札幌市で不用品処分(生前整理)のご依頼も受け賜ります

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

2月も終わり、3月も始まりました!

弊社は”2月決算”なのですが、法人成り(個人事業主で3年)してから経営を続けて3期目が終了しました。

昨期は新しい拠点を作ったり、福利厚生を充実させたりと何かと出費が多い年だった気がします。

この職種は、キチンとやろうと思えば思うほど経費や手間がかかり大変になってきますのでスモールビジネスでやっていくほうが個人的には“儲かる“かもしれません。

利益はかなり薄くなったと思いますが、数年先を見通しての土台作りの一環なので致し方ないです。

本当に社会に必要とされる企業に成長するのは難しいことですね。

生前整理もやってます!

2月26日は札幌市中央区のアパートで生前整理のご依頼があり訪問してきました。

ある程度、ご家族の方が片づけを行ったので「あとは全て処分してください」とのことです。

いつも通り仕分け、梱包をしましたが、確かに貴重品と言える物は出てこなかったです。

ある意味、ここまで徹底しているのも凄いなと感心してしまいました。

お部屋の状況としてはこんな感じです。

作業前後の写真

【リビング】

【キッチン】

【和室1】

【和室2】


一部ですがこんな感じです。

家財品の搬出後は掃除機かけを行っておりますが、無料です。

埃だらけでご依頼者様に引き渡しをすることは致しません。

やはり、それだと気分が悪いですからね!

これくらいの量であれば3時間程度で作業は終了します。

階段2階からの搬出でしたが、廃棄代と作業代を含めて約10万円です。

札幌市南区のサ高住の生前整理

2月28日は札幌市南区のいつも懇意にして頂いているサ高住様に訪問し、こちらも上記同様、ご家族がある程度めぼしい物は探索し「残りの物は全て処分して下さい」という内容です。

言葉の便宜上、「生前整理」と言っていますが、要は「不用品処分代行」です。

画像はイメージです

そうはいっても、「見落としてしまった貴重品がないか?」ということを気にしながら仕分けをします。

以前も同じような現場で数十万円が発見されてご家族に返却したことが数度あります。

今回は小銭で1500円くらい入った財布が見つかりましたのでフロントに渡して返却をお願いしました。

「たかだか数千円?」と思うかもしれませんが、そういった小さい信頼の積み重ねが大切だと思います。

両方とも札幌市環境事業公社さんに依頼して回収してもらっています。

三月は不用品回収の依頼が増え、トラブルも増える時期です

札幌市の場合は、家庭ごみを収集するための許可である「一般廃棄物収集運搬事業許可」(以下、一廃許可)を民間企業では例外なく許されていませんが、私的にはこれはこれで致し方ないのかとは思っています。

確かに一廃許可があれば自社のトラックで回収も可能になり便利になりますが、現在の家財整理業者が乱立し、ろくでもない業者も多いのでこういった民間参入規制をすることも必要かと思っています。

「ご依頼者様との日程の都合が調整しにくい」

「当日回収が難しい」

「希望回収時間の融通が利かない」

・・・など多少、不便なことはありますがそれでも弊社はきちんと営業出来ております。

そのルールに沿った業務体系を考えるのが第一であり、このルールが不便だからとグレーゾーン、違法行為をする業者は結局は永く商売を続けていくことは出来ないと思うからです。

ですから、札幌市内で不用品回収を依頼した場合に下記写真に掲載されている「札清一廃許可第1号」という許可証を提示している車両以外で不用品の積込をすると違法行為となります。

「トラックパック」や「軽トラパック」などは違法行為の最たるものですし、「産廃許可があるから大丈夫!」と言っている業者は一般の人が知らないと思って嘘を言っている不誠実な業者だと思います。

産業廃棄物収集運搬事業は家庭から排出される不用品を積んではいけません。

あくまでも”産業活動で生じるゴミ”であり、そもそも回収できる品目が決まっておりますので家庭ごみを産廃場に持ち込んでも処分してくれませんので、どのように処理しているのかはここでは記載しませんが、やり方は限られています・・・。

因みに弊社でも「産廃許可」は持っていますが一廃許可の業者と連携して廃棄するのが基本です。

「古物商許可があり、買取をするから大丈夫!」

こういう業者で、実際に業者さんからの支払い額が多い場合はいいですが、作業代や運搬代行など何らかの費用を取られた場合で買取代金よりも多く依頼者が支払った場合は「買取目的の不用品処分」ですので違法です。


私が知る限り、札幌市内でこの一廃許可のルールを守り、ブログを定期的に掲載し情報提供に努めているのは「札幌便利屋New Gate」の町平代表くらいしか知りません。

WEB物販事業所が機能してきました

最後に弊社の近況を・・・

2月から新たに江別市大麻に事務所を構え、そこはWEB専用で販売する拠点兼倉庫として開設しました。

現場作業をしながら、合間を見て事務所の開設準備をしながらなので時間が少しかかってしまいましたがある程度必要な物も揃い、インターネット回線も繋がりましたので事務所機能としては十分になりました。

小さいテナントですが、自動ドアの修理、水道の修理、看板・カッティングシートの作成、事務所内の補修、備品の購入などで100万円まではいきませんがそれなりにかかりました。(あとはシャッターの塗り替えをする予定です)

江別市大麻東町15-42

自分たちで買取させて頂いた商材をネット販売するので再販可能品かどうかなどの商品知識の向上にもなりますし、閑散期に現場がなく「仕事がなく暇だ~」ということが無いようにしましたw

でも、一番は「誰かに使ってもらいたい」という願いや想いを大切にしたいと考えております。


今まで以上に「買取」に力を入れリサイクル・リユース率を上げていく所存です。

リライブルの遺品整理」という弊社が運営する別サイトでは高額査定のコツなどもブログで掲載していますので是非ご覧ください。

電話でのお問合せで「買取希望」ということも少しずつですが増えてきました。

3月はまだまだスケジュールに余裕がありますのでお気兼ねなくご相談下さい。

宜しくお願い致します。


社名に掲げる信頼される(Reliable)企業を目指す!

リライブル株式会社
0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。