札幌市の孤独死現場の特殊清掃が連日続いております

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

昨日は札幌市の中央区と厚別区と孤独死現場を2チームに分けて作業し、本日も札幌市西区にて孤独死現場の遺品整理と特殊清掃を行いました。

先月に引き続き孤独死現場が多いです。

因みに明日は札幌市東区にて孤独死現場の梱包作業予定です・・・。

超高齢化社会、多死社会、終活、高齢者が全人口の1/4とか高齢者に関わる話題が多いですが、特殊清掃を行っている業者の立場から言えばまだまだ行政の取り組みや一般の方への認知は広まっていない気がします。

孤独死に対応する保険ももっと積極的に(強制加入、加入義務など)導入することでオーナー様・管理会社が安心して部屋を貸せ、親族も万が一の時があっても安心という制度を利用するべきだと思っています。

「誰が原状回復の費用を出すんだ!?」とか揉めるのもイヤですよね?

自らの親族など身近な方が亡くなってようやく身に染みるものです。

時には遠縁の会ったこともない親族が「亡くなった」と警察から連絡が来るときもあります。

寝耳に水、青天の霹靂というやつです。

孤独死現場の片づけは特殊清掃に慣れている我々でさえも大変です。

お金も絡んでくることなので余計な負担がかからないように皆さんで各々自己防衛を考えるべきです。

夏場は肉体的にも精神的にも結構ハードな毎日を送っております。

「正義感」だけでも、「お金」だけでも出来ない仕事で「使命」だと思っております。

特殊清掃業者は遺品整理も当然出来るが、遺品整理業者が特殊清掃が出来るとは限らない

実は本日行ったお仕事はこちらのアパートの管理会社さんが提携している大手遺品整理会社のFC店が当初お見積りに来たそうです。

某大手遺品整理会社さんは古参で遺品整理業界では有名かもしれませんが、特殊清掃業界においては落ち目と思われている会社さんです。

大手と言われる企業はそう数社もないので某大手遺品整理会社がどこかは伏せますがわかる人が見たらわかってしまいます・・・。

ただご遺族様の質問、不安に対して

「どのように清掃するのか?」

「どのように消臭するのか?」

某大手遺品整理見積担当者さんはあまり明確に答えられなくてご遺族様が不信に思い、弊社のブログをご覧になって連絡を頂き、最終的に弊社にご依頼が来たという経緯です。

札幌市もそうですが、北海道全体で見ても特殊清掃専門に行っている企業は数社しかありません。
(大抵は本業との兼業か、HP上は特殊清掃という言葉を並べていても実際には行っていない企業も多いです。)

「遺品整理」と「特殊清掃」は同じに見られがちですが「全然別物」ですのでご注意ください。

孤独死現場発生した場所のご近所・隣人様へのお願い

前置きが長くなってしまいましたがアパートの一室、お風呂場でお亡くなりになってしまったそうです。

故人に対し心よりお悔やみ申し上げます。

今回ご依頼にあたりブログ掲載の許可を頂きましたH様、誠にありがとうございます。

同様の悩みがブログで解決されたこともあり掲載許可を頂いております。

臭気は玄関前からもけっこう漂っており、近所の人も作業中に話しかけてきましたが「臭かった」「大きなハエがぶんぶん飛んできた」とのこと。

「よ~く知っています」と心で思いながら、「大変でしたね」と共感します。

やはり、孤独死ということが初体験の方が多く、話をしたいのでしょう。
そして「ようやく片づけてくれる人が来た」という希望もあるのだと思います。

ただ、駐車場が無い場所やどうしても臭気が漏れてしまうような現場では「お互い様」、「一時的なもの」と思って少し我慢して頂きたいと願います。

時折、もの凄い剣幕で苦情を言ってくる隣人がいます・・・。

苦情にとどまらず、故人の悪態をつく人もいますが、数多くの孤独死現場に携わるご遺族様の苦悩を見てきているのでそういった物言いをされると喧嘩になってしまうかもしれませんので言動に気をつけて下さいね。

お願いします。(隣人は弊社ブログは見ないか・・・)

お風呂の掃除

今回は結構ハードな作業が予想されました。

※写真掲載しておりますが床の部分などはぼかしております。

当然、亡くなられた場所が一番臭気を発しますのでこちらを綺麗にしないと臭いは出続けます。

では、こちらのお風呂清掃を「経験のない方が出来るか?」

「ご親族・ご遺族が出来るか?」

・・・といえば出来なくないが、お勧めはしない!です。

物凄い独特な臭いは勿論、肉片などが粘土のようになり触感は宜しいものではありません。

脂の塊ですのでツルツルします。

ウジの抜け殻も大量にあり、それが排水口を埋めて水が流れません・・・。
浴槽内は小豆のような物体(ウジのさなぎ)が排水口から山ほど流れ出る光景とか見たことありますか?

