできないことを逆アピールしているか、経営戦略の間違いだと思います。

弊社では顧問税理士さんに必要書類を出してもらい、公庫の担当者さんから「御社の業務内容って色々と世の中のために役立って社会貢献度が高い仕事ですよね?」というお話からどうやらそういう職種には少しですが金利優遇があるそうです。

ちょっと詳しいことはわかりませんが、ちゃんと税金を納めて、社会貢献の高い仕事をしているとそういう特典もあるんだと思いました。

「特殊清掃を学びたい」、「独立したい」という人は多い

そんなわけで弊社も零細企業ではありますが、色々と経営については考えているのですが、どうも参入障壁が低いと思っているのか、「そんな甘い考えで大丈夫?」という人が多いのも事実でございます。

まぁ、それはマスコミや某協会が「簡単」「誰にでもできる」「将来性がある」「初期投資が少ない」などと言って煽っていますから簡単にだまされちゃう人も多いです。

煽っているところは煽っているだけあって”メリット”があるからです。

私のもとにはそんな人がちょこちょこ来ますので、「この人なら大丈夫」っていう人と「この人は無理だな」と思う人はすぐにわかります。

現在までにその統計は大体、合ってます。

そんなわけでご相談は乗りますが、「この人なら大丈夫」って人は一緒にやっていきたいと思いますので応援しますが、「この人は無理だな」と思う人にはハッキリ「やめときな」と言います。

大きくわけて

①勉強編(どうやって特殊清掃の勉強をする?)
②集客編(どうやって仕事をもらう?)
③経営編(どういうプランで会社運営する?資金力は?)
④人材編(現在の取引先は?働く人はどうする?)
⑤経験編(過去の職種は何?今にどう活かす?)

の5つの要素について質問します。

これで大体センスや考え方がわかりますので何も頭ごなしにダメとは言いません。

最後に「あなたの強み(武器)はなに?」という質問をします。

それが素晴らしければ成功する可能性は高いでしょう。

それに答えられないようでは生き残りは厳しいでしょう。

「特殊清掃やります!」
「特殊清掃やっています!」

そう言ってやっていけるほど甘くもないですし、経験・実績がなかったり、評判が悪いと仕事は来ませんよ。

お金を借りるのと一緒で「信頼の蓄積」が大切です。

ご依頼に関して

明日から3連休になり、弊社も基本的にはお休みですが、4日は遺品整理士認定協会主催のセミナーに参加します。

来週は月曜日に孤独死現場の消臭作業、火~水曜日はゴミ部屋の片づけと予定が入っています。

その後は少し空いて一軒家のフル清掃があり4日間くらいかかる大型案件の予定が入っています。

引渡し日に余裕がある仕事もありますが比較的11月はまだスケジュールに余裕があります。

年内に「ゴミ部屋」や「汚部屋」を片づけたい人は早めにご相談を頂き、現地見積もりを行い12月中には作業着手をして新たな気持ちで生活して頂きたいと思います。

ここ最近は同業者向けの内容のブログが多くなっていますが、一般の方からのご相談もお待ちしております。

社名に掲げる信頼される(Reliable)企業を目指す!

リライブル株式会社

0120-669-920

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。