江別市の道営団地の不用品処分代行のご依頼を頂きました。

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

本日は江別市大麻地区の道営団地で引越に伴う不用品処分代行のご依頼を頂き訪問させて頂きました。

道営団地自体を丸ごと解体するそうで、実際に目の前の一棟は解体され更地になっていました。

大型の家具(婚礼ダンス、縦長の食器棚、横長の食器棚、サイドボード、横長テレビ台、整理ダンス、電子レンジ置きなど)と400L冷蔵庫、100Lの冷凍庫を3階階段作業で下しました。

階段が狭く、婚礼ダンスは引っ越し時に窓から吊り上げたそうなので、搬出前に部屋で解体してから運び出しました。

大型家具を出すのは大変でしたが、2時間ほどかけて出しました。

昼過ぎにはいつもお世話になっております江別市の一般廃棄物収集運搬事業許可(以下、一廃許可)を持つ江別清掃㈱さんに回収に来てもらいパッカー車とユニック車2台で来てもらいました。

弊社では各地方自治体の一廃許可を持つ業者さんと連携して廃棄しており不法投棄などは行いませんのでご安心下さい。

江別市大麻地区の現状

高齢者が多く住んでいる地域で今後家財整理の依頼が増えることが予想されています。

今回の道営団地もそうですが、エレベーターがなく階段作業となると大型家具の搬出はかなり体力的にも厳しくなります。

仮にエレベーターがあったとしても大型家具や大型家電は重量物ですので運び出しは大変です。

周辺にはUR、市営団地、その他アパートも林立している地域ですので遺品整理生前整理は必須となってくると思います。

是非、江別地区で家財整理をお考えの方は、お気軽にご相談下さい。

WEB物販事業所も順調に稼働中

江別市大麻東町15-42の2番通り沿いに『WEB物販事業所』という事務所も構えています。

(※現場作業が入っていない場合はスタッフが誰かしら居ますが、シャッターが下りているときは現場作業に行っています。将来的には常駐スタッフを駐在させる予定となっています)

バス停が目の前にあるので「何のお店だろう?」とガラス面に表示されている業務内容をマジマジと見ていかれる方もいらっしゃいます。

もう少し認知度を上げていかないといけませんw

今現在、こちらの事務所ではヤフーオークションを中心に買取させて頂いた物の出品を行っておりますが、直接事務所に落札物を引き取りに来られた方や家電の配送希望の方などへの対応も行っており特殊清掃・家財整理とはまた違った忙しさを感じております。

「買取希望」も順調にお問合せが増えていますし、顧客法人客様からも好評を得ております。

弊社では『遺品査定士』の資格を持ち、この道10年のベテランがお伺いして査定をさせて頂いております。

 

遺品査定士

便利屋業務も復活したい

弊社・リライブル㈱の前身は『便利屋-SAPPORO』という屋号で2013年10月から個人事業主で営んでおりました。
(HPは過去の実績を掲載するために残してありますが放置状態です)

超高齢化社会において便利屋業務は需要があり、困っている方の手助けが出来ればと思い運営しておりましたが、遺品整理、特殊清掃とより専門性の高い業種への変化に伴い、人手も足りず便利屋業はお断りさせて頂いておりましたが、このたび私の後輩でもある『便利屋江別 なんでもや』を運営している小川代表と業務提携を結び、今後は連携していく運びとなりました。

空き家管理も行いたい!

便利屋業の経験を活かせる『空き家管理』にも今後進出する可能性もあります。(一時計画していてHPも途中まで作ったのですが忙しさのあまりとん挫していました・・・)

例えば両親のご自宅(実家)が北海道にあり、子どもは本州に住んでいてなかなか頻繁にはいけない・・・。

空き家は放置していると家が傷みますし、近所迷惑にならないように『草刈』、『除雪』、『害虫駆除』、『点検見回り』、『室内の空気の入れ替え』『リフォーム』などを行わないといけないのですがそういったことを近所の人や親戚に毎回頼むのも気が引けるという方にとっても需要がございます。

そうなると鍵を預ける形になるので信頼の出来る業者を探しているという場合にはうってつけだと自負しております。

家財整理のワンストップサービスを目指すにあたりそういったサービスも今後行っていきたいと考えております。

北海道の場合は他県と違い海を隔てておりますので気軽に来れるわけではありません。

飛行機やフェリー、新幹線と高い交通費と時間をかけて来るのも大変ですし、現実的はありません。

ですから、こういった空き家管理は自分が便利屋を営んでいた頃もお問合せもありましたし、数件依頼を受けたことがあります。

空き家管理は信頼できる便利屋が便利!

最終的には内部に残しておいた家財整理も可能ですし、売却前のハウスクリーニングや解体してしまう場合のご依頼も承ります。

『急成長』『急拡大』などという言葉は一見かっこよく聞こえますが、足元の崩壊の危険性もはらむことが過去の歴史からも証明されております。

特別な才能や人脈があるわけではない私は地道に確実に少しずつ成長する方が性に合っています。

ゆっくりですが、皆さんのお役に立てる企業に成長していきたいと考えております。

3月上旬も終わります

今月は孤独死現場をはじめ、ゴミ部屋となってしまった部屋のお片づけ&清掃、火災現場、灯油漏洩現場など多くのご相談を頂いております。

少しずつ3月の予定が埋まってきていますが、まだスケジュール的には空きがありますのでお早めにご相談下さい。

3月下旬から4月上旬は人の移動が多い時期ですので弊社も忙しくなることが予想されますがなんとかやりくりしていきたいと思います。

社名に掲げる信頼される(Reliable)企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。