こういったことは経験豊富なプロに依頼したほうが良いと思います。

もし自力で行う場合は精神的にも辛いものがありますので当初は一心不乱に出来たとしても緊張が抜けると光景がフラッシュバックすることがあり日常生活に支障を期すようにならないようにして頂きたいと思います。

今日は防護服、防臭マスク、ゴーグル、長靴カバーと完全防備で作業を行いました。

風呂場は一人しか入れませんし、ご覧のような装備なので暑し、息苦しいし大変な作業です。

作業後ですが、今後リフォームの可能性があるので”綺麗に”というよりは最低限の清掃になりますが、それでも中に普通に入れるようには致しました。

昔はタイル風呂などがありましたが、現在小さなアパートやマンションではユニットバスが主流です。

こちらに使用されている素材のFRPはプラスチック繊維をコーティングして出来ていますので永いこと強い臭気にさらされると臭いが染みついてしまいます。

(※まだ早い段階で発見・処理されたり、まだ設置が新しくコーティングが生きている状態ならそれほど重篤にはならないかもしれません)

例えば、「売り止めするのでお風呂は入らないから臭いだけ封じ込めて欲しい」というのならコーティングすることも可能ですが、「次の入居者のために臭いを取って」と言われるとフル交換をお勧めしております。

見た目だけを綺麗にするのに表面を削れば傷が多くなるのでカビなどのメンテナンスが大変になりますし、何かを塗れば見た目は綺麗に見えますが使用していれば年々剥がれてくるので良い結果をもたらすとは思えませんよね?

ですから弊社では「ユニットバスを現在の弊社の技術では”無臭”には出来ません」と伝えております。

全国の猛者の特殊清掃業者の中には「うちは完全脱臭が出来る!」という人がいるかもしれませんが、私はまだ聞いたことがありません。

今後は技術が進んで「完璧な脱臭」が出来るようになるかもしれませんが日々精進です。

ご遺品は札幌市環境事業公社さんと連携して法令順守で廃棄を行います

お風呂の清掃とは別に遺品整理も進めていきます。


こちらは数日前の見積もり時の状態だったのですが、本日伺った時にはご遺族様が大方袋詰めを行って下さっていたのでかなりまとまっておりました。

仕事の合間をぬって大変だったと思います。

梱包作業自体はそれほど時間がかからず清掃に入れたのは助かりました。

雨が降っていたので一階、道路側の立地だったので部屋の中に不用品を堆積しパッカー車が到着してからスタッフみんなで搬出しました。(当初は3名作業で後に他現場から2名合流して5名で作業していました)

現金や写真などはあらかじめ別に分けておいているのでご遺族様にお返し致しました。

不用品処分業者、心無い便利屋さんだと「現場で出たものは自分のもの」という感覚の業者も残念ながらいるようです。

一昔前は大半がそうだったのですが、現在はそういった業者は信頼されないので自然と淘汰されてくるのが市場原理だと思います。

「激安」「格安」などをうたっているのは何らかの要因があるものです。

物事の裏側を察して頂く洞察力を持って頂きたいです。

どこの現場でもそうですが不用品から臭気が出るので本来は屋外に置いておきたくはないのですが致し方ありません。

今回は立地が良かったのでこの方法が取れました。

お部屋の清掃後です。

キッチンの換気扇の油汚れも凄かったのですが、前後写真を撮り忘れてしまいました。

油汚れに死臭がこびり付きますので必ず清掃しないといけない箇所の一つです。

作業当初よりは臭気もぐ~んと下がりました。

ただ、リフォームをしないとお風呂が厳しいと感じた現場でした。
またリフォーム後の仕上げ消臭のご依頼があるかもしれませんのでまたご縁がございましたら宜しくお願い致します。

特殊清掃作業代はいくら?

因みに気になる作業代は約30万円です。

高いでしょうか?安いでしょうか?

作業代金の感じ方は人それぞれだと思います。

一つとして同じ現場はありませんので必ず現地見積もりが必要となります。

例えば、今回のように部屋からの搬出先が一階で道路側のような現場だと作業時間も短縮でき肉体的にも楽ですが、特殊清掃がハードなど色々と条件は変わりますので一律ではありませんのでご参考まで・・・という程度にしておいてください。

処分する家財整理の量やそれにかかる日数、作業困難度、作業場所の条件、リフォームの有無などにより価格は変わります。

本当に忙しいんです!

10月の中旬まで仕事予定が入っており、おかげさまで忙しいです。(見栄とかじゃなくて)

お急ぎで無い限りは対応させて頂きますが、9月中引き渡しは無理です。

本日も「公営団地の火災現場リフォームで入札参加したいので見積書だけ欲しい」なんて馬鹿なことをいうデザイン会社があり、そんな時間も人員も割けないのも事実ですがこういった会社とはお付き合いしません。

なんていうんでしょうか・・・明らかに下に見ているような電話口調。

「弊社は価格では勝負しないので(入札のような価格で決まる)安くないから無理ですよ」とやんわり断りました。
「リライブルさんに依頼したい」「リライブルさんしか信頼できそうなところがない」と言ってくれる方が多い中、「”とりあえず”見積もりだけでも」なんて企業の方からはご遠慮頂けると助かります。

お客様も会社を選ぶように、弊社もご依頼者を選ぶ企業です

冒頭でも申した通り、「お金」だけでは出来ません。

感謝されるような仕事、感謝される仕事を心掛けておりますので、「感謝をする気持ちの無い方(企業)」とはお付き合いしたくありません。

一般の方はわからないことが多いと思いますのでご相談、ご質問点などにはお答え致します。

超忙しいですが、閉ざされた業界なので情報発信は続けていこうと思っております。

特殊清掃.ASIA」というサイトも弊社で運営しており、こちらにもブログ掲載しております。

社名に掲げる信頼される(Reliable)企業を目指す!

リライブル株式会社

0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。