本当に儲かるの?~特殊清掃業界の実情

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

文化の日、国民の祝日ですね。
大きな雪がぼたぼたと降って積もりそうです。
冬タイヤへの交換は済みましたか?私は先日スタッドレスタイヤに交換しましたので一安心です。

最近、当社も特殊清掃に関するご依頼が増えると共に、ネットで「特殊清掃が儲かる」ようなカキコミをしている掲示板がありますが、実態を知っている私からすると・・・

「・・・あほだなぁ、甘いなぁ・・・」と思ってみています。

リライブル 特殊清掃儲かる

確かに、「儲かる」という話は嘘ではないとは思います。

ただし、それが永続的に続くのか、単発なのかということを皆さんは知りません。

たまに数百万円というお仕事の依頼があったとしてもそれが毎回、毎日続くわけではありません。

またそういった高額の場合は大抵はリフォームも絡みますし、始めたばかりの会社にそんなに大きな仕事がくるとは思えません。

当たり前ですが、こういったお仕事を続いて頂けるようになるには努力継続が必要です。

また、特殊清掃の需要は昔に比べて増えているかもしれませんが、それ以上に特殊清掃をやっているという会社も増えてきました。(北海道の場合、実際は疑わしい会社が大半ですが)

ただ、同業者だとホームページを見ればわかりますが、経験・実力・機材・知識のない会社のほうが圧倒的に多いです。

ある程度、経験を重ねている企業だとすでに各地方で有名になっていたり話題になっていたりするものです。
また清掃に関してはある程度は出来ても、消臭が出来ない・未熟な会社が多いようです。

遺品整理会社のすべてが特殊清掃が出来るわけではありませんのでご注意下さい。

 

●消臭機材は高額な物が多い

消臭機材に関しては専門的な物が多いため、設備投資にお金が意外にかかります。

そこまで投資して回収できるほどの仕事がバンバン来るという自信があれば良いのでしょうが、なかなか思い切れない会社も多く、結局外注して紹介料をもらったほうがリスクが少ないという考えの会社が多いですね。

当社もいろいろと消臭機材や薬剤を買っていますが、それほど使用頻度が高くない物でも、こういった場面にはこの機材が必要だな、こういった場面で役に立ちそうなどといって先行投資で購入しているのが現状です。

また業務用の消臭剤は高額ですし、どのような匂いに効くのか試行錯誤しながら購入したりしています。

買ったからと言って必ず元をとれるほど仕事があるか?と言われれば元をとるように頑張っています(笑)

タイガー リライブル参考までに上記の消臭器で約80万円です。
当社は消臭機関連で300万円近く投資しております。

消臭作業はいろいろな現場環境、匂いの種類、お客様の予算によっても施行方法が違います。
(消臭作業だけでは完全に無臭にすることは難しく、リフォームしてしまったほうが早いのですが予算の関係難しいなどいろいろな場面がございます。)

全ての場面で高額請求できるわけではないのです。

●特殊清掃に従事する人の給料

自分で経営する気なら良いですが、清掃に従事するただの従業員の場合(共同経営者、役員は別)、サラリーマンですので皆さんが思っているほど給料は高くないと思ったほうが良いでしょう。

一昔前は月給50万~100万円なんて言われていましたが、20万円~30万円くらいが相場ではないでしょうか?

特殊清掃 社員 給料

むしろ立ち上げたばかりの時は依頼がすぐに来るわけではありませんので収入面ではかなり厳しいです。

凄い高い給料を払っている会社もありますが、そういった会社は全国でも数えるくらいです。
全国出張や泊りがけの作業も多く、数もこなすし、現場もハードなようですよ。

そういったところで現場経験をたくさん積んで独立起業したいという方には最適な職場でしょう。

今は就職したい人も多くなっているので、何か業務に関連する資格や特技、経験などがあると採用されやすいかもしれません。

※問合せはあるのですが、当社では現在正社員募集はしておりません、悪しからず・・・。

●「お金のため」だけでは続かない

月並みな言い方かもしれませんが、「儲かるから」だけで事業を始めた場合は余程戦略がしっかりしていない限り失敗するでしょう。
ご依頼者も馬鹿ではありませんので、そういった心理はすぐに見抜かれてします。

自分では解決できないけど、こういった特殊清掃会社なら解決してくれるという希望をもってご依頼を頂くことも多いですし、それに応えるために日々勉強や研究を重ねているのです。

ですから、「”安易に”儲かる商売ではない!ということを明記しておきます。

●儲かるためにはどうすればよいのか?

