家財整理業〜”正しい方向”へ前進するのは意外に難しい!?

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

令和2年3月1日です!

弊社は2月決算なのですが、恐らく4期連続黒字で終了出来たと思います。

まだ顧問税理士さんとの付け合わせや決算書が手元にないので確定ではないのですが自分の計算では良い感じです。

売上も消費増税の影響もありましたが、昨年よりUPし順調に毎年上がっております。

世の中には儲かっていても節税のためにわざと赤字決算にする会社も多いです。
(なんでも全国の企業の6割以上は赤字決算だそうです。赤字でもお金が回っていれば倒産しないのです)

またそれをお奨めする税理士さんもいますが、個人的には好きではありません。

私はインフラ環境の整った日本で商売をさせて頂き、「困りごとを解消する仕事」で得たお金を適切に法人税などで還元するのが当たり前のことであり経営者の責任だと思っていますのであえてそういった数字調整は致しません。

資本主義の原則として一定のルールの中で儲かる方法を探すのはそれはそれで良いのかもしれませんが、「日本人の美徳」を大事にしたいので個人的には受け入れられませんし、そんな器の小さな社長であれば社員は会社に誇りを持てないと思います。

「社会貢献につながる仕事がしたい!」という志が高い社員が集まるとは思えませんので、長い目で見るとそういった社風は身を滅ぼすと思うのです。

正直、「ツライなぁ」と感じることもありますが、周囲への感謝や志を高く持つことを忘れずにいたいと思います。

買取・物販も順調!

ちょうど昨年から買取強化をし始めたWEB物販事業部も順調に売上げを伸ばしておりスタッフ一同に感謝です。

【弊社が運営する『リライブルの遺品整理』のブログでは買取させて頂いた物の情報や高価買取のコツなどを掲載しておりますので是非ご覧ください】

これは家財整理のご依頼を頂いた方への大幅値引きが可能になりましたし、社員教育のための資金に充てることも出来ます。(自分たちの手で販売するので「何が売れて、何が売れないのか?」などの商品知識の向上にも役立ちます)

ここで得られた利益を元手に社員には実際に何度か東京へ勉強に行かせることも出来ました。

廃棄品を減らすのでエコにもなりますし、誰かに使ってもらいたいという「想い」も無駄にせず、売上もあがりますから正に”三方良し”どころか”四方良し”くらいの勢いです。

家財整理を行うところの多くは元々リサイクルショップを運営しているところが多いのですが、弊社はゼロからスタートした企業なので、これを始めるにあたり銀行からお金を借りて事務所を借りたり、自動ドアの故障修理や事務所内装の手直しなど色々と手間と初期投資はかかったのですがやって良かったと思います。

・・・とは言うものの”安穏”としているわけにはいかなく、年々広告費や人件費など売上の増加と共に経費が掛かるようになってきています。

個人事業主時代には感じなかったのですが、福利厚生費や税金などの重みを非常に感じております。

会社を始めるのは簡単でも、利益を出し続けていくのは大変だなぁとつくづく思います。

家財整理業参入に夢見ている人たちへ

しかし、それ以上に「感謝される仕事をする」という目標のもと日々「やりがい」のある仕事に従事することが出来て幸せです。

この業界の大半の方は同じような考えで起業する方が多いのですが実際にはなかなか利益を上げることが出来ず廃業したり、日々疲弊していく人が多い業界になりました。

特に業界参入には厳しいハードルが無いので「簡単に起業出来る」と言ううたい文句に騙されて泣く泣く辞めていく人たちを見てきました。

一番の問題は『集客能力≒ご依頼を”継続的”に頂く』ことが難しい業界だということを忘れています。

仕事の依頼さえあれば、みんな生きていけますが、実はこれが一番難しいことなのです。

数件の依頼ならビギナーズラックで来るかもしれませんが、自分や家族の生活費を賄える分になるには半年くらいかかるでしょうし、まして社員を雇うとその2倍は必要と思って下さい。

これから新たに起業する場合は、すでに数年の実績や設備を持っている企業との闘いになるのでサービス面・経験値・知名度で劣りますので価格でしか勝負するところがありません。

価格で勝負すると利益が残らず身体も精神も疲弊し『やりがい』がおざなりになりがちですが、それを突破していく『志』や『情熱』が必要でしょうね。

少しずつでも正しい方向に前進していけば道は見えると思います。

そういった方たちには是非頑張ってほしいと思います。

北海道各地のお見積りに関して

最近では旭川市、芦別市、函館市、小樽市などからのご依頼もあり、先日は洞爺湖町でのお見積り依頼&作業依頼を頂きました。

尚、必ずしも現場立ち合いがなくても鍵を郵送して頂いたり、管理会社さんや大家さんに立ち会ってもらったり、写真メールでのお見積り(概算)も行っております。

また3月は人が移動する時期です。

新学期を迎える学生さんや就職や転勤などの単身者の引っ越し、福祉施設への引っ越しの運搬と不用品処分も同時に可能です。

場合によっては買取品が多い場合は無料もしくはこちらがお支払いしての作業も可能なのでかなりお得になります♪

北海道全域対応しておりますので「お困りごと」がございましたらお気兼ねなくご相談下さい。

社名に掲げる信頼される企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。