水害にあってしまった後の清掃・消臭・除菌について

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

連日、日本列島暑いですね~!

異常です!異常すぎます。

北海道も125年ぶりの7月30℃越えが4日連日・・。

福岡県朝倉市の記録的大雨、名古屋市の冠水など各地で豪雨、ゲリラ豪雨など雨による被害が拡大していますし、これから台風シーズンになるとどうなってしまうのか今から心配です。

特に土砂災害に遭われた方達、今回残念ながらお亡くなりになった方達に哀悼の意を表明致します。

水害復旧について

テレビで見た方も多いと思いますが、水が引いた後は土砂と泥と木材、そして大量の不用品が山積みとなります。

ここら辺の災害復旧は自衛隊やボランティアさんらの手を借りながら行うしかありませんが、それを撤去後は「においがする」、「臭い」といった問題が出ています。

インタビューを受けられていた被害に遭われた方達もそのように言っていました。

下水や汚水など色々な雑菌が混ざって流れ込みますから衛生的にも問題があります。

未だに古い慣習がまかり通る

いまだに「消石灰」を配布しているようですが、消石灰は湿った土なら良いがコンクリートなどには消毒効果が得られないというデーターもありますし、水に触れると発熱するので危険というお話も聞いています。

クレゾール液も除菌効果があるだろと床下に撒いてもニオイするので取れるまでが大変だったり、水分が残ったままだとカビの発生原因になりますので乾燥させる必要があります。

消毒は細菌なのかウィルスなのかカビなのかによって使うものが変わります。

この分野はまだそれほど情報伝達されていない分野なので昔ながらの言い伝え的な方法がいまだに採用されています。

各大学の研究機関などで災害の研究がされているようですが、これ!という効果的な物も広く周知されていないのが現状ですね。

家屋はスケルトンにしないといけない

床下や壁の中に断熱材が入っている場合でこれに浸透している場合は完全に除去しなくてはなりませんし、石膏ボードも撤去しないといけません。

また床下のコンクリートに浸透してしまった場合は完全に乾燥させるのに2か月が必要と言われていますが、急いで施工する場合が多いのでリフォームを早期に行った結果、カビ発生や腐朽が進んでしまったという話を聞きます。

こればかりは「早く家に帰りたい」という罹災者の願いと施工業者も大量に工事を請け負うので致し方ないことも理解できます。

ただ、ご家庭にアレルギー疾患の方や喘息など呼吸器系の持病を持っている方が居た場合は住んでも地獄ということも・・・。

では実際にはどうしたら良いのでしょうか?

水害復旧の理想的な流れ

第一に土砂が取り除かれていた後の作業になります。

①被害状況の撮影

保険の申請に必要となりますのであらゆるところを撮影してください。
また撮影する場所もいろいろとポジションを変えあらゆる角度から撮影することをお勧め致します。

②内装撤去

床、畳、壁、その内側も汚泥水が染み込んだところを撤去。
フローリングも撤去。

③高圧洗浄機で水洗い

高圧洗浄機で対応できないところは手作業で拭き作業を行う。

④床下の細かい場所まで水分を回収・排出

排水ポンプや乾湿両用バキューム、リンサーなどが有効です。

⑤除菌剤の噴霧

建物全体に

⑥オゾン脱臭

隙間を埋め、オゾン発生器による燻蒸作業。

⑦乾燥

除菌作業終了後、大風量で乾燥させる。

①~⑦の工程が終了後、リフォーム作業開始

※オゾン脱臭機の販売元の㈱カイコーポレーション様の資料です。

オゾンはあらゆる菌やウィルスの殺菌効果があります

土砂がなくなった後は我々のような消臭作業を行っている特殊清掃が必要なことはあまり世間に認知されていません。

消臭と除菌を行えるリフォーム業者さんが居ればいいのですが、「交換すれば大丈夫」という考えで下手に下処理をせずに行うとあとで「臭い」とか「カビの大量発生」ということもございます。

オゾンはフッ素に次ぐ酸化力の高い物質で殺菌・除菌効果が高いことでも知られております。

また自然の物質なので時間の経過と共に残留物質が残らないという利点があります。

弊社で使用しているオゾン発生器はあまりに高性能で強力なため多少のオゾン臭がしますが、使い方を間違えなければ大変効果を発揮する機械です。

弊社の水害対策への取り組み

現在はまだ水害復旧のご依頼がないため、それほど進行しておりませんでしたが、今後は設備投資に力を入れるように改めて考えております。

高性能業務用高圧洗浄機、発電機、排水ポンプなども必要です。

水を使用出来ない、電気を使用できないなど大変な環境ではありますが、今後そういった現場にも対応できるように日々努力を行ってまいります。

まだ自信をもって「災害復旧消臭が出来ます!」とは言えませんが、北海道でお困りの際は弊社が力になれるようにと思っています。

社名に掲げる信頼される(Reliable)企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。