遺品整理士、実家を片付ける~の巻

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

先日は当社スタッフに手伝ってもらい美唄市の実家から江別市への引っ越しを行いました。

実は3年ほど前から両親に「遺品整理は大変だから物を少なくてしてほしい」という話をして徐々に”洗脳”していきました。

遺品整理業をしていると色々な場面に遭遇します。

物が溢れかえっている部屋をお子さんが苦労して片づけているシーンを何度も見てきていますし、そういった大変さはよくわかっているからです。
あまりの大変さ、あまりの高額さに場合によっては亡くなった親御さんを憎んでしまうご遺族もいらっしゃいます。

私の自宅裏の土地が空いていたので当初は仕事用のガレージを建てる予定でしたが、孫もまだ小さいうちに近くに引っ越そうということになり家も新たに建てたのです。

元の実家は7LDKで物置、車庫一体型で収納がたくさん出来るのと父親が昔ながらの「物を捨てないタイプ」

実家の片づけ 遺品整理士

父の趣味のアンモナイトや自然石が大量にあり、一つ一つが重たい。

お土産品の熊の木彫りやフクロウに木彫り、こけしなどあまり流行らない土産物・・・。

DIY用の木材や鉄板などの資材が大量。

漬物樽、漬物石などいっぱい。

脚立や工具、除雪道具などもいっぱい。

長男なので来客用に食器、布団多い。

実家片付け 美唄 実家片づけ 美唄2 実家片づけ 美唄3
※写真に残してあるのはそのまま廃棄する物たちです。
カーペット、茶箪笥、テーブル、マッサージチェア、台所用品等々・・・。
散乱していますが、まだ途中なのでお許しを・・・。
実家片づけ 美唄 物置
車庫&物置は写真ではわかりにくいですが奥にもまだまだあります。

母親の協力もありこれらを捨てたり、数を少なくしたりと徐々に減らしてもらいました。

私も他人のお宅によくお邪魔させて頂きますが、団塊の世代は物が多い傾向にありますし、”もったいない”と思う傾向が非常に強い世代です。

実は使わない物を置いておくほうが勿体ないのですが・・・。

これらの意識改革をして、物を捨てるように説得するには大変時間がかかります。
まして肉親だとそれが元でトラブルになりがちです。

年を重ねると気が短くなってくるのか「捨てる、捨てない」でケンカになったりします。

いずれにしても物が多い生活よりもシンプルな生活のほうが健康的な生活を送るのに何かと安心です。

家屋と土地の売却先も決まって最終引き渡しはまだ先なのですが、まずは一段落かと安心しました。
この時計は建築当初からあったので36年間現役です。

実家片づけ 美唄4
「ふるさと」、「田舎」というべき場所が無くなるのは寂しい気もしますが、でも、まだ有珠に別宅があるのでそちらも将来的には片づけないといけないのですが・・・。

皆さんも遺品整理、生前整理でお困り事があると思います。
まずはどのようにしたらよいのか、どれくらいかかるのか見積もっておきたいというご相談でも構いません。

0120-669-920

ちょっとしたところに不満が残る残念な新築物件、許すまじエコ○ハウス

あと余談ですが、エコ○ハウス(神○設計)に依頼したのですが、担当者がズサンなのか、非常に不満に思う箇所がたくさんあります。(親が決めたハウスメーカーだったので途中から口を挟むのを辞めたのが完成を見て感じた失敗でした)

内装的には最初からやっていれば大した料金の差はないのですが、クローゼットや収納棚の中の壁紙が貼ってありませんでした。
棚が無い状態で壁紙を貼れば凸凹が無いので大した労力ではないのでしょうが、棚を作ってから壁紙を貼るほうが切り貼りをする手間と時間がかかります。

壁紙貼 作業前
貼り忘れたのかと思いました。
こうしたことが満足度を下げる原因でしょう。

便利屋アイウィルの伊賀代表に壁紙を急きょ貼ってもらいました。
便利屋アイウィル 

全然印象が違いますよね?
壁紙貼
※最終完成は天井も壁紙を貼っています。

エコ○ハウス!
高齢者だと思ってのことか不親切設計だと思います!!(怒)
契約書類も不備だらけです。(ハンコが押してない、同性の方の書類と間違えてファイルしている?)

玄関のドアと玄関フードの作りもおかしいので出入りしずらい。
大型冷蔵庫が窓を外さないと出せないなんて将来的に困ります。
ルーフドレンが今時外付けの上、梯子がないので屋根に上って掃除もできやしない。
電話やネットで使うモジュラージャックがない。
トイレの取っ手の位置が実用的でない・・・。

当社も遺品整理後の埃払い、掃除機かけは無料で行っております。
簡易清掃ではありますが、これが有るか無いかで印象が全く変わります。

悪評はすぐに広まり、良い噂はなかなか浸透しないものです。

こう言われないように気を付けようと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。