消臭に関するお問合せが増えております

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

今日は久しぶりにお休みだったので小学生の我が子にスキーを教えるためにスキー場に行ってきました。

最近では年に数回しか行かないこともありますが、3日間大型案件で身体を酷使していたせいもあり、すぐにバててしまいました・・・。

なんだか加齢を感じる年ごろです・・・。

さて、そんなお話は置いておいて、タイトルにあるように北海道各地から「消臭や臭いに関するお問合せが増えています!

過去には消せなかった臭いが今は消臭剤などの発達で消えたりしますし、オゾン消臭器も性能が格段に上がっていますので昔より短時間で消せるようになってきました。

また、お金をかけて消臭をするということ自体が少なかった時代から悪臭・異臭がクレームのもとになる時代になったこともあります。

例えば、

・車内のタバコ臭を消したいという中古販売店。

・前の住人の生活臭を消したいという不動産屋さん。

・同じく前の住人のペット臭を消さないと売り手が見つからないというオーナー様。

灯油が漏れてしまったのでどうしたら良い?という大工さん。

・飲食店でボヤをおこしてしまったのでスス臭いので何とかしてほしいという経営者。

臭いがもとで損失が生じたり、本来は営業して得られる収入が入らなかったりと悩みは人ぞれぞれです。

飲食店を例に言えば、1日の売り上げが30万円あるけど、スス臭のせいで臭いが取れるまで閉店しなくてはならないという場合は30万円×日数が損失です。

1週間ともなれば270万円の損失となります。

因みに煤臭(スス臭)は建築資材などが燃えて複雑な物質変化を起こしているので、放置していても簡単に消える物質ではなく、自然に放置しているだけでは2年は消えないと言われています。

また、少量のススでも敏感に反応してしまう傾向があります。
人間が長年の経験でスス=火災が危険ということを生物的遺伝から感じるので不快感を示し危険を感じやすくなります。

特に男性よりも女性のほうが敏感なようです。
客層が女性客が多いお店やオーナーが女性の場合は消臭作業を行わないとダメでしょうね。

飲食店の場合、その休業期間中に新規のお客様を逃してしまう、従業員の給料補填など単純な利益以外にも影響が出てしまいます。

ですが、当社にご依頼頂き、消臭をしたほうが早く営業再開が出来るようになります。

どちらか損か徳かはお見積りして比較してみないとわかりませんが、過去の例で言うと「早めに依頼して良かった!」というお言葉しか頂いていません。

なんでもかんでも交換はしなくても大丈夫

いずれにしても臭いの発生源の確定、臭いの強さ、悪臭の原因物質の特定などは現地に行かないとわかりませんし、消臭後の臭いのレベル(徹底的に無臭にするのか、気にならないレベルまででいいのか?)によっても作業時間に差が出ます。

最初の打合せの段階でお互い打合せを密にしないと良い仕事が出来ません。

「完全に無臭にしたい!」となれば物質自体を交換しないといけない完全リフォームが必要となりますが、では、「すべての箇所を変えなくてはならないのか?」となれば、そうとは限りません。

1ルームの場合はそれでも良いですが、一軒家や広いオフィスなどでフルリフォームをした場合は工賃がかなりかかります。

リフォームのみで済むのであれば消臭作業をする意味がありません。
リフォーム不要でも消臭作業のみで安く済むこともございます。

「ここは臭いの発生源だから絶対に変えないとダメだけど、ここは消臭作業で消せるので工事費が安く済みます」などは打合せが必要となります。

当然、ご予算もあるでしょうし、なるべく安価で効果が高いように、更に後々クレームが来ないようにしないといけません。

電話でお答え出来る範囲ではお答えしますが、何せ不確定要素が多いので電話のみでは正式な見積もり金額の算出は難しいことが多いです。

遠方の場合は気軽に行きますとは言えませんが、ご相談頂ければ対応させて頂きます。

まずはお電話での御相談を頂き、納得して頂いた場合現地見積もりとなります。

ご不明点、ご質問等がありましたらお気軽にご連絡下さい。

0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。