新型コロナウィルスの除菌作業を行わない宣言の補足

当社のホームページTOPに掲載しましたが、新型コロナウィルスの除菌作業は行わないことに決定しました。

以下補足としてご説明をさせて頂きます。

特殊清掃業者のプライド

個人的には「コロナ感染が怖い」ということでは無いですし、「社会貢献」という意味では実施したい!というのは強く思っています。

しかし、弊社が営んでいる『特殊清掃・家財整理=通常業務』も元々が「困っている方たちを助ける仕事」であります。

本来の通常業務が滞ってしまうと本末転倒な結果となります。

我々が訪問することにより感染者が増えたなんてことになれば企業存続も危ぶまれることになります。

苦渋の決断ではありますが、ご理解頂けると幸いです。


①作業員数の不足

弊社では除菌に関する装備や知識はありますが、作業員数の絶対数が足りません

通常業務部隊と除菌部隊と2チーム制に出来る社員がいれば可能ですが、現状では難しいです。

アルバイトや日雇い労働者のような方たちに危険な現場をお願いするわけにはいきませんので付け焼刃のスタッフがいては逆に危険になります。


②化学防護服の不足

在庫はある程度ありますが、医療従事者が優先ということで防護服やマスクなどは一般企業には回ってきません。

弊社も現在の防護服の在庫数では除菌作業を行ったときに一気に在庫数が無くなってしまい他の業務の時に業務に支障が出ます。

防護服の生産や供給が滞りなく行われる状態ではないと特殊清掃業者としては継続が難しくなります。

作業員の安全を守るためには”十分な装備”がないと現場参加させるわけにはいきません。


③弊社以外でも除菌作業は十分可能

弊社は札幌市(北海道)で最も孤独死現場の施工を行っていると自負しておりますが、こちらも緊急性が高いことが多く、放置しておくと原状回復費用が莫大になってしまうこともあります。

また除菌作業に関しては一定の装備と知識があればどこの業者でも行うことが可能な業務ですので弊社が行わなくても大丈夫だと判断しました。

実際に私が面談をさせて頂き大丈夫だと判断させて頂いた会社です。

【除菌のお奨め業者さん】

浄化舎本舗(株式会社フィールド)

札幌市東区北36条東24丁目4-8
011-787-7791(担当:神野(カミノ)様)


④感染者が出たときに除菌作業をしてくれるか?

法人様からのお問合せで多いのが上記のことですが「それは予定が空いていて予算が合えば可能です」とお応えしていましたが、弊社では道央以外のご依頼で道内各地に泊りがけで出張に行くこともしばしばあります。

そんな時に緊急対応が難しくなってしまうので、それなら選択肢からいったん外して頂いた方が良いと判断しました。


⑤「除菌作業も出来る」・・・一歩下がられる感覚

会話の中で「コロナ除菌も出来ます」というお話をすると「いつも除菌作業をしている」ものだと思っているのか、一歩下がられるということがあります。

哀しいことですが、まるで感染者や汚物を見るような目になることがあります。

誰もが現状や将来の不安で心に余裕がなくなっている状況ですから致し方ないと思います。



弊社でははっきりと「除菌作業はやりません!」と宣言することで、特殊清掃や家財整理の通常業務依頼をためらっている方へお知らせしたいと思いました。

賛否はあると思いますし、企業として「何が正しいこと」なのか選択が難しい時期ではあります。

除菌作業は新たな分野のビジネスとして注目されていますが、弊社ではコツコツと真面目に本来の業務を邁進することが一番の社会貢献かと思い宣言させて頂きました。

令和2年4月18日
リライブル株式会社
代表取締役 鈴木健郁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。