・・・ということも一応お話しないといけませんね。

特殊清掃の仕事は汚い、臭い、キツイ、気色悪い、気持ち悪いなど誰もが好んでやりたい仕事ではないでしょう。

下記写真は私ですが、トイレで亡くなってしまった方の清掃で生きているウジの感触や蠅、マスクをしながらの呼吸の苦しさ、夏の暑さ、死臭・腐敗臭などの匂いに耐えながらの一人作業などもあります。

孤独死現場 トイレ清掃
誰もが出来る仕事ではありません。

だからこそ、「商売」になるのです。
ここまでは誰でも理解できると思いますが、頭の中で考えるのと実際に行動に移すには天と地の開きがあります。

未経験の場合、『どこで技術習得するのか?』などわからないことばかりでしょう。

一番手っ取り早いのは有名企業に就職するか、アルバイトで現場経験を積ませてもらうことが近道だと思います。
そこで経験を積んで、独立するというのが遠回りに見えて実は近道です。

※遺品整理士認定協会が運営している全国求人サイト『ゆうき』も見てみてください。
まだ掲載数は少ないですが、ご参考までに~

そして、独立した場合、この特殊清掃業界は「格安」をうたって仕事を受けると失敗をします。
(起業当初は経験を積むため、顧客を増やすための戦略的価格設定という考えならOKです)

それはなぜか?

結論から申しますと優秀な人材や良い人材が集まらなくなるからです。

それこそ給料が安いのにキツイ現場に誰が好き好んで集まりますか?

また自分である程度優秀だと思う人材は自分の価値をわかっていますので安い給料では働きません。

良い人材が集まらないとどうなるの?

業界全体が技術力が停滞、悪徳業者が横行することになります。
安いから数をこなす(数をこなせるだけ依頼がくればまだましですが)
一件一件の作業が粗くなる(評判も悪くなるので仕事もこなくなる)
・・・という悪循環です。

やはり、儲かる(生活に困らないだけの収入+α)ようにしないといけないと思います。

そのためには資機材への投資は必要ですし、サービス業としての社員教育も必要です。

儲けるためには、投資が必要なので、まず『資金』が必要です。(それがないから苦労してるんだろうが!と怒られそうですが)

手元に「資金」がない場合は「信用」を築いていかないといけません。

きちんと営業年数を積み、きちんとした経営をしていれば銀行なども融資をしてくれるようになります。
正しい商売をしていない会社が多いので金融機関からの融資が受けられないところも多いようです。

特殊清掃は儲かる?


本当に永続的に儲けたいなら『正しい商売』をすることが近道です。

なんでも手っ取り早く、簡単に・・・なんて美味い話があるわけないのです!

※長々と書きましたが一番言いたかったのはこのことです。

最近はこういったことを理解できず、すぐに楽に金儲けようと思うから失敗するのです。

詐欺師などは特にそういった心理を付いてきますのでご注意下さい。
俗にいう「情報商法」というやつもこの類ですね。

また営業行為も必要でしょうが、こういった業種の場合は営業行為がすぐに依頼に繋がらないことが多いので地道な活動をしないと難しいです。

それなりの仕事にはそれなりの報酬
きちんとした仕事にはきちんとした報酬が必要となります。

信頼できる特殊清掃 リライブル

 

当社を選んでくれている方

最後の最後に余談ですが、当社を選んで頂いている方は当社の別サイトでもある『特殊清掃.ASIA』や『便利屋SAPPORO』のブログをじっくり見て、1か月ほど企業研究をして決めたという方も多いです。

お急ぎで無い場合は是非、そういった方法もありますのでご覧頂けると幸いです。

私の考えに共感して頂いたり、作業内容などがしっかり掲載されているなど評価を受けています。

遺品整理に関しては安くても良いかもしれませんが、特殊清掃に関しては価格ではなく”技術力”で選ぶようにして頂くと大変助かります。

世の中には「何でも安いほうがいい」と思っている方も多いでしょうが、その反対に「価格ではない」と思う方もまた多くいらっしゃいます。

昔から言われているように「安物買いの銭失い」とならないように業者選定は慎重にしてください。
当社は価格だけでは選ばないという方から選んで頂ける会社になるように日々精進しております!

【このブログは全国的にもよく見られているようで反響が大きいようです】

特殊清掃に関するご相談はどのようなことでも構いませんので下記フリーダイヤル及びメールにてご連絡下さい。

尚、ご依頼者は勿論のこと、同業他社様、これから起業しようという方でも構いません。

宜しくお願い致します。

社名に掲げる信頼される(Reliable)企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。