「ブログ読んでいます」と言われると嬉しくなって安くなります(笑)

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

今日は札幌市中央区でハウスクリーニングのお仕事をして参りました。

前日に「清掃をお願いしたらいくらですか?」とお問合せがあり、概算を伝えたところ「部屋に来て見積もりをしてほしい」ということだったので、訪問させて頂きました。

過去にちょっとお部屋が汚れてしまったことや、自身の精神的なことなど色々とお話を聞いて「なんとか助けてあげたいな」と思いましたので、格安でありながら効果のある清掃をご提案しました。

ご予算もあり、「この予算でどれくらいまで清掃出来ますか?」ということだったので計算させて頂き翌日作業となりました。

「ブログを全部見ました!」

この言葉に大変弱く、恐らく通常作業代よりも2~3割くらいは作業代が安くなる傾向にあります。

是非、このフレーズを積極的に使ってみてください。※ただし女性に限る(笑)

因みに今回の作業はキッチン、お風呂、トイレの清掃で予算の都合上、窓ガラス清掃は入っておりませんでした。

ただ、「ブログ見ました」と言って頂いたこともあり、過去に窓ガラスを綺麗にするかしないかで全く部屋の印象は違います。というお話を書いております。

光の入り方が違うので晴れた日は本当に気持ちよくなります。

ですから、サービスで作業致しました。

作業前後の写真撮り忘れてしまったのですが(←バカっ!)、S様も「ガラスが無いくらい綺麗になりました」と喜んで頂けたことと思います。

せっかく当社指名で清掃をしても「感謝・感動するレベル」ではないのなら意味がありません。

ご依頼者が「お金で業者を選ばない方」なのであれば当社もそれに応えたいと思っておりますし、「金」や「効率」が全てという方針ではありません。

実は「格安業者」に依頼するよりも弊社のほうが安い場合も多々あります。

キッチンの汚れ

作業前です。黒焦げな部分がありますね~。

油汚れとタバコのヤニ汚れがありました。
ガスが止まっているので全て冷水なのですが、油は水温が高いほうが効率よく落ちます。

一応、電気ポットを持参し換気扇のファンを漬け置きするために用意しましたし、スチームクリーナーを使用しながら汚れを落としていきました。

地味に時間がかかる場所の一つですが、白と黒が印象的でモダンな感じに復活しました。

ユニットバスの清掃

S様から見積もり時に「ひかないでくださいね」と言われましたが、全然大丈夫です!
むしろこのレベルなら特殊清掃とは言いませんし、簡単ですから安心して下さい。

最後に床の清掃

大きいゴミは箒と塵取り、その後掃除機かけを行い、床にこびり付いた汚れは洗剤をかけスクレイパーで取り、糸モップで拭き、空拭き用のモップで仕上げです。

床の状況も写真撮り忘れましたが、言葉にするとたいしたことないですね・・・。

S様からも「この苦労は写真だけでは伝わらないですね」と労って頂きました。

9:30~17:00位まで主要なところは弊社スタッフが行いましたが、S様自身も部屋のあちこちを掃除してくれました。

最後に部屋も綺麗になり、精算時に「当社の清掃は高かったですか?安かったですか?」と聞いてみました。

こう聞かれて「高い!」とは答えにくいと思いますので私の質問の仕方も悪かったのですが、「あり得ないくらい安かったです」とのコメントを頂きました。

実は私もそう思うくらいに今回は格安だと思います。

冷蔵庫、洗濯機その他廃棄代、清掃代も含め約6万円です。

【余談ですが・・・】
見積の段階では廃棄物はS様が普通に捨てる予定だったのですが、布団などの不用品が増えたこともあり急遽、パッカー車に来てもらい回収処分してもらいました。

なぜ、安くなったのか?

恐らく、弊社に連絡をする前にも「悩んでいたのであろう」ということは会話の中でも感じていました。

私は「お金さえ払えばいいんでしょ?」という態度や言動があった場合は仕事を受けることはありません!

やはりご依頼者もお金を払うとはいえども、「助けて欲しい、この会社ならなんとかしてくれるかもしれない」という期待をもって頂いている時に私の心の琴線に触れるのだと思います。

多くのごみ屋敷、ごみ部屋、汚部屋の片づけをさせて頂いてますが、部屋が綺麗になった後のご依頼者様達の表情が変わることが大好きです。

是非、これからは美観を維持して人生リセットして頂きたいと思います。

住環境が汚いと負のオーラが充満してしまいます。

S様、求職中とのことだったので心機一転、仕事が決まることを祈願しております!!

ごみ屋敷、ゴミ部屋、汚部屋でお悩みの方

まずはお気軽にご相談下さい。

「いくらかかるのか?」は人それぞれで全く同じ状況はございません。

悩んでいる時間がもったいないのでお電話下さい。

0120-669-920

当社が運営している「特殊清掃.ASIA」も全国各地からブログを読んでもらっています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。