網走市まで特殊清掃の見積もりへ

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

昨日は網走市に出張見積に行きました。

札幌から網走間、約350km(=東京~名古屋間)で5時間半で到着しました。


(※北見市あたりで休憩を兼ねてドローンで撮影してみました)

なんで網走市まで行ったのかと言うと一軒家で猫の多頭飼いによる糞尿臭の特殊清掃見積もりでした。

さすがに網走市まで行くには高速道路料金、燃料代、移動時間の人件費などもかかるので「出張費を頂きますが良いですか?」という了承を事前に頂いて訪問しました。

因みに5万円(税別)です。

高いですか?

高いですよね?

高いかもしれませんがこちらも覚悟をもっていかなければなりませんので致し方ありません。

慈善事業ではないのでそこはビジネスとしてご理解ください。

現場に行ってから「見積料がかかります」とは言っていませんのでご安心下さい。
※作業受注となればこの見積料は返金します。

ただし道央圏は見積もり無料です。

道東には”実績の表示している特殊清掃業者”がほぼ皆無!

そもそもが、網走を含めて道東方面には「特殊清掃業者が居ない、探せない、見つからない」ということで弊社ブログを読んで頂きご相談を頂きました。(確かにインターネットで検索しても出てきません。)

臭気や汚れ具合は現地に行かないとわからないことが多々ありますので写真や電話だけでは判断が付かないことが多いです。

現地を見ましたが・・・う~ん、残念ながらそれなりに高額になってしまうような状態です。

部屋数も多く、全ての箇所が汚染され、ニオイもそれなりにします。

軽度なら2泊3日~3泊4日くらいで終わらせられるのでしょうが、ここまで重篤だと消臭に時間がかかるので一度の訪問ではなく数度来ないといけません。

ご自宅自体も築年数が古いので特殊清掃とリフォームをするとした合計金額と比べて解体して他の家を借りるなりした方が安いかもしれないというお話をさせて頂きました。

例えば、まだ築年数が若いのであれば修繕して長く住めますが、築30年前後の物件だとそもそもの資産価値がなくなっているので費用対効果を考えるとどうかな?と思ってしまいます。

弊社の都合だけを考えればそこは黙って受注する方向で行くことも可能ですが、それでは良い提案にはなりません。

何がご依頼者にとってベストなのかもご提案させて頂いております。

その後釧路へ向かう

※小清水町でドローン撮影(道路と線路が左右中央に左が涛沸湖、右がオホーツク海です。北海道らしい風景ですね~)

網走の見積もりを終了後、釧路市に向かいました。

この間、約150kmです。

鶴居村では鶴のツガイを数カップル見ました。

道産子ながら何度も野生の鶴を見る機会がないので感動しました。

野生の鹿の群れもいたり北海道らしい風景が続く道路を走りました。

釧路市で高校教師をしている大学時代からの親友と久しぶりにこの機会を利用して会いに行きました。

「お互いにおっさんになった」という話をして調子にのって呑んでしまいました。

若い頃と違って深夜までお酒を呑むと身体への負担が半端なく回復が遅くなると感じています。

帰路は同じく350kmなので1泊2日の行程で合計850km走行しました。

北海道は広いです・・・。

道東方面で特殊清掃を出来る業者が居れば・・・。

意外に道東方面からの特殊清掃関係のお問合せは多いです。

今回のように「出張費がかかっても仕方ないので来て欲しい」という場合は珍しいですが、確実に困っている方は多いです。

今は高速道路が利用できるのでいいですが冬になるととてもじゃないですが遠征出張には行けません。

本来はきちんとした地元業者をご紹介することでお互いにメリットがあるのですが、残念ながら安心してご紹介出来るような専門業者が道東には居ません。

なんでもいいから「儲けたい!」と思う人は今がチャンスですよ!

札幌圏で競うより北見、網走、紋別、釧路、根室方面は現在手薄です。

ブルーオーシャンです!

・・・と言っても一から始めるならそんなに甘くて簡単ではありませんけどね。


※当サイトで一番人気の記事「本当に儲かるの?~特殊清掃業界の実態」をご参照ください。

将来的には「リライブル道東支店も視野に入れるべきなのかなぁ」と帰路に考えておりました。

何度も言いますが、北海道は広いです・・・。

【9月スケジュール近況】

9月も中旬ですが予定が埋まってきました。

来週は見積位なら対応出来ますが、お急ぎの方、9月末までに片付けなければいけないなど期日がある方はお早めにご相談下さい。

同業他社さんも9月はどこも忙しいみたいですよ。

社名に掲げる信頼される(Reliable)企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。