消臭作業の依頼のはずが不用品処分のご依頼に~

こんにちは、リライブル株式会社の鈴木です。

今日は札幌市豊平区でお仕事でした!

ご依頼主さんはK様としましょう。

K様から一番最初にご連絡をいただいた時は「部屋が介護臭臭い(尿臭)ので消臭してほしい」というご相談でした。

高齢なお父様(K様)がアパートで一人住まいをしていて、娘さんがインターネットで調べて”信頼できそうな”当社を選んで連絡先を教えてくれたそうです。

自分で検索は出来ないけど子供に調べてもらう高齢者の方達も増えました。

後日、K様のお宅に訪問してみると、お金をかけて消臭するほどの匂いはなく、臭気測定器で測っても別段異常なしでした。

この臭気測定器は匂いの強弱を測って数値化する機械なので微量な臭気は計測しにくいですが・・・
%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%82%b7%e3%82%b0%e3%83%9e%e3%80%80%e8%87%ad%e6%b0%97%e6%b8%ac%e5%ae%9a%e5%99%a8
当社はお金をかけなくても良いところにお金をかけるようなご提案は致しません。

消臭のご提案としては換気をよくすること、もしそれでもだめなら微香の置き型芳香剤を置く(マスキング法)という話をしました。(匂いは数日で気にならなくなったそうです)

K様とお話を伺っているうちに妻は老健施設に入ったままで戻ってこないので「少し生前整理をしたい」ということになり、押し入れ×2部屋分の不用品処分を依頼されました。

●布団×4組・・・来客用に取っていたが誰も泊まりに来ないし、アパートが狭くて泊まれないから不要

●靴・・・もう履かない古い靴が箱に入って20足ほど

●喪服セット・・・草履や黒留袖はもう着ることがない

●段ボール・空箱・・・いつか何かで使うと思って取っていた

●クーラーボックス・・・キャンプも釣りもしないから不要

●なんだからよくわからない物多数・・・何年も押し入れに入ってホコリをかぶっている状態

こういった物を処分しました。
※今日は時間が押していたので写真撮り忘れました~(汗)※

いつか使うだろう、取っておこうといった物が溜まると実際には使わずにただの不用品となります。
それどころか、本来何か別の物が置けるスペースを占有しているのでとても無駄です。

今日、ご依頼頂いたお父様は「要らないものは捨てたい、有っても邪魔!」という考えの方だったので潔く捨てられました。
また、捨てるには勿体ないけど、国内では需要がないような物に関してはK様の承諾を頂き海外輸出品として頂きました。

「どこかで使われるなら喜んで!」と気前よく頂きました。

その他の処分品は事前に予約していた札幌市環境事業公社のパッカー車で廃棄処分致しました。

生前整理という名の不用品処分です!

みなさんも不用品を処分したいという場合、ご相談下さい。

ただ、当社の場合は一品、二品だけでは割高になってしまうのでお奨め出来ません。
自社で言うのも変ですが、お金をかけなくていい事をお奨めすることはありません!

自分で粗大ごみシールを貼って捨てたり、市販のごみ袋で捨てたりするレベルでは人件費代も払えません。

ですから、お部屋丸ごとや一軒家丸ごと処分という自分ではちょっと大変だなという場合がお奨めです(笑)

不用品処分だけではなく、買取や海外輸出も積極的に行っていきますのでまずはご相談することから始めましょう!!

0120-669-920(電話代、見積もり無料)